重症筋無力症治療薬の日本市場2023-2032:機会分析・産業予測

■ 英語タイトル:Japan Myasthenia Gravis Treatment Market By Drug class (Monoclonal antibodies, Intravenous immunoglobulin, Others), By Age group (Below 55 years, Above 55 years), By Distribution channel (Hospital pharmacies, Drug store and retail pharmacies, Online providers): Opportunity Analysis and Industry Forecast, 2023-2032

調査会社Allied Market Research社が発行したリサーチレポート(データ管理コード:ALD24JAN0094)■ 発行会社/調査会社:Allied Market Research
■ 商品コード:ALD24JAN0094
■ 発行日:2023年5月
■ 調査対象地域:日本
■ 産業分野:医薬品
■ ページ数:75
■ レポート言語:英語
■ レポート形式:PDF
■ 納品方式:Eメール(受注後24時間以内)
■ 販売価格オプション(消費税別)
Single UserUSD3,255 ⇒換算¥481,740見積依頼/購入/質問フォーム
5 UserUSD4,065 ⇒換算¥601,620見積依頼/購入/質問フォーム
Enterprise UserUSD5,055 ⇒換算¥748,140見積依頼/購入/質問フォーム
販売価格オプションの説明はこちらで、ご購入に関する詳細案内はご利用ガイドでご確認いただけます。
※お支払金額は「換算金額(日本円)+消費税+配送料(Eメール納品は無料)」です。
※Eメールによる納品の場合、通常ご注文当日~2日以内に納品致します。
※レポート納品後、納品日+5日以内に請求書を発行・送付致します。(請求書発行日より2ヶ月以内の銀行振込条件、カード払いも可能)
Allied Market Research社の概要及び新刊レポートはこちらでご確認いただけます。

★グローバルリサーチ資料[重症筋無力症治療薬の日本市場2023-2032:機会分析・産業予測]についてメールでお問い合わせはこちら
*** レポート概要(サマリー)***

日本の重症筋無力症治療薬市場は、予測期間中に大きな成長が見込まれています。重症筋無力症は、神経筋伝達の欠陥によって引き起こされる自己免疫性神経筋疾患です。この自己免疫疾患は治療に非常に反応しやすく、症状は常に特別に効率的なものになってきています。重症筋無力症の治療は、個人の健康状態や生活の質を改善するために必要です。重症筋無力症の有病率の上昇と、この疾患の治療に関する認知度の向上は、日本の重症筋無力症治療薬市場の成長を促進する重要な要因です。さらに、医学的診断の向上に伴い、高度な治療オプションに対するニーズが急増しており、市場の成長を増大させると予想されます。さらに、モノクローナル抗体の登場は、高い選択性や長期の活性といったモノクローナル抗体に関連するさまざまな利点と相まって、予測期間中に有益な機会を提供すると期待されています。
さらに、製薬企業による研究開発活動への財政投資の増加は、日本の重症筋無力症治療薬市場における重症筋無力症治療薬のニーズに拍車をかけると予想されます。
一方、重症筋無力症治療薬の副作用や技術的専門知識の不足が市場成長の妨げになると予想されます。
逆に、重症筋無力症に対する新たな治療オプションのライセンス認可は、日本の重症筋無力症治療薬市場の成長に有利な機会を提供すると期待されています。例えば、2017年、米国FDAは、中等度から重度の活動性の重症筋無力症(MG)成人患者の治療薬として、リツキサン(リツキシマブ)静注100mgとグルココルチコイドの新薬承認申請(NDA)をアッヴィに許可しました。
日本の重症筋無力症治療薬市場は、薬剤クラス、年齢層、流通チャネルに区分されます。薬剤クラス別では、モノクローナル抗体、免疫グロブリン静注、その他に分類されます。モノクローナル抗体(MAB)は、特定の種類の細胞に特異的に作用するように設計された医薬品であり、重症筋無力症などの自己免疫疾患の治療に有益です。免疫グロブリン静注療法(IVIG)は、重症筋無力症に対処するための最も一般的な治療法のひとつです。年齢層別では、市場は55歳未満と55歳以上に分けられます。重症筋無力症は高齢者が罹患しやすい疾患であるため、55歳以上のセグメントの罹患頻度が高いです。流通チャネルによって、市場は病院薬局、ドラッグストア、小売薬局、オンラインプロバイダーに分類されます。

ポーターの5フォース分析は、業界の競争シナリオと各ステークホルダーの役割を分析するモデルです。バイヤーの交渉力、サプライヤーの交渉力、代替品の脅威、新規参入の脅威、競合間の競争などが含まれます。
新規参入の脅威は、特許法の存在と市場における大手プレーヤーの存在により低い。代替品の脅威は、市場で入手可能な治療法の数が限られているため、低い。市場における供給者の数が限られているため、供給者の交渉力は低い。治療の選択肢が限られているため、買い手の交渉力は低い。市場には重要なプレーヤーが複数存在するため、競合の激しさは高いです。

日本の重症筋無力症治療薬市場は、新たな代替治療法の確立を目指す製薬企業による研究開発活動の活発化が特徴です。また、重症筋無力症の治療薬に関する特許発行の急増が市場の成長を後押ししています。

本レポートに含まれる主要企業は、アステラス製薬、グラクソ・スミスクライン、武田薬品工業、第一三共、テバ・ファーマシューティカル・インダストリーズ、鳥居薬品、UCB、メルク・アンド・カンパニー、ファイザー、ジェンザイム・コーポレーションです。
重症筋無力症治療薬市場は、薬剤クラスと流通チャネルに区分されます。薬剤クラスでは、モノクローナル抗体、免疫グロブリン静注、その他に二分されます。流通チャネルでは、55歳未満、55歳以上。

ステークホルダーにとっての主なメリット
●情報に基づいた意思決定プロセスを可能にし、現在の市場状況と推定される将来動向に基づく市場分析を提供します。
●日本における重症筋無力症治療薬市場の主要企業が採用している主要戦略を分析します。
●日本重症筋無力症治療薬市場の成長に影響を与えると予測される上位要因を評価し、ランク付けします。
●トッププレイヤーのポジショニングは、市場プレイヤーの現在のポジションを明確に理解することができます。
●日本重症筋無力症治療薬市場のセグメンテーションの詳細な分析は、市場機会を決定するのに役立ちます。
●市場における様々なオファリングの主要な投資ポケットを特定します。

本書のご購入で得られるその他の特典は以下の通りです:
●四半期ごとの最新情報および*(コーポレートライセンスのみ、表示価格でのご提供となります)
●無料アップデートとして、購入前または購入後に、クライアントが選択した5つの企業プロフィールを追加。
●5ユーザー・ライセンスおよびエンタープライズ・ユーザー・ライセンスのご購入の場合、次期バージョンを無料でご提供します。
●アナリストによる16時間のサポート* (購入後、レポートのレビューで追加のデータ要件が見つかった場合、質問や販売後の問い合わせを解決するためにアナリストによる16時間のサポートを受けることができます)
●15% の無料カスタマイズ* (レポートの範囲またはセグメントがお客様の要件と一致しない場合、15% は 3 営業日の無料作業に相当します。)
●ファイブおよびエンタープライズ・ユーザー・ライセンスの無料データ・パック。(エクセル版レポート)
●レポートが6~12ヶ月以上前の場合、無料で更新。
●24時間優先対応
●業界の最新情報とホワイトペーパーを無料で提供

本レポートで可能なカスタマイズ(追加費用とスケジュールがあります。)
●製品ベンチマーク/製品仕様と用途
●地域別の新規参入企業
●国、地域、グローバルレベルでの患者/疫学データ
●規制ガイドライン
●顧客の関心に特化した追加的な企業プロファイル
●国または地域の追加分析-市場規模および予測
●企業プロファイルの拡張リスト
●過去の市場データ
●SWOT分析

主要市場セグメント

年齢層別
●55歳未満
●55歳以上

薬剤クラス別
●モノクローナル抗体
●免疫グロブリン静注用
●その他

流通チャネル別
●病院薬局
●ドラッグストア・小売薬局
●オンラインプロバイダー

●主な市場プレイヤー
○ Astellas Pharma
○ GlaxoSmithKline
○ Takeda Pharmaceutical
○ Daiichi Sankyo
○ Teva Pharmaceutical Industries
○ Torii Pharmaceutical
○ UCB
○ Merck & Co.
○ Pfizer
○ Genzyme Corporation

第1章: イントロダクション
1.1. 報告書の内容
1.2. 主要市場セグメント
1.3. ステークホルダーにとっての主なメリット
1.4. 調査方法
1.4.1. 一次調査
1.4.2. 二次調査
1.4.3. アナリストのツールとモデル
第2章 エグゼクティブサマリー
2.1. CXOの視点
第3章 市場概要
3.1. 市場の定義と範囲
3.2. 主な調査結果
3.2.1. 主な影響要因
3.2.2. 上位の投資ポケット
3.3. ファイブフォース分析
3.4. 市場動向
3.4.1. 促進要因
3.4.2. 阻害要因
3.4.3. 機会
3.5. COVID-19による市場への影響分析
第4章:日本の重症筋無力症治療薬市場:薬剤クラス別
4.1. 概要
4.1.1. 市場規模・予測:薬剤クラス別
4.2. モノクローナル抗体
4.3. 静注用免疫グロブリン
4.4. その他
第5章 日本の重症筋無力症治療薬市場:年齢層別
5.1. 概要
5.1.1. 市場規模・予測:年齢層別
5.2. 55歳以下
5.3. 55歳以上
第6章 日本の重症筋無力症治療薬市場:流通チャネル別
6.1. 概要
6.1.1. 市場規模・予測:流通チャネル別
6.2. 病院薬局
6.3. ドラッグストア・小売薬局
6.4. オンラインプロバイダー
第7章 競争状況
7.1. イントロダクション
7.2. 上位の勝利戦略
7.3. 上位10社の製品マッピング
7.4. 競合ダッシュボード
7.5. 競合ヒートマップ
7.6. トッププレーヤーのポジショニング、2022年
第8章 企業情報

*** レポート目次(コンテンツ)***

CHAPTER 1: INTRODUCTION
1.1. Report Description
1.2. Key Market Segments
1.3. Key Benefits to the Stakeholders
1.4. Research Methodology
1.4.1. Primary Research
1.4.2. Secondary Research
1.4.3. Analyst Tools and Models
CHAPTER 2: EXECUTIVE SUMMARY
2.1. CXO Perspective
CHAPTER 3: MARKET OVERVIEW
3.1. Market Definition and Scope
3.2. Key Findings
3.2.1. Top Impacting Factors
3.2.2. Top Investment Pockets
3.3. Porter’s Five Forces Analysis
3.4. Market Dynamics
3.4.1. Drivers
3.4.2. Restraints
3.4.3. Opportunities
3.5. COVID-19 Impact Analysis on the market
CHAPTER 4: JAPAN MYASTHENIA GRAVIS TREATMENT MARKET, BY DRUG CLASS
4.1. Overview
4.1.1. Market Size and Forecast, By Drug class
4.2. Monoclonal antibodies
4.3. Intravenous immunoglobulin
4.4. Others
CHAPTER 5: JAPAN MYASTHENIA GRAVIS TREATMENT MARKET, BY AGE GROUP
5.1. Overview
5.1.1. Market Size and Forecast, By Age group
5.2. Below 55 years
5.3. Above 55 years
CHAPTER 6: JAPAN MYASTHENIA GRAVIS TREATMENT MARKET, BY DISTRIBUTION CHANNEL
6.1. Overview
6.1.1. Market Size and Forecast, By Distribution channel
6.2. Hospital pharmacies
6.3. Drug store and retail pharmacies
6.4. Online providers
CHAPTER 7: COMPETITIVE LANDSCAPE
7.1. Introduction
7.2. Top winning strategies
7.3. Product Mapping of Top 10 Player
7.4. Competitive Dashboard
7.5. Competitive Heatmap
7.6. Top player positioning, 2022
CHAPTER 8: COMPANY PROFILES
8.1. Company 1
8.1.1. Company overview
8.1.2. Key Executives
8.1.3. Company snapshot
8.1.4. Operating business segments
8.1.5. Product portfolio
8.1.6. Business performance
8.1.7. Key strategic moves and developments
8.2. Company 2
8.2.1. Company overview
8.2.2. Key Executives
8.2.3. Company snapshot
8.2.4. Operating business segments
8.2.5. Product portfolio
8.2.6. Business performance
8.2.7. Key strategic moves and developments
8.3. Company 3
8.3.1. Company overview
8.3.2. Key Executives
8.3.3. Company snapshot
8.3.4. Operating business segments
8.3.5. Product portfolio
8.3.6. Business performance
8.3.7. Key strategic moves and developments
8.4. Company 4
8.4.1. Company overview
8.4.2. Key Executives
8.4.3. Company snapshot
8.4.4. Operating business segments
8.4.5. Product portfolio
8.4.6. Business performance
8.4.7. Key strategic moves and developments
8.5. Company 5
8.5.1. Company overview
8.5.2. Key Executives
8.5.3. Company snapshot
8.5.4. Operating business segments
8.5.5. Product portfolio
8.5.6. Business performance
8.5.7. Key strategic moves and developments
8.6. Company 6
8.6.1. Company overview
8.6.2. Key Executives
8.6.3. Company snapshot
8.6.4. Operating business segments
8.6.5. Product portfolio
8.6.6. Business performance
8.6.7. Key strategic moves and developments
8.7. Company 7
8.7.1. Company overview
8.7.2. Key Executives
8.7.3. Company snapshot
8.7.4. Operating business segments
8.7.5. Product portfolio
8.7.6. Business performance
8.7.7. Key strategic moves and developments
8.8. Company 8
8.8.1. Company overview
8.8.2. Key Executives
8.8.3. Company snapshot
8.8.4. Operating business segments
8.8.5. Product portfolio
8.8.6. Business performance
8.8.7. Key strategic moves and developments
8.9. Company 9
8.9.1. Company overview
8.9.2. Key Executives
8.9.3. Company snapshot
8.9.4. Operating business segments
8.9.5. Product portfolio
8.9.6. Business performance
8.9.7. Key strategic moves and developments
8.10. Company 10
8.10.1. Company overview
8.10.2. Key Executives
8.10.3. Company snapshot
8.10.4. Operating business segments
8.10.5. Product portfolio
8.10.6. Business performance
8.10.7. Key strategic moves and developments



*** 免責事項 ***
https://www.globalresearch.co.jp/disclaimer/



※注目の調査資料
※当サイト上のレポートデータは弊社H&Iグローバルリサーチ運営のMarketReport.jpサイトと連動しています。
※当市場調査資料(ALD24JAN0094 )"重症筋無力症治療薬の日本市場2023-2032:機会分析・産業予測" (英文:Japan Myasthenia Gravis Treatment Market By Drug class (Monoclonal antibodies, Intravenous immunoglobulin, Others), By Age group (Below 55 years, Above 55 years), By Distribution channel (Hospital pharmacies, Drug store and retail pharmacies, Online providers): Opportunity Analysis and Industry Forecast, 2023-2032)はAllied Market Research社が調査・発行しており、H&Iグローバルリサーチが販売します。


◆H&Iグローバルリサーチのお客様(例)◆


※当サイトに掲載していない調査資料も弊社を通してご購入可能ですので、お気軽にご連絡ください。ウェブサイトでは紹介しきれない資料も数多くございます。
※無料翻訳ツールをご利用いただけます。翻訳可能なPDF納品ファイルが対象です。ご利用を希望されるお客様はご注文の時にその旨をお申し出ください。