« ニュース一覧へ

「分子生物学用酵素・キット・試薬の世界市場予測(~2022年):PCR、シーケンシング、クローニング、エピジェネティクス」調査レポートを販売開始


MarketsandMarketsが発行した「分子生物学用酵素・キット・試薬の世界市場予測(~2022年):PCR、シーケンシング、クローニング、エピジェネティクス」調査資料の取扱・販売をMarketReport.jpサイト(www.MarketReport.jp、取扱レポート数は日本最大級)にて開始しました。グローバル市場規模、市場動向、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査資料の概要 *****
◆日本語タイトル:分子生物学用酵素・キット・試薬の世界市場予測(~2022年):PCR、シーケンシング、クローニング、エピジェネティクス
◆英語タイトル:Molecular Biology Enzymes and Kits & Reagents Market by Product (Kits & Reagents, Enzymes), Application (PCR, Sequencing, Cloning, Epigenetics), End User (Academic & Research Institutes, Hospitals & Diagnostic Centers), and Region – Global Forecast to 2022
◆商品コード:MAM-BT-2612
◆発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
◆発行日:2017年10月10日
◆ページ数:176
◆レポート言語:英語
◆レポート形式:PDF
◆納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
◆調査対象地域:グローバル
◆産業分野:バイオ技術

***** 調査資料の目次(一部抜粋) *****
当調査レポートでは、分子生物学用酵素・キット・試薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、分子生物学用酵素・キット・試薬の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。

・イントロダクション
・エグゼクティブサマリー
・分子生物学用酵素・キット・試薬の世界市場:市場インサイト
・分子生物学用酵素・キット・試薬の世界市場:市場概観/市場動向
・分子生物学用酵素・キット・試薬の世界市場:市場シェア分析
・分子生物学用酵素・キット・試薬の世界市場:製品別分析/市場規模
・分子生物学用酵素・キット・試薬の世界市場:用途別分析/市場規模
・分子生物学用酵素・キット・試薬の世界市場:需要先別分析/市場規模
・分子生物学用酵素・キット・試薬の世界市場:地域別分析/市場規模
・分子生物学用酵素・キット・試薬のアジア市場規模予測
・分子生物学用酵素・キット・試薬のヨーロッパ市場規模予測
・分子生物学用酵素・キット・試薬のアメリカ市場規模予測
・分子生物学用酵素・キット・試薬の世界市場動向
・分子生物学用酵素・キット・試薬の世界市場:競争状況
・分子生物学用酵素・キット・試薬の世界市場:関連企業分析

※「分子生物学用酵素・キット・試薬の世界市場予測(~2022年):PCR、シーケンシング、クローニング、エピジェネティクス」レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/molecular-biology-enzymes-kits-reagents-mam-bt-2612-data

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://markets.globalresearch.co.jp/
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。)


※おすすめ調査資料