アニメの日本市場2024年-2030年:市場規模、シェア、動向分析

■ 英語タイトル:Japan Anime Market Size, Share & Trends Analysis Report By Type (T.V., Movie, Video, Internet Distribution, Merchandising, Music, Pachinko, Live Entertainment), By Genre (Action & Adventure, Sci-Fi & Fantasy), And Segment Forecasts, 2024 - 2030

調査会社Grand View Research社が発行したリサーチレポート(データ管理コード:GRV24APR132)■ 発行会社/調査会社:Grand View Research
■ 商品コード:GRV24APR132
■ 発行日:2024年2月
■ 調査対象地域:日本
■ 産業分野:エンタテインメント
■ ページ数:80
■ レポート言語:英語
■ レポート形式:PDF
■ 納品方式:受注後3営業日
■ 販売価格オプション(消費税別)
Single UserUSD5,950 ⇒換算¥904,400見積依頼/サンプル請求/購入/質問フォーム
Multi User/Five UserUSD6,950 ⇒換算¥1,056,400見積依頼/サンプル請求/購入/質問フォーム
Global/corporate LicenseUSD8,950 ⇒換算¥1,360,400見積依頼/サンプル請求/購入/質問フォーム
販売価格オプションの説明はこちらで、ご購入に関する詳細案内はご利用ガイドでご確認いただけます。
※お支払金額は「換算金額(日本円)+消費税+配送料(Eメール納品は無料)」です。
※Eメールによる納品の場合、通常ご注文当日~2日以内に納品致します。
※レポート納品後、納品日+5日以内に請求書を発行・送付致します。(請求書発行日より2ヶ月以内の銀行振込条件、カード払いも可能)
Grand View Research社の概要及び新刊レポートはこちらでご確認いただけます。

★グローバルリサーチ資料[アニメの日本市場2024年-2030年:市場規模、シェア、動向分析]についてメールでお問い合わせはこちら
*** レポート概要(サマリー)***

※下記の概要と目次は英語から日本語に機械翻訳された内容です。誤った表現が含まれている可能性があります。正確な内容はお問い合わせ(サンプル請求)ください。

日本アニメ市場の成長と動向

Grand View Research, Inc.の新しいレポートによると、日本のアニメ市場規模は2030年までに168.4億米ドルに達すると予測されています。2024年から2030年までのCAGRは3.9%で成長する見込みです。世界的なアニメ視聴者の熱意の高まりが、この成長を促進すると予想されています。日本アニメ産業の成長を促進するその他の要因としては、アニメのコンテンツやスタイルの多様化、デジタルストリーミングプラットフォームの台頭、アニメ制作における技術革新などが挙げられます。

COVID-19の流行は日本のアニメ市場に好影響を与えました。封鎖とデジタルコンテンツ消費の増加により、アニメの制作は減少したものの、視聴者とファン層は増加しました。パンデミック後は、パンデミック中に獲得した視聴率によってアニメの需要が増加。

日本ではさまざまなジャンルのアニメが数多く放送されています。例えば、2023年1月、アニメランキングサイト「アキバ総研」によると、「REVENGER」「忍びの一撃」「ルパンゼロ」などが日本で人気のアニメ。日本のテレビランキングを測定するビデオリサーチによると、サザエちゃん、名探偵コナン、ちびまる子ちゃん、僕のヒーローアカデミア、ドラえもんは関東地方で子供の視聴者が多い。

日本のアニメ会社は、海外のファンの需要に応えるため、海外企業の買収を取り入れています。2023年12月、株式会社KADOKAWAはタイを拠点とする漫画・ライトノベル出版社First Page Pro Company Limitedの買収を発表。両社のシナジー効果が期待されることから、日本コンテンツの需要拡大が同社全体の発展に寄与するものと思われます。

日本アニメ市場レポートハイライト

– タイプ別では、マーチャンダイジング分野が2023年に44.1%と最も高い収益シェアを占め、予測期間中もその地位を維持する見込み。これは、3Dプリンター技術の利用が急増していることや、好きなシリーズへの感情的なつながりからアニメベースのおもちゃや衣料品への需要が増加していることに起因しています。

– ジャンル別では、アクション&アドベンチャー分野が2023年の市場を支配し、予測期間中も大きなCAGRで成長する見込みです。これは、エキサイティングで美しいアニメーションスタイルと、あらゆる年齢層にアピールする説得力のある物語が組み合わされているためです。

– SF・ファンタジージャンルは、2024年から2030年にかけて最も速いCAGRで成長する見込みです。この成長は、幅広いSF&ファンタジーアニメのタイトルが利用可能であることに起因しています。

– 2024年2月、株式会社33と株式会社MyAnimeListは提携し、アニメ・マンガ業界に戦略的ソリューションを提供するグローバルマーケティングサービスMAL33を導入しました。この提携は、ファン心理を理解し、効果的なコミュニケーション戦略を構築することで、マンガ・アニメビジネスが直面する課題を解決し、日本のアニメ・マンガ文化の拡大・普及を支援することを目的としています。

*** レポート目次(コンテンツ)***

目次

第1章. 方法論と範囲
1.1. 市場セグメンテーションとスコープ
1.2. セグメントの定義
1.2.1. タイプ
1.2.2. ジャンル
1.2.3. 見積もりと予測のタイムライン
1.3. 調査方法
1.4. 情報調達
1.4.1. 購入データベース
1.4.2. GVRの内部データベース
1.4.3. 二次情報源
1.4.4. 一次調査
1.4.5. 一次調査の詳細
1.4.5.1. アジア太平洋地域における一次インタビューのデータ
1.5. 情報またはデータ分析
1.5.1. データ分析モデル
1.6. 市場形成と検証
1.7. モデルの詳細
1.7.1. 商品フロー分析(モデル1)
1.7.2. アプローチ1:商品フローアプローチ
1.7.3. 出来高価格分析(モデル2)
1.7.4. アプローチ2:出来高価格分析
1.8. 二次資料リスト
1.9. 一次資料リスト
1.10. 目的
第2章. 要旨
2.1. 市場の展望
2.2. セグメントの展望
2.2.1. タイプ
2.2.2. ジャンル
2.3. 競合の洞察
第3章. 日本アニメ市場の変数、トレンド、スコープ
3.1. 市場の系譜
3.1.1. 親市場の展望
3.1.2. 関連・付随市場の展望
3.2. 市場ダイナミクス
3.2.1. 市場ドライバー分析
3.2.1.1. デジタル・ストリーミング・プラットフォームの採用増加
3.2.1.2. オタク文化の高まり
3.2.2. 市場阻害要因分析
3.2.2.1. 海賊版に対する懸念の高まり
3.2.3. 市場機会分析
3.2.3.1. AR、VR、AI技術の出現
3.3. 日本アニメ市場分析ツール
3.3.1. 産業分析-ポーターの分析
3.3.1.1. サプライヤーパワー
3.3.1.2. 買い手の力
3.3.1.3. 代替の脅威
3.3.1.4. 新規参入の脅威
3.3.1.5. 競争上のライバル
3.3.2. PESTEL分析
3.3.2.1. 政治情勢
3.3.2.2. 経済情勢
3.3.2.3. 社会情勢
3.3.2.4. 技術的ランドスケープ
3.3.2.5. 環境的ランドスケープ
3.3.2.6. 法的景観
第4章. 日本のアニメ市場: タイプ別推定とトレンド分析
4.1. タイプ別市場シェア、2023年・2030年
4.2. セグメントダッシュボード
4.3. 日本のアニメ市場タイプ別展望
4.4. 以下の市場規模・予測およびトレンド分析、2018年~2030年
4.4.1. テレビアニメ
4.4.1.1. 市場の予測・推計、2018年~2030年 (百万米ドル)
4.4.2. 映画
4.4.2.1. 市場の推定と予測、2018年~2030年(USD Million)
4.4.3. ビデオ
4.4.3.1. 市場の推定と予測、2018年~2030年(百万米ドル)
4.4.4. インターネット配信
4.4.4.1. 市場の推定と予測、2018年~2030年(USD Million)
4.4.5. マーチャンダイジング
4.4.5.1. 市場の推定と予測、2018年~2030年(百万米ドル)
4.4.6. 音楽
4.4.6.1. 市場の推定と予測、2018年~2030年(USD Million)
4.4.7. パチンコ
4.4.7.1. 市場の推定と予測、2018年~2030年(百万米ドル)
4.4.8. ライブエンターテインメント
4.4.8.1. 市場の推定と予測、2018年~2030年(USD Million)
第5章. 日本のアニメ市場: ジャンル別推計と動向分析
5.1. ジャンル別市場シェア、2023年&2030年
5.2. セグメントダッシュボード
5.3. ジャンル別日本アニメ市場展望
5.4. 2018年から2030年までの以下の市場規模・予測およびトレンド分析
5.4.1. アクション&アドベンチャー
5.4.1.1. 市場の予測・推計、2018年~2030年 (百万米ドル)
5.4.2. SF&ファンタジー
5.4.2.1. 市場の推定と予測、2018年~2030年(百万米ドル)
5.4.3. ロマンス&ドラマ
5.4.3.1. 市場の推定と予測、2018年~2030年(USD Million)
5.4.4. スポーツ
5.4.4.1. 市場の推定と予測、2018年~2030年(百万米ドル)
5.4.5. その他
5.4.5.1. 市場の推定と予測、2018年~2030年(百万米ドル)
第6章. 競争環境
6.1. 主要市場参入企業別の最新動向と影響分析
6.2. 企業/競合の分類
6.3. ベンダーランドスケープ
6.3.1. 主要代理店およびチャネルパートナーのリスト
6.3.2. 主要顧客
6.4. 企業プロフィール
6.4.1. 株式会社ぴえろ
6.4.1.1. 会社概要
6.4.1.2. 業績
6.4.1.3. 製品ベンチマーク
6.4.1.4. 戦略的イニシアティブ
6.4.2. 株式会社プロダクション・アイジー
6.4.2.1. 会社概要
6.4.2.2. 業績
6.4.2.3. 製品ベンチマーク
6.4.2.4. 戦略的イニシアティブ
6.4.3. 株式会社スタジオジブリ
6.4.3.1. 会社概要
6.4.3.2. 業績
6.4.3.3. 製品ベンチマーク
6.4.3.4. 戦略的イニシアティブ
6.4.4. 株式会社サンライズ(バンダイナムコフィルムワークス)
6.4.4.1. 会社概要
6.4.4.2. 業績
6.4.4.3. 製品ベンチマーク
6.4.4.4. 戦略的イニシアティブ
6.4.5. 東映アニメーション株式会社
6.4.5.1. 会社概要
6.4.5.2. 業績
6.4.5.3. 製品ベンチマーク
6.4.5.4. 戦略的イニシアティブ
6.4.6. ボーンズ社
6.4.6.1. 会社概要
6.4.6.2. 業績
6.4.6.3. 製品ベンチマーク
6.4.6.4. 戦略的イニシアティブ
6.4.7. 京都アニメーション株式会社
6.4.7.1. 会社概要
6.4.7.2. 業績
6.4.7.3. 製品ベンチマーク
6.4.7.4. 戦略的イニシアティブ
6.4.8. マッドハウス
6.4.8.1. 会社概要
6.4.8.2. 業績
6.4.8.3. 製品ベンチマーク
6.4.8.4. 戦略的イニシアティブ
6.4.9. クランチロール(株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
6.4.9.1. 会社概要
6.4.9.2. 業績
6.4.9.3. 製品ベンチマーク
6.4.9.4. 戦略的イニシアティブ
6.4.10. 株式会社プログレッシブアニメーションワークス(PA Works Co. (PAワークス)
6.4.10.1. 会社概要
6.4.10.2. 業績推移
6.4.10.3. 製品ベンチマーク
6.4.10.4. 戦略的イニシアティブ
6.4.11. 戦隊ホールディングス(AMCネットワークス)
6.4.11.1. 会社概要
6.4.11.2. 業績
6.4.11.3. 製品ベンチマーク
6.4.11.4. 戦略的イニシアティブ
6.4.12. 株式会社ユーフォーテーブル
6.4.12.1. 会社概要
6.4.12.2. 業績
6.4.12.3. 製品ベンチマーク
6.4.12.4. 戦略的イニシアティブ

表一覧

表1 略語一覧
表2 日本アニメ市場、タイプ別、2018年~2030年(USD Million)
表3 日本アニメ市場、ジャンル別、2018年~2030年(百万米ドル)

図一覧

図1 市場調査プロセス
図2 日本アニメ市場のセグメンテーション
図3 日本アニメの技術展望
図4 情報調達
図5 データ分析モデル
図6 市場形成と検証
図7 データの検証と公開
図8 市場スナップショット
図9 セグメントスナップショット(1/2)
図10 セグメントスナップショット(2/2)
図11 競争環境スナップショット
図12 日本アニメ市場規模と成長展望(百万米ドル)
図13 日本アニメ市場 産業バリューチェーン分析
図14 日本アニメ市場 市場ダイナミクス
図15 日本アニメ市場 ポーターの分析
図16 日本アニメ市場 PESTEL分析
図17 日本アニメ市場 タイプ別動向分析
図18 日本アニメ市場: タイプ別展望と主要課題
図19 T.V.市場の推定と予測、2018年~2030年
図20 映画の推定と予測、2018年~2030年
図21 ビデオ推定・予測、2018年~2030年
図22 インターネット配信の推定と予測、2018年~2030年
図23 マーチャンダイジングの推定と予測、2018年~2030年
図24 音楽推定・予測、2018年~2030年
図25 パチンコ推定・予測、2018年~2030年
図26 ライブエンターテインメントの推定と予測、2018年~2030年
図27 日本アニメ市場: ジャンル別動向分析
図28 日本アニメ市場: ジャンルの展望と要点
図29 アクション&アドベンチャー市場の推定と予測、2018年~2030年
図30 SF・ファンタジー市場の推定と予測、2018年~2030年
図31 ロマンス&ドラマ市場の推定と予測、2018年~2030年
図32 スポーツ市場の推定と予測、2018年~2030年
図33 その他市場の推定と予測、2018年~2030年
図34 主要企業の分類
図35 各社の市場ポジショニング
図36 主要企業の市場シェア分析、2023年
図37 戦略的フレームワーク

*** アニメの世界市場に関するよくある質問(FAQ) ***

・アニメの世界市場規模は?
→Grand View Research社は2024年のアニメの世界市場規模を000米ドルと推定しています。

・アニメの世界市場予測は?
→Grand View Research社は2030年のアニメの世界市場規模を168.4億米ドルと予測しています。

・アニメ市場の成長率は?
→Grand View Research社はアニメの世界市場が2024年~2030年に年平均3.90%成長すると展望しています。

・世界のアニメ市場における主要プレイヤーは?
→「Pierrot Co., Ltd.、Production I.G, Inc.、Studio Ghibli, Inc.、Sunrise, Inc. (Bandai Namco Filmworks)、Toei Animation Co., Ltd.、Bones Inc.、Kyoto Animation Co., Ltd.、MADHOUSE, Inc.、Crunchyroll (Sony Pictures Entertainment Inc.)、Progressive Animation Works Co., Ltd. (PA Works)、Sentai Holdings, LLC (AMC Networks)、Ufotable Co., Ltd.など ...」をアニメ市場のグローバル主要プレイヤーとして判断しています。

※上記FAQの市場規模、市場予測、成長率、主要企業に関する情報は本レポートの概要を作成した時点での情報であり、最終レポートの情報と少し異なる場合があります。

*** 免責事項 ***
https://www.globalresearch.co.jp/disclaimer/



※注目の調査資料
※当サイト上のレポートデータは弊社H&Iグローバルリサーチ運営のMarketReport.jpサイトと連動しています。
※当市場調査資料(GRV24APR132 )"アニメの日本市場2024年-2030年:市場規模、シェア、動向分析" (英文:Japan Anime Market Size, Share & Trends Analysis Report By Type (T.V., Movie, Video, Internet Distribution, Merchandising, Music, Pachinko, Live Entertainment), By Genre (Action & Adventure, Sci-Fi & Fantasy), And Segment Forecasts, 2024 - 2030)はGrand View Research社が調査・発行しており、H&Iグローバルリサーチが販売します。


◆H&Iグローバルリサーチのお客様(例)◆


※当サイトに掲載していない調査資料も弊社を通してご購入可能ですので、お気軽にご連絡ください。ウェブサイトでは紹介しきれない資料も数多くございます。
※無料翻訳ツールをご利用いただけます。翻訳可能なPDF納品ファイルが対象です。ご利用を希望されるお客様はご注文の時にその旨をお申し出ください。