スポーツ放送技術の世界市場2023年~2030年:コンポーネント別、技術別、プラットフォーム別、エンドユーザー別、地域別

■ 英語タイトル:Global Sports Broadcasting Technology Market Size study & Forecast, by Component (Solution, Services), by Technology (Analog, Digital), by Platform (OTT, Radio, Television), by End User (Broadcaster, Studios & Content Developer, Distributors) and Regional Analysis, 2023-2030

調査会社Bizwit Research & Consulting社が発行したリサーチレポート(データ管理コード:BZW24MCH054)■ 発行会社/調査会社:Bizwit Research & Consulting
■ 商品コード:BZW24MCH054
■ 発行日:2024年2月
■ 調査対象地域:アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、スペイン、イタリア、中国、インド、日本、オーストラリア、韓国、ブラジル、メキシコ、中東
■ 産業分野:放送
■ ページ数:約200
■ レポート言語:英語
■ レポート形式:PDF
■ 納品方式:Eメール(受注後3営業日)
■ 販売価格オプション(消費税別)
Single User(1名様閲覧用、印刷不可)USD4,950 ⇒換算¥732,600見積依頼/購入/質問フォーム
Enterprisewide(同一法人内共有可)USD6,250 ⇒換算¥925,000見積依頼/購入/質問フォーム
販売価格オプションの説明はこちらで、ご購入に関する詳細案内はご利用ガイドでご確認いただけます。
※お支払金額は「換算金額(日本円)+消費税+配送料(Eメール納品は無料)」です。
※Eメールによる納品の場合、通常ご注文当日~2日以内に納品致します。
※レポート納品後、納品日+5日以内に請求書を発行・送付致します。(請求書発行日より2ヶ月以内の銀行振込条件、カード払いも可能)
Bizwit Research & Consulting社の概要及び新刊レポートはこちらでご確認いただけます。

★グローバルリサーチ資料[スポーツ放送技術の世界市場2023年~2030年:コンポーネント別、技術別、プラットフォーム別、エンドユーザー別、地域別]についてメールでお問い合わせはこちら
*** レポート概要(サマリー)***

世界のスポーツ放送技術市場は、2022年に約715.7億米ドルと評価され、2023年から2030年の予測期間中に6.2%以上の健全な成長率で成長すると予測されています。スポーツ放送技術とは、スポーツコンテンツをキャプチャ、処理し、さまざまなメディアチャンネルを通じて視聴者に配信する際に、高度な技術ツールやシステムを使用することを指します。この分野は著しい進歩を遂げ、スポーツイベントの制作、配信、消費の方法を変えました。高解像度カメラ、ウルトラモーションリプレイ、バーチャルグラフィックス、拡張現実はスポーツ放送に不可欠な要素となっており、視聴者に没入感のある魅力的な体験を提供しています。スポーツ放送技術市場は、OTT(Over-The-Top)プラットフォームユーザーの増加、世界的なスポーツイベントの増加、ビデオ技術の進歩などの要因により拡大しています。
OTT(Over-The-Top)プラットフォームユーザーの急増は、スポーツ放送技術市場の成長を促進する上で極めて重要な役割を果たしています。消費者がスポーツ・コンテンツにアクセスするためのデジタル・プラットフォームへの移行を進める中、OTTサービスはスポーツ放送の主要な配信チャネルとなっています。これらのプラットフォームは、スマートフォン、タブレット、スマートテレビなど、さまざまなデバイスでスポーツを視聴することを好む視聴者に対応し、幅広いスポーツコンテンツへの柔軟かつオンデマンドなアクセスを提供します。Statistaによると、2021年の世界のOTTビデオのユーザー数は3,349.41百万人で、2023年には3,512.03百万人に増加し、2028年には4381.41百万人に達すると予測されています。このように、世界中でOTTビデオのユーザー数が増加していることが、市場成長の原動力となっています。さらに、スポーツ放送への仮想現実や拡張現実技術の統合が進み、高品質のスポーツコンテンツへの需要が高まっていることも、市場成長の新たな機会を生み出しています。しかし、2023-2030年の予測期間を通じて、規制やライセンスの問題が市場成長を阻害しています。

世界のスポーツ放送技術市場の調査対象としている主な地域は、アジア太平洋、北米、ヨーロッパ、中南米、中東・アフリカなどです。2022年には北米が市場を支配しました。多様なスポーツイベントの人気の急上昇、放送技術の進歩、豊富なスポーツコンテンツへの需要の増加がこの傾向に大きく寄与しています。市場の勢いは、新しいスポーツリーグの出現と拡大、スポーツ放送のための仮想プラットフォームの採用増加によってさらに加速しています。北米市場の成長には、パーソナライズされたインタラクティブなスポーツコンテンツに対する需要の高まり、オンラインストリーミングサービスの普及拡大、仮想現実および拡張現実技術の採用拡大が主要な推進要因として挙げられます。また、スポーツ放送インフラへの投資が活発化していること、テレビ、モバイル機器、ソーシャルメディアなど、さまざまなプラットフォームで高品質なスポーツコンテンツを楽しみたいという欲求が高まっていることも、同市場に拍車をかけています。予測期間中、アジア太平洋地域が最速の成長が見込まれます。同地域における市場の急成長は、最先端技術の広範な導入に大きく影響されています。技術革命をリードする韓国、日本、中国などの国々は、市場が広く成長するための基盤を築いた堅牢なインフラを誇っています。この地域における新しいスポーツリーグの導入は、スマートスタジアムのインフラに対する需要を促進し、この地域が世界的な競争に打ち勝ち、この地域で新たな収益源を生み出すことを位置づけています。

本レポートに含まれる主な市場プレイヤーは以下の通りです:

Broadcast Electronics (Elenos S.r.L.)
Belden Inc.
ETL System Ltd.
NEC Corporation
Rohde & Schwarz
AvL Technologies
OMB Broadcast
Global Invacom Group
Hangzhou HAOXUN Technologies Co. Ltd.
VSN Video Stream Networks S.L.

市場における最近の動き:

・2023年11月、NECはFreshwaveとOpen RANプロジェクトにおいて協業を開始しました。Project NAVIGATEとして知られるこのイニシアチブの目的は、高密度展開(HDD)環境におけるオープンで共有可能な公共モバイル4Gおよび5G容量の展開のための青写真を作成、実装、評価、検証することです。

世界のスポーツ放送技術市場レポートスコープ:

・過去データ – 2020~2021年
・推計基準年 – 2022年
・予測期間 – 2023~2030年
・レポート対象 – 売上予測、企業ランキング、競合環境、成長要因、動向
・対象セグメント – コンポーネント、テクノロジー、プラットフォーム、エンドユーザー、地域
・対象地域 – 北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米、中東・アフリカ
・カスタマイズ範囲 – レポート購入時に無料カスタマイズ可能です(アナリストの作業時間8時間相当まで)。国、地域、セグメントスコープの追加または変更*可能です。

本調査の目的は、近年における様々なセグメントおよび国の市場規模を定義し、今後数年間の値を予測することです。本レポートは、調査対象国における産業の質的・量的側面を盛り込むよう設計されています。

また、市場の将来的な成長を規定する推進要因や課題などの重要な側面に関する詳細情報も提供しています。さらに、主要企業の競争環境と製品提供の詳細な分析とともに、利害関係者が投資するためのミクロ市場における潜在的な機会も組み込んでいます。

市場の詳細なセグメントとサブセグメントを以下に説明します:

コンポーネント別:

ソリューション
サービス

技術別:

アナログ
デジタル

プラットフォーム別:

OTT
ラジオ
テレビ

エンドユーザー別:

放送局
スタジオ&コンテンツ開発者
ディストリビューター

地域別:

北米
アメリカ
カナダ

ヨーロッパ
イギリス
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
その他ヨーロッパ

アジア太平洋
中国
インド
日本
オーストラリア
韓国
その他アジア太平洋

中南米
ブラジル
メキシコ

中東・アフリカ
サウジアラビア
南アフリカ
その他の中東・アフリカ

*** レポート目次(コンテンツ)***

第1章.  エグゼクティブサマリー
1.1. 市場スナップショット
1.2. 世界・セグメント別市場推定・予測、2020~2030年(10億米ドル)
1.2.1. 世界のスポーツ放送技術市場:地域別、2020~2030年(10億米ドル)
1.2.2. 世界のスポーツ放送技術市場:コンポーネント別、2020~2030年(10億米ドル)
1.2.3. 世界のスポーツ放送技術市場:技術別、2020~2030年(10億米ドル)
1.2.4. 世界のスポーツ放送技術市場、プラットフォーム別、2020~2030年(10億米ドル)
1.2.5. 世界のスポーツ放送技術市場:エンドユーザー別、2020~2030年(10億米ドル)
1.3. 主要動向
1.4. 推計方法
1.5. 調査前提
第2章.  世界のスポーツ放送技術市場定義・範囲
2.1. 調査目的
2.2. 市場定義・範囲
2.2.1. 業界進化
2.2.2. 調査範囲
2.3. 調査対象年
2.4. 通貨換算レート
第3章.  世界のスポーツ放送技術市場動向
3.1. 世界のスポーツ放送技術市場インパクト分析(2020~2030年)
3.1.1. 市場成長要因
3.1.1.1. OTT(オーバーザトップ)プラットフォームユーザーの台頭
3.1.1.2. 世界的なスポーツイベントの増加
3.1.1.3. ビデオ技術の進歩
3.1.2. 市場課題
3.1.2.1. 規制・ライセンスの問題
3.1.3. 市場機会
3.1.3.1. スポーツ放送への仮想現実・拡張現実技術の統合の高まり
3.1.3.2. 高品質なスポーツコンテンツへの需要の高まり
第4章.  世界のスポーツ放送技術市場産業分析
4.1. ポーターズ5フォースモデル
4.1.1. サプライヤー交渉力
4.1.2. バイヤー交渉力
4.1.3. 新規参入者の脅威
4.1.4. 代替品の脅威
4.1.5. 競合他社との競争
4.2. ポーターズ5フォース影響分析
4.3. PEST分析
4.3.1. 政治的
4.3.2. 経済的
4.3.3. 社会的
4.3.4. 技術的
4.3.5. 環境的
4.3.6. 法律的
4.4. トップ投資機会
4.5. トップウィニング戦略
4.6. 新型コロナウイルス感染症影響分析
4.7. 破壊的トレンド
4.8. 産業専門家の視点
4.9. アナリスト推奨・結論
第5章.  世界のスポーツ放送技術市場:コンポーネント別
5.1. 市場スナップショット
5.2. 世界のスポーツ放送技術市場:コンポーネント別、パフォーマンス-ポテンシャル分析
5.3. 世界のスポーツ放送技術市場:推定・予測、コンポーネント別、2020~2030年(10億米ドル)
5.4. 世界のスポーツ放送技術市場:サブセグメント分析
5.4.1. ソリューション
5.4.2. サービス
第6章.  世界のスポーツ放送技術市場:技術別
6.1. 市場スナップショット
6.2. 世界のスポーツ放送技術市場:技術別、パフォーマンス-ポテンシャル分析
6.3. 世界のスポーツ放送技術市場:推定・予測、技術別、2020~2030年(10億米ドル)
6.4. 世界のスポーツ放送技術市場:サブセグメント分析
6.4.1. アナログ
6.4.2. デジタル
第7章.  世界のスポーツ放送技術市場:プラットフォーム別
7.1. 市場スナップショット
7.2. 世界のスポーツ放送技術市場:プラットフォーム別、パフォーマンス-ポテンシャル分析
7.3. 世界のスポーツ放送技術市場:プラットフォーム別推定・予測、2020~2030年(10億米ドル)
7.4. 世界のスポーツ放送技術市場:サブセグメント分析
7.4.1. OTT
7.4.2. ラジオ
7.4.3. テレビ
第8章.  世界のスポーツ放送技術市場:エンドユーザー別
8.1. 市場スナップショット
8.2. 世界のスポーツ放送技術市場:エンドユーザー別、パフォーマンス-ポテンシャル分析
8.3. 世界のスポーツ放送技術市場:推定・予測、エンドユーザー別、2020~2030年(10億米ドル)
8.4. 世界のスポーツ放送技術市場:サブセグメント分析
8.4.1. ブロードキャスター
8.4.2. スタジオ・コンテンツ開発者
8.4.3. 配給会社
第9章.  世界のスポーツ放送技術市場:地域別分析
9.1. トップ先進国
9.2. トップエンジニアリング国
9.3. 世界のスポーツ放送技術市場:地域別、市場スナップショット
9.4. 北米のスポーツ放送技術市場
9.4.1. アメリカのスポーツ放送技術市場
9.4.1.1. コンポーネント別内訳推定・予測、2020~2030年
9.4.1.2. 技術別内訳推定・予測、2020~2030年
9.4.1.3. プラットフォーム別内訳推定・予測、2020~2030年
9.4.1.4. エンドユーザー別内訳推定・予測、2020~2030年
9.4.2. カナダのスポーツ放送技術市場
9.5. ヨーロッパのスポーツ放送技術市場スナップショット
9.5.1. イギリスのスポーツ放送技術市場
9.5.2. ドイツのスポーツ放送技術市場
9.5.3. フランスのスポーツ放送技術市場
9.5.4. スペインのスポーツ放送技術市場
9.5.5. イタリアのスポーツ放送技術市場
9.5.6. その他ヨーロッパのスポーツ放送技術市場
9.6. アジア太平洋のスポーツ放送技術市場スナップショット
9.6.1. 中国のスポーツ放送技術市場
9.6.2. インドのスポーツ放送技術市場
9.6.3. 日本のスポーツ放送技術市場
9.6.4. オーストラリアのスポーツ放送技術市場
9.6.5. 韓国のスポーツ放送技術市場
9.6.6. その他アジア太平洋のスポーツ放送技術市場
9.7. 中南米のスポーツ放送技術市場スナップショット
9.7.1. ブラジルのスポーツ放送技術市場
9.7.2. メキシコのスポーツ放送技術市場
9.8. 中東・アフリカのスポーツ放送技術市場
9.8.1. サウジアラビアのスポーツ放送技術市場
9.8.2. 南アフリカのスポーツ放送技術市場
9.8.3. その他中東・アフリカのスポーツ放送技術市場
第10章.  競合情報
第11章.  調査プロセス
11.1. 調査プロセス
11.1.1. データマイニング
11.1.2. 分析
11.1.3. 市場推定
11.1.4. 検証
11.1.5. 出版
11.2. 調査属性
11.3. 調査前提



*** スポーツ放送技術の世界市場に関するよくある質問(FAQ) ***

・スポーツ放送技術の世界市場規模は?
→Bizwit Research & Consulting社は2022年のスポーツ放送技術の世界市場規模を715.7億米ドルと推定しています。

・スポーツ放送技術の世界市場予測は?
→Bizwit Research & Consulting社は2030年のスポーツ放送技術の世界市場規模を1,158億米ドルと予測しています。

・スポーツ放送技術市場の成長率は?
→Bizwit Research & Consulting社はスポーツ放送技術の世界市場がに年平均6.2%成長すると展望しています。

・世界のスポーツ放送技術市場における主要プレイヤーは?
→「Broadcast Electronics (Elenos S.r.L.)、Belden Inc.、ETL System Ltd.、NEC Corporation、Rohde & Schwarz、AvL Technologies、OMB Broadcast、Global Invacom Group、Hangzhou HAOXUN Technologies Co. Ltd.、VSN Video Stream Networks S.L.など ...」をスポーツ放送技術市場のグローバル主要プレイヤーとして判断しています。

※上記FAQの市場規模、市場予測、成長率、主要企業に関する情報は本レポートの概要を作成した時点での情報であり、最終レポートの情報と少し異なる場合があります。

*** 免責事項 ***
https://www.globalresearch.co.jp/disclaimer/



※注目の調査資料
※当サイト上のレポートデータは弊社H&Iグローバルリサーチ運営のMarketReport.jpサイトと連動しています。
※当市場調査資料(BZW24MCH054 )"スポーツ放送技術の世界市場2023年~2030年:コンポーネント別、技術別、プラットフォーム別、エンドユーザー別、地域別" (英文:Global Sports Broadcasting Technology Market Size study & Forecast, by Component (Solution, Services), by Technology (Analog, Digital), by Platform (OTT, Radio, Television), by End User (Broadcaster, Studios & Content Developer, Distributors) and Regional Analysis, 2023-2030)はBizwit Research & Consulting社が調査・発行しており、H&Iグローバルリサーチが販売します。


◆H&Iグローバルリサーチのお客様(例)◆


※当サイトに掲載していない調査資料も弊社を通してご購入可能ですので、お気軽にご連絡ください。ウェブサイトでは紹介しきれない資料も数多くございます。
※無料翻訳ツールをご利用いただけます。翻訳可能なPDF納品ファイルが対象です。ご利用を希望されるお客様はご注文の時にその旨をお申し出ください。