企業従業員送迎サービスの世界市場(2020年~2029年)

■ 英語タイトル:Corporate Employee Transportation Service - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2020 - 2029

調査会社Mordor Intelligence社が発行したリサーチレポート(データ管理コード:MOR24MCH097)■ 発行会社/調査会社:Mordor Intelligence
■ 商品コード:MOR24MCH097
■ 発行日:2024年2月
■ 調査対象地域:グローバル
■ 産業分野:サービス
■ ページ数:90
■ レポート言語:英語
■ レポート形式:PDF
■ 納品方式:Eメール(受注後2-3営業日)
■ 販売価格オプション(消費税別)
Single User(1名様閲覧)USD4,750 ⇒換算¥703,000見積依頼/購入/質問フォーム
Site Licence(同一拠点内で共有可)USD6,500 ⇒換算¥962,000見積依頼/購入/質問フォーム
Corporate License(複数拠点内で共有可)USD8,750 ⇒換算¥1,295,000見積依頼/購入/質問フォーム
販売価格オプションの説明はこちらで、ご購入に関する詳細案内はご利用ガイドでご確認いただけます。
※お支払金額は「換算金額(日本円)+消費税+配送料(Eメール納品は無料)」です。
※Eメールによる納品の場合、通常ご注文当日~2日以内に納品致します。
※レポート納品後、納品日+5日以内に請求書を発行・送付致します。(請求書発行日より2ヶ月以内の銀行振込条件、カード払いも可能)
Mordor Intelligence社の概要及び新刊レポートはこちらでご確認いただけます。

★グローバルリサーチ資料[企業従業員送迎サービスの世界市場(2020年~2029年)]についてメールでお問い合わせはこちら
*** レポート概要(サマリー)***

企業従業員送迎サービス市場規模は、2024年に381億4000万米ドルと推定され、予測期間(2024-2029年)の年平均成長率は5.34%となり、2029年には381億4000万米ドルに達する見込みです。
COVID-19の大流行により、多くの企業が在宅勤務を余儀なくされ、従業員の移動が減少したことが市場の妨げとなりました。しかし、経済が封鎖から回復したため、オフィスへの復帰は今後数年間、輸送サービス事業者に多くの機会を提供すると予想されます。さらに、各州の政府も従業員の通勤システムを改善する取り組みを行っています。
2022年4月、ボルチモア市長が市の革新的な交通プログラム “Let’s Ride to Work “の開始を発表しました。市長雇用開発局(MOED)とLyft, Inc.がこの議題で協力。このプログラムの主な目的は、ボルチモア市に新しく雇用された住民を支援するため、最初の4週間は無料送迎サービスを提供することです。このイニシアチブは、アメリカン・レスキュー・プラン法の資金援助を受けており、ボルチモア市のCOVID-19雇用回復戦略の一環です。
長期的には、交通安全対策向上の重要性が認識されるようになったため、従業員送迎サービスの人気が高まっています。また、交通機関が提供する低価格により、従業員は移動時の時間と労力を節約するために交通機関を選択するようになっています。そのため、各社は従業員送迎サービスの新製品を開発・発売しています。例えば2022年11月、企業、消費者、事業者向けの完全統合型貸切バスマーケットプレイスであるCharterUPは、日々の従業員送迎を予約・管理するための新プラットフォーム「Corporate Shuttles」の全国展開開始を発表しました。現在、Hilton、Hyatt、Sysco、H-E-B、Texas Instrumentsなどの企業が、日々の企業シャトルのニーズに対応するためにCharterUPを利用しています。
ライドヘイリングやライドシェア車両における交通機関の不安、暴行、無礼な振る舞い、高額な料金などの事件の増加により、雇用主は従業員の安全を考慮するようになりました。この要因も市場成長を後押ししています。
アジア太平洋地域が市場を支配すると予想されるのは、企業のオフィスプレゼンスが高まっているためです。北米や欧州の多国籍企業の多くが、商品需要の高まりと人件費の安さから、インド、中国、フィリピンなどの国にオフィス、工場、倉庫、工場を設立しているためです。例えば2022年4月、人材紹介サービスおよびレンタル・サービス事業を展開するSiam Rajathanee Public Co, Ltd (SO)は、東南アジアの大手輸送技術プロバイダーであるSWAT Mobility Pte Ltd (SWAT Mobility)と提携。両社は、官民双方の企業の需要に応えるため、従業員の通勤体験を向上させる「SWAT Mobility」アプリケーションを共同で立ち上げました。

企業従業員送迎サービス市場の動向

インターネット利用の増加と技術の進歩が市場の需要を牽引
世界的なインターネット利用者の増加に伴い、交通サービスや車両レンタルなどの市場は近年、主に事業運営に利益をもたらしています。予約のしやすさ、料金の事前見積もり、快適な旅、定時到着、迅速な支払いオプションなどは、シェアードモビリティや従業員送迎サービスなどの市場を世界的に牽引している要因のほんの一部に過ぎません。
運輸産業は、インターネットを利用したビジネス分野の中でも、デジタル経済の大半を占める圧倒的なトップ企業です。オンライン・プラットフォームの成長と市場事業者間の競争激化に伴い、迅速な対応と問題解決が、現在の競争環境において企業が事業を維持するための最も重要な要素となっています。
本来の業務の性質上、インターネットへの依存度や依存度が高くなっています。複数の都市に拠点を持つ企業にとっては、必要以上に多くのインターネット・ユーザーが求められます。その結果、企業は拠点内および/または拠点間で価格設定の差を受け入れることが多く、ベンダーとの交渉力を高めるための支援を必要としています。
このようなサービスを利用するその他の理由としては、ライブトラッキング、キャッシュレス決済、キャンセル、リアルタイムの車両監視など、輸送における技術的進歩が挙げられます。さらに、前世紀末の世界的なITの台頭やその他のテクノロジー分野では、柔軟な働き方と業務の必要性が求められています。このオペレーションは、多くの関連ビジネスや雇用にチャンスをもたらしました。従業員の送迎もその一つで、従業員の安全に関する法的規制により、必須要件となっています。
インターネット利用の増加と技術の進歩により、予測期間中、事業者は事業運営のために優れた車両群を維持するよう促され、市場は一貫して成長すると予想されます。

アジア太平洋地域が市場を支配する見込み
アジア太平洋地域は、企業の増加や、多様な従業員を惹きつけるための企業による大量輸送ソリューションへの需要の高まりにより、予測期間中に大きく成長する見込みです。さらに、インド、日本、中国などの国々では人件費が安いため、大企業がこれらの国々に事務所を開設しており、予測期間中にこの地域での企業向け輸送サービスの需要が高まることが期待されています。例えば2021年、日本の総労働力人口は6,860万人と推定され、労働力人口は前年の約6,870万人から減少しました。
さらに、同市場では複数の主要企業がパートナーシップや提携など様々な成長戦略を実施し、同地域での市場シェアを拡大しています。例えば2022年6月、企業向けの輸送ソリューションを提供するShare Mobility社は、企業が従業員に輸送手段を提供するのを支援するため、1,200万米ドルを調達しました。
同市場は、国全体の従業員数の増加により、予測期間中に大きく成長する見込みです。

企業従業員送迎サービス産業の概要

企業従業員送迎サービス市場は細分化されており、車両や従業員の通勤管理に技術支援を活用しているプレーヤーは少数です。最新の支援技術を利用する以外にも、多くの大手企業は提供するサービスの範囲を広げています。例えば2021年10月、オフィス通勤のためのバスアグリゲータであるShuttlは、オンラインバスチケットのスタートアップであるChaloに全額現金で買収されました。買収額は非公開です。シャトルはすでにバンコクに進出しており、Chalodidが進出していないインドの大都市にも進出しているため、この買収によってChaloは国際的な事業拡大計画を加速させることができました。

その他のメリット
エクセル形式の市場予測シート
3ヶ月間のアナリストサポート

*** レポート目次(コンテンツ)***

1 はじめに
1.1 調査の前提
1.2 調査範囲

2 調査方法

3 エグゼクティブサマリー

4 市場動向
4.1 市場促進要因
4.2 市場の抑制要因
4.3 産業の魅力 – ポーターのファイブフォース分析
4.3.1 サプライヤーの交渉力
4.3.2 バイヤー/消費者の交渉力
4.3.3 新規参入者の脅威
4.3.4 代替製品の脅威
4.3.5 ライバルとの激しい競争

5 市場セグメント(市場規模:億米ドル)
5.1 所有権
5.1.1 会社所有の輸送サービス
5.1.2 アウトソーシング型輸送サービス
5.1.3 レンタル
5.1.4 ピック&ドロップ輸送サービス
5.2 乗用車タイプ
5.2.1 自動車
5.2.2 バン
5.2.3 バス
5.3 サービスタイプ
5.3.1 サービスとしてのモビリティ(MaaS)
5.3.2 サービスとしてのソフトウェア(SaaS)
5.4 地域
5.4.1 北米
5.4.1.1 米国
5.4.1.2 カナダ
5.4.1.3 その他の北米地域
5.4.2 欧州
5.4.2.1 ドイツ
5.4.2.2 イギリス
5.4.2.3 フランス
5.4.2.4 その他のヨーロッパ
5.4.3 アジア太平洋
5.4.3.1 インド
5.4.3.2 中国
5.4.3.3 日本
5.4.3.4 その他のアジア太平洋地域
5.4.4 南米
5.4.4.1 ブラジル
5.4.4.2 アルゼンチン
5.4.4.3 その他の南米地域
5.4.5 中東・アフリカ
5.4.5.1 アラブ首長国連邦
5.4.5.2 サウジアラビア
5.4.5.3 その他の中東・アフリカ地域

6 競争環境
6.1 企業市場シェア
6.2 企業プロフィール
6.2.1 Busbank (Global Charter Services Ltd.)
6.2.2 Transdev
6.2.3 Prairie Bus Line Limited
6.2.4 Move-In-Sync
6.2.5 First Class Tours
6.2.6 Janani Tours
6.2.7 Shuttl
6.2.8 Eco rent a car
6.2.9 Sun Telematics

7 市場機会と今後の動向



*** 企業従業員送迎サービスの世界市場に関するよくある質問(FAQ) ***

・企業従業員送迎サービスの世界市場規模は?
→Mordor Intelligence社は2024年の企業従業員送迎サービスの世界市場規模を381億4,000万米ドルと推定しています。

・企業従業員送迎サービスの世界市場予測は?
→Mordor Intelligence社は2029年の企業従業員送迎サービスの世界市場規模を381億4,000万米ドルと予測しています。

・企業従業員送迎サービス市場の成長率は?
→Mordor Intelligence社は企業従業員送迎サービスの世界市場がに年平均5.3%成長すると展望しています。

・世界の企業従業員送迎サービス市場における主要プレイヤーは?
→「Busbank (Global Charter Services Ltd.)、Transdev、Prairie Bus Line Limited、Move-In-Sync、First Class Tours、Janani Tours、Shuttl、Eco rent a car、Sun Telematics ...」を企業従業員送迎サービス市場のグローバル主要プレイヤーとして判断しています。

※上記FAQの市場規模、市場予測、成長率、主要企業に関する情報は本レポートの概要を作成した時点での情報であり、最終レポートの情報と少し異なる場合があります。

*** 免責事項 ***
https://www.globalresearch.co.jp/disclaimer/



※注目の調査資料
※当サイト上のレポートデータは弊社H&Iグローバルリサーチ運営のMarketReport.jpサイトと連動しています。
※当市場調査資料(MOR24MCH097 )"企業従業員送迎サービスの世界市場(2020年~2029年)" (英文:Corporate Employee Transportation Service - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2020 - 2029)はMordor Intelligence社が調査・発行しており、H&Iグローバルリサーチが販売します。


◆H&Iグローバルリサーチのお客様(例)◆


※当サイトに掲載していない調査資料も弊社を通してご購入可能ですので、お気軽にご連絡ください。ウェブサイトでは紹介しきれない資料も数多くございます。
※無料翻訳ツールをご利用いただけます。翻訳可能なPDF納品ファイルが対象です。ご利用を希望されるお客様はご注文の時にその旨をお申し出ください。