コーヒー&ティーカプセルの日本市場

■ 英語タイトル:Japan Coffee and Tea Capsules Market: Industry Trends, Share, Size, Growth, Opportunity and Forecast 2023-2028

調査会社IMARC社が発行したリサーチレポート(データ管理コード:IMARC23OT0249)■ 発行会社/調査会社:IMARC
■ 商品コード:IMARC23OT0249
■ 発行日:2023年9月27日
■ 調査対象地域:日本
■ 産業分野:食品&飲料消費財/食品
■ ページ数:119
■ レポート言語:英語
■ レポート形式:PDF
■ 納品方式:Eメール
■ 販売価格オプション(消費税別)
Single UserUSD2,699 ⇒換算¥410,248見積依頼/購入/質問フォーム
Five UserUSD3,699 ⇒換算¥562,248見積依頼/購入/質問フォーム
EnterprisewideUSD4,699 ⇒換算¥714,248見積依頼/購入/質問フォーム
販売価格オプションの説明はこちらで、ご購入に関する詳細案内はご利用ガイドでご確認いただけます。
※お支払金額は「換算金額(日本円)+消費税+配送料(Eメール納品は無料)」です。
※Eメールによる納品の場合、通常ご注文当日~2日以内に納品致します。
※レポート納品後、納品日+5日以内に請求書を発行・送付致します。(請求書発行日より2ヶ月以内の銀行振込条件、カード払いも可能)
IMARC社の概要及び新刊レポートはこちらでご確認いただけます。

★グローバルリサーチ資料[コーヒー&ティーカプセルの日本市場]についてメールでお問い合わせはこちら
*** レポート概要(サマリー)***

市場概要日本のコーヒー&ティーカプセルの市場規模は2022年に12億9,040万米ドルに達しました。今後、IMARC Groupは、2023年から2028年にかけて11%の成長率(CAGR)を示し、2028年までに2,426.7百万米ドルに達すると予測しています。レディ・トゥ・ドリンク(RTD)飲料の需要の増加、シングルサーブ・システムの人気の高まり、プレミアム製品バリエーションの導入、カプセルシステムへの先端技術の導入などが、市場を推進している主な要因の一部です。

コーヒー&ティーカプセルは、あらかじめ計量された量のコーヒーやティーが入った1回分用のポッドまたはカプセルです。これらのカプセルは、コーヒーメーカーやティーインフューザーなど、これらのカプセルと互換性のある特定の抽出システムで使用するように設計されています。カプセルは、正確な分量管理を可能にし、一杯ごとに一貫した風味と濃さを保証します。カプセルの内容物は、標準化された量のコーヒーや紅茶を提供するために注意深く計量され、一貫した味覚体験をもたらします。現在、コーヒーや紅茶のカプセルは、その利便性、一貫性、幅広いフレーバーの選択肢により、日本全国で絶大な人気を博しています。

市場を牽引しているのは、主に日本の労働人口の増加です。加えて、RTD(レディ・トゥ・ドリンク)飲料の需要が高まっていることも成長を促す大きな要因となっています。このほか、日本は伝統的にお茶をよく飲む国であるため、お茶の効能に関する認識が高まり、ティーカプセルの需要が拡大しています。これは、特に若年層におけるコーヒーの人気の高まりと相まって、市場の成長に寄与しています。また、ライフスタイルの変化や急速な都市化に伴う単身世帯の増加により、1回分のお得なパックや簡便な食品の採用が加速。さらに、消費者の購買力の上昇、外出の多いライフスタイル、Eコマース・チャネルを通じた製品の容易な入手、製品のプレミアム化なども、世界全体で良好な市場見通しを生み出している要因のひとつです。

日本のコーヒー&ティーカプセルの市場動向/牽引要因:シングルサーブシステムの人気の高まり

シングルサーブシステムは利便性と使いやすさを提供するため、コーヒー&ティーカプセルの需要が高まっています。消費者は、複雑な抽出器具や手作業による準備を必要とせず、好みのコーヒーや紅茶を1杯だけ淹れられる能力を高く評価しています。また、これらのシステムは正確なポーションコントロールも可能です。これは、一貫性と利便性を重視する日本の消費者にとって、ますます魅力的なものとなっています。さらに、シングルサーブシステムは、消費者が自宅でカフェのような体験を再現することを可能にしました。いつでも新鮮なコーヒーや紅茶を淹れられるという利便性が、家庭での消費の増加に貢献しています。カフェでの購入から家庭での淹れ方へのシフトは、コーヒー&ティーカプセルの需要にプラスの影響を与えています。

プレミアム製品の導入

プレミアム商品の登場は、消費者の期待を高め、より高品質なコーヒーや紅茶への関心を高めています。舌の肥えた消費者として知られる日本の消費者は、特別なフレーバー、ユニークなブレンド、シングルオリジンの選択肢にプレミアム価格を支払うことを厭いません。さらに、プレミアム製品のバリエーションは、フレーバー、ブレンド、プロファイルの幅が広いことが多い。このような多様化は、ユニークで独特な味覚体験を求める消費者にアピールします。さらに、原産地、栽培条件、加工方法に関する詳細な情報が提供されることも多く、透明性と信頼性を重視する消費者にアピールしています。さらに、少量生産、綿密な焙煎やブレンド技術、地元の生産者や焙煎業者との提携を重視するプレミアム・コーヒーや紅茶のカプセルも、市場で人気を集めています。

技術の統合

テクノロジーの統合により、コーヒーや紅茶のカプセルに対応したスマート抽出システムが開発されています。これらのシステムは、タッチスクリーン、カスタマイズ可能な抽出設定、温度制御、プログラム可能なタイマーなどの高度な機能を提供します。これらのシステムにより、ユーザーは抽出プロセスをより自由にコントロールできるようになり、好みに合わせてコーヒーや紅茶をカスタマイズできるようになります。技術の統合により、スマートフォンのアプリやその他のスマートホームシステムから制御できる、接続されたコーヒーやお茶を淹れる機器の開発が可能になりました。ユーザーは、抽出システムを遠隔操作し、設定を調整し、抽出の進捗状況やメンテナンスの必要性に関する通知を受け取ることができます。この接続性は利便性を高め、よりシームレスで自動化された抽出体験を提供します。

競争環境:日本のコーヒー&ティーカプセル市場の競争環境はダイナミックであり、国内外のプレーヤーが存在することが特徴です。大手メーカーは、移り変わる消費者の嗜好や好みに対応するため、様々な革新的なフレーバーやブレンドを導入しています。また、風味の抽出、一貫性、味を最適化するために、精密ろ過や特許取得済みの蓋付きカプセルを開発しています。さらに、日本の多くのコーヒー・紅茶カプセルメーカーは、持続可能性への取り組みを行っています。これには、リサイクル可能な素材や生分解性素材など、環境に優しいパッケージング・ソリューションの導入や、廃棄物を減らし責任ある消費を促すためのカプセル・リサイクル・プログラムの推進などが含まれます。また、有名なコーヒー焙煎業者や紅茶メーカーとコラボレーションし、独自のカプセルブレンドやフレーバーを開発することもあります。このようなコラボレーションは、業界で確立されたプレイヤーの専門知識と評判を活用し、ユニークで差別化された製品を提供することを目的としています。

本レポートが回答する主な質問:日本のコーヒー&ティーカプセル市場はこれまでどのように推移してきたのか、また今後数年間はどのように推移するのか?
日本のコーヒー&ティーカプセル市場における促進要因、阻害要因、機会は?
各駆動要因、阻害要因、機会が日本のコーヒー&ティーカプセル市場に与える影響は?
日本のコーヒー&ティーカプセル市場の競争構造は?
日本のコーヒー&ティーカプセル市場の主要プレイヤー/企業は?

1 序論
2 調査範囲&手法
3 エグゼクティブサマリー
4 イントロダクション
5 日本のコーヒー・ティー・粉ミルク市場
6 日本のコーヒー&ティーカプセル市場
7 日本の消費習慣

*** レポート目次(コンテンツ)***

1 Preface
2 Scope and Methodology
2.1 Objectives of the Study
2.2 Stakeholders
2.3 Data Sources
2.3.1 Primary Sources
2.3.2 Secondary Sources
2.4 Market Estimation
2.4.1 Bottom-Up Approach
2.4.2 Top-Down Approach
2.5 Forecasting Methodology
3 Executive Summary
4 Introduction
4.1 Overview
4.2 Key Industry Trends
4.3 Impact of COVID-19
5 Japan Coffee, Tea and Milk Powder Market
5.1 Market Overview
5.2 Japan Coffee Market
5.2.1 Current and Historical Performance
5.2.2 Market Forecast
5.3 Japan Tea Market
5.3.1 Current and Historical Performance
5.3.2 Market Forecast
5.4 Japan Milk Powder Market
5.4.1 Current and Historical Performance
5.4.2 Market Forecast
6 Japan Coffee and Tea Capsules Market
6.1 Market Overview
6.2 Japan Coffee Capsules Market
6.2.1 Current and Historical Performance
6.2.2 Market Forecast
6.2.3 Key Players
6.3 Japan Tea Capsules Market
6.3.1 Current and Historical Performance
6.3.2 Market Forecast
6.3.3 Key Players
6.4 SWOT Analysis
6.4.1 Overview
6.4.2 Strengths
6.4.3 Weaknesses
6.4.4 Opportunities
6.4.5 Threats
6.5 Value Chain Analysis
6.5.1 Overview
6.5.2 Research and Development
6.5.3 Raw Material Procurement
6.5.4 Manufacturing
6.5.5 Marketing
6.5.6 Distribution
6.5.7 End-Use
6.6 Porters Five Forces Analysis
6.6.1 Overview
6.6.2 Bargaining Power of Buyers
6.6.3 Bargaining Power of Suppliers
6.6.4 Degree of Competition
6.6.5 Threat of New Entrants
6.6.6 Threat of Substitutes
7 Consumer Habits in Japan

Figure 1: Japan: Coffee and Tea Capsules Market: Major Drivers and Challenges
Figure 2: Japan: Coffee Market: Sales Value (in Million US$), 2017-2022
Figure 3: Japan: Coffee Market Forecast: Sales Value (in Million US$), 2023-2028
Figure 4: Japan: Tea Market: Sales Value (in Million US$), 2017-2022
Figure 5: Japan: Tea Market Forecast: Sales Value (in Million US$), 2023-2028
Figure 6: Japan: Milk Powder Market: Sales Value (in Million US$), 2017-2022
Figure 7: Japan: Milk Powder Market Forecast: Sales Value (in Million US$), 2023-2028
Figure 8: Japan: Coffee Capsules Market: Sales Value (in Million US$), 2017-2022
Figure 9: Japan: Coffee Capsules Market Forecast: Sales Value (in Million US$), 2023-2028
Figure 10: Japan: Tea Capsules Market: Sales Value (in Million US$), 2017-2022
Figure 11: Japan: Tea Capsules Market Forecast: Sales Value (in Million US$), 2023-2028
Figure 12: Japan: Coffee and Tea Capsules Industry: SWOT Analysis
Figure 13: Japan: Coffee and Tea Capsules Industry: Value Chain Analysis
Figure 14: Japan: Coffee and Tea Capsules Industry: Porter’s Five Forces Analysis

*** 免責事項 ***
https://www.globalresearch.co.jp/disclaimer/



※注目の調査資料
※当サイト上のレポートデータは弊社H&Iグローバルリサーチ運営のMarketReport.jpサイトと連動しています。
※当市場調査資料(IMARC23OT0249 )"コーヒー&ティーカプセルの日本市場" (英文:Japan Coffee and Tea Capsules Market: Industry Trends, Share, Size, Growth, Opportunity and Forecast 2023-2028)はIMARC社が調査・発行しており、H&Iグローバルリサーチが販売します。


◆H&Iグローバルリサーチのお客様(例)◆


※当サイトに掲載していない調査資料も弊社を通してご購入可能ですので、お気軽にご連絡ください。ウェブサイトでは紹介しきれない資料も数多くございます。
※無料翻訳ツールをご利用いただけます。翻訳可能なPDF納品ファイルが対象です。ご利用を希望されるお客様はご注文の時にその旨をお申し出ください。