血漿誘導体の世界市場2023年~2030年:種類別、用途別、エンドユーザー別、地域別

■ 英語タイトル:Global Blood Plasma Derivatives Market Size study & Forecast, by Type (Albumin, Factor VIII, Factor IX, Immunoglobulin, Hyperimmune Globulin, Others), by Application (Hemophilia, Hypogammaglobulinemia, Immunodeficiency Diseases, Von Willebrand'S Disease, Other Application), by End User (Hospitals, Clinics, Others) and Regional Analysis, 2023-2030

調査会社Bizwit Research & Consulting社が発行したリサーチレポート(データ管理コード:BZW23JUY021)■ 発行会社/調査会社:Bizwit Research & Consulting
■ 商品コード:BZW23JUY021
■ 発行日:2023年7月
■ 調査対象地域:アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、スペイン、イタリア、中国、インド、日本、オーストラリア、韓国、ブラジル、メキシコ、中東
■ 産業分野:医療&ライフサイエンス
■ ページ数:約200
■ レポート言語:英語
■ レポート形式:PDF
■ 納品方式:Eメール(受注後3営業日)
■ 販売価格オプション(消費税別)
Single User(1名様閲覧用、印刷不可)USD4,950 ⇒換算¥732,600見積依頼/購入/質問フォーム
Enterprisewide(同一法人内共有可)USD6,250 ⇒換算¥925,000見積依頼/購入/質問フォーム
販売価格オプションの説明はこちらで、ご購入に関する詳細案内はご利用ガイドでご確認いただけます。
※お支払金額は「換算金額(日本円)+消費税+配送料(Eメール納品は無料)」です。
※Eメールによる納品の場合、通常ご注文当日~2日以内に納品致します。
※レポート納品後、納品日+5日以内に請求書を発行・送付致します。(請求書発行日より2ヶ月以内の銀行振込条件、カード払いも可能)
Bizwit Research & Consulting社の概要及び新刊レポートはこちらでご確認いただけます。

★グローバルリサーチ資料[血漿誘導体の世界市場2023年~2030年:種類別、用途別、エンドユーザー別、地域別]についてメールでお問い合わせはこちら
*** レポート概要(サマリー)***

世界の血漿誘導体市場は、2022年に約4億3650万米ドルと評価され、予測期間2023年から2030年にかけて9.4%以上の健全な成長率で成長すると予測されています。血漿誘導体市場とは、ヒト血漿に由来する治療製品の収集、加工、商品化を行う製薬産業の一分野を指します。これらの誘導体は、分画、精製、滅菌を含む複雑な製造工程を経て、血漿に含まれる特定のタンパク質、抗体、その他の生理活性物質を分離・抽出して得られます。これらの製品は、免疫疾患、凝固障害、特定の遺伝性疾患の治療など、さまざまな治療目的に使用されます。血漿誘導体市場は、感染症を発症しやすい高齢者人口の増加や慢性疾患の有病率の増加といった要因によって牽引されています。

血漿誘導体は様々な病状の治療において重要な役割を果たしており、免疫不全、凝固障害、その他の疾患の患者に治療オプションを提供しています。国際糖尿病連合(IDF)によると、糖尿病は2021年に世界で5億3,700万人の成人を苦しめる可能性があり、10人に1人がその他の糖尿病を経験しています。さらに、老年人口や肥満人口は慢性疾患になりやすいと言われています。世界銀行グループによると、世界の高齢者人口は2020年には7億2,700万人で、今後30年間で3倍に増加し、2050年には15億人に達すると予測されています。このように、慢性疾患の有病率の増加と高齢化人口の増加が市場の成長を促進しています。加えて、希少疾患に対する認識と診断の高まり、血漿分画の技術的進歩があります。しかし、厳しい規制が2023-2030年の予測期間を通じて市場の成長を阻害する可能性があります。

血漿誘導体の世界市場調査において考慮した主要地域は、アジア太平洋、北米、欧州、中南米、中東・アフリカであります。北米は、病院、診療所、診断センターなどの医療インフラが発達しているため、2022年の市場を支配しました。これらの施設は、血漿の採取、処理、誘導体の製造に高度な能力を有しており、血漿ベースの製品の堅調な市場につながっています。また北米は、血漿由来製品に対する高い需要と償還制度により、予測期間中に最も急成長する地域と考えられています。

本レポートに含まれる主な市場プレイヤーは以下の通りです:
Baxter International Inc.
Bayer AG
CSL Limited
Fusion Health Care Pvt. Ltd.
Grifols S.A.
Kedrion S.p.A.
LFB S.A.
Octapharma AG
Sanofi S.A.
Takeda Pharmaceutical Company Limited

市場における最近の動き
– 2020年3月、グリフォルス社は米国バイオメディカル先端研究開発局(BARDA)、食品医薬品局(FDA)およびその他の連邦公衆衛生機関と協力、回復期のCOVID-19患者から血漿を採取し、この特異的血漿を高免疫グロブリンに加工し、抗SARS-CoV-2高免疫グロブリン療法がCOVID-19疾患の治療に成功するかどうかを判定するために必要な前臨床試験および臨床試験を支援しました。 グリフォルスは、FDA認可の血漿ドナーセンターのネットワークを利用した血漿採取の分野で専門知識とリソースを提供し、他の保健機関と連携してドナーの検査と資格認定を行い、ノースカロライナ州クレイトンにある専用施設で血漿を高免疫グロブリンに加工し、新興感染症を治療する免疫グロブリンの分離加工を行いました。

世界の血漿誘導体市場レポートスコープ:
 過去データ – 2020 – 2021
 推計基準年 – 2022年
 予測期間 – 2023-2030
 レポート対象範囲 – 収入予測、企業ランキング、競合環境、成長要因、動向
 対象セグメント -, タイプ, アプリケーション, エンドユーザー, 地域
 地域範囲 – 北米; 欧州; アジア太平洋; 中南米; 中東 & アフリカ
 カスタマイズ範囲 – レポートのカスタマイズは無料(アナリストの作業時間8時間相当)。国、地域、セグメントスコープ*の追加または変更

本調査の目的は、近年における様々なセグメントおよび国の市場規模を定義し、今後数年間の市場価値を予測することです。本レポートは、調査対象国における産業の質的・量的側面を盛り込むよう設計されています。

また、市場の将来的な成長を規定する推進要因や課題などの重要な側面に関する詳細情報も提供しています。さらに、主要企業の競争環境と製品提供の詳細な分析とともに、利害関係者が投資するためのミクロ市場における潜在的な機会も組み込んでいます。市場の詳細なセグメントとサブセグメントを以下の通りです:

タイプ別
アルブミン
第VIII因子
第IX因子
免疫グロブリン
高免疫グロブリン
その他

用途別
血友病
低ガンマグロブリン血症
免疫不全症
フォンウィルブランド病
その他

エンドユーザー別
病院
クリニック
その他エンドユーザー

地域別
北米
米国
カナダ
欧州
英国
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ROE
アジア太平洋
中国
インド
日本
オーストラリア
韓国
ロサンゼルス
ラテンアメリカ
ブラジル
メキシコ
中東・アフリカ
サウジアラビア
南アフリカ
その他の中東・アフリカ

*** レポート目次(コンテンツ)***

Chapter 1. Executive Summary
1.1. Market Snapshot
1.2. Global & Segmental Market Estimates & Forecasts, 2020-2030 (USD Million)
1.2.1. Blood Plasma Derivatives Market, by Region, 2020-2030 (USD Million)
1.2.2. Blood Plasma Derivatives Market, by Type, 2020-2030 (USD Million)
1.2.3. Blood Plasma Derivatives Market, by Application, 2020-2030 (USD Million)
1.2.4. Blood Plasma Derivatives Market, by End User, 2020-2030 (USD Million)
1.3. Key Trends
1.4. Estimation Methodology
1.5. Research Assumption
Chapter 2. Global Blood Plasma Derivatives Market Definition and Scope
2.1. Objective of the Study
2.2. Market Definition & Scope
2.2.1. Industry Evolution
2.2.2. Scope of the Study
2.3. Years Considered for the Study
2.4. Currency Conversion Rates
Chapter 3. Global Blood Plasma Derivatives Market Dynamics
3.1. Blood Plasma DerivativesMarket Impact Analysis (2020-2030)
3.1.1. Market Drivers
3.1.1.1. Increasing prevalence of chronic diseases
3.1.1.2. Growing Geriatric Population
3.1.2. Market Challenges
3.1.2.1. Strict regulatory compliances
3.1.3. Market Opportunities
3.1.3.1. Increasing awareness & diagnosis of rare diseases
3.1.3.2. Technological advancements in plasma fractionation
Chapter 4. Global Blood Plasma DerivativesMarket Industry Analysis
4.1. Porter’s 5 Force Model
4.1.1. Bargaining Power of Suppliers
4.1.2. Bargaining Power of Buyers
4.1.3. Threat of New Entrants
4.1.4. Threat of Substitutes
4.1.5. Competitive Rivalry
4.2. Porter’s 5 Force Impact Analysis
4.3. PEST Analysis
4.3.1. Political
4.3.2. Economical
4.3.3. Social
4.3.4. Technological
4.3.5. Environmental
4.3.6. Legal
4.4. Top investment opportunity
4.5. Top winning strategies
4.6. COVID-19 Impact Analysis
4.7. Disruptive Trends
4.8. Industry Expert Perspective
4.9. Analyst Recommendation & Conclusion
Chapter 5. Global Blood Plasma DerivativesMarket, by Type
5.1. Market Snapshot
5.2. Global Blood Plasma DerivativesMarket by Type, Performance – Potential Analysis
5.3. Global Blood Plasma DerivativesMarket Estimates & Forecasts by Type 2020-2030 (USD Million)
5.4. Blood Plasma DerivativesMarket, Sub Segment Analysis
5.4.1. Albumin
5.4.2. Factor VIII
5.4.3. Factor IX
5.4.4. Immunoglobulin
5.4.5. Hyperimmune Globulin
5.4.6. Others
Chapter 6. Global Blood Plasma DerivativesMarket, by Application
6.1. Market Snapshot
6.2. Global Blood Plasma DerivativesMarket by Application, Performance – Potential Analysis
6.3. Global Blood Plasma DerivativesMarket Estimates & Forecasts by Application 2020-2030 (USD Million)
6.4. Blood Plasma DerivativesMarket, Sub Segment Analysis
6.4.1. Hemophilia
6.4.2. Hypogammaglobulinemia
6.4.3. Immunodeficiency Diseases
6.4.4. Von Willebrand’S Disease
6.4.5. Other Application
Chapter 7. Global Blood Plasma DerivativesMarket, by End User
7.1. Market Snapshot
7.2. Global Blood Plasma DerivativesMarket by End User, Performance – Potential Analysis
7.3. Global Blood Plasma DerivativesMarket Estimates & Forecasts by End User 2020-2030 (USD Million)
7.4. Blood Plasma DerivativesMarket, Sub Segment Analysis
7.4.1. Hospitals
7.4.2. Clinics
7.4.3. Others End User
Chapter 8. Global Blood Plasma DerivativesMarket, Regional Analysis
8.1. Top Leading Countries
8.2. Top Emerging Countries
8.3. Blood Plasma DerivativesMarket, Regional Market Snapshot
8.4. North America Blood Plasma DerivativesMarket
8.4.1. U.S. Blood Plasma DerivativesMarket
8.4.1.1. Type breakdown estimates & forecasts, 2020-2030
8.4.1.2. Application breakdown estimates & forecasts, 2020-2030
8.4.1.3. End User breakdown estimates & forecasts, 2020-2030
8.4.2. Canada Blood Plasma DerivativesMarket
8.5. Europe Blood Plasma DerivativesMarket Snapshot
8.5.1. U.K. Blood Plasma DerivativesMarket
8.5.2. Germany Blood Plasma DerivativesMarket
8.5.3. France Blood Plasma DerivativesMarket
8.5.4. Spain Blood Plasma DerivativesMarket
8.5.5. Italy Blood Plasma DerivativesMarket
8.5.6. Rest of Europe Blood Plasma DerivativesMarket
8.6. Asia-Pacific Blood Plasma DerivativesMarket Snapshot
8.6.1. China Blood Plasma DerivativesMarket
8.6.2. India Blood Plasma DerivativesMarket
8.6.3. Japan Blood Plasma DerivativesMarket
8.6.4. Australia Blood Plasma DerivativesMarket
8.6.5. South Korea Blood Plasma DerivativesMarket
8.6.6. Rest of Asia Pacific Blood Plasma DerivativesMarket
8.7. Latin America Blood Plasma DerivativesMarket Snapshot
8.7.1. Brazil Blood Plasma DerivativesMarket
8.7.2. Mexico Blood Plasma DerivativesMarket
8.8. Middle East & Africa Blood Plasma DerivativesMarket
8.8.1. Saudi Arabia Blood Plasma DerivativesMarket
8.8.2. South Africa Blood Plasma DerivativesMarket
8.8.3. Rest of Middle East & Africa Blood Plasma DerivativesMarket

Chapter 9. Competitive Intelligence
9.1. Key Company SWOT Analysis
9.1.1. Company 1
9.1.2. Company 2
9.1.3. Company 3
9.2. Top Market Strategies
9.3. Company Profiles
9.3.1. Baxter International Inc.
9.3.1.1. Key Information
9.3.1.2. Overview
9.3.1.3. Financial (Subject to Data Availability)
9.3.1.4. Product Summary
9.3.1.5. Recent Developments
9.3.2. Bayer AG
9.3.3. CSL Limited
9.3.4. Fusion Health Care Pvt. Ltd.
9.3.5. Grifols S.A.
9.3.6. Kedrion S.p.A.
9.3.7. LFB S.A.
9.3.8. Octapharma AG
9.3.9. Sanofi S.A.
9.3.10. Takeda Pharmaceutical Company Limited
Chapter 10. Research Process
10.1. Research Process
10.1.1. Data Mining
10.1.2. Analysis
10.1.3. Market Estimation
10.1.4. Validation
10.1.5. Publishing
10.2. Research Attributes
10.3. Research Assumption



*** 免責事項 ***
https://www.globalresearch.co.jp/disclaimer/



※注目の調査資料
※当サイト上のレポートデータは弊社H&Iグローバルリサーチ運営のMarketReport.jpサイトと連動しています。
※当市場調査資料(BZW23JUY021 )"血漿誘導体の世界市場2023年~2030年:種類別、用途別、エンドユーザー別、地域別" (英文:Global Blood Plasma Derivatives Market Size study & Forecast, by Type (Albumin, Factor VIII, Factor IX, Immunoglobulin, Hyperimmune Globulin, Others), by Application (Hemophilia, Hypogammaglobulinemia, Immunodeficiency Diseases, Von Willebrand'S Disease, Other Application), by End User (Hospitals, Clinics, Others) and Regional Analysis, 2023-2030
)はBizwit Research & Consulting社が調査・発行しており、H&Iグローバルリサーチが販売します。


◆H&Iグローバルリサーチのお客様(例)◆


※当サイトに掲載していない調査資料も弊社を通してご購入可能ですので、お気軽にご連絡ください。ウェブサイトでは紹介しきれない資料も数多くございます。
※無料翻訳ツールをご利用いただけます。翻訳可能なPDF納品ファイルが対象です。ご利用を希望されるお客様はご注文の時にその旨をお申し出ください。