チャイルドケアの世界市場(2019年~2029年)

■ 英語タイトル:Child Care - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2019 - 2029

調査会社Mordor Intelligence社が発行したリサーチレポート(データ管理コード:MOR24MCH048)■ 発行会社/調査会社:Mordor Intelligence
■ 商品コード:MOR24MCH048
■ 発行日:2024年2月
■ 調査対象地域:グローバル
■ 産業分野:サービス
■ ページ数:110
■ レポート言語:英語
■ レポート形式:PDF
■ 納品方式:Eメール(受注後2-3営業日)
■ 販売価格オプション(消費税別)
Single User(1名様閲覧)USD4,750 ⇒換算¥703,000見積依頼/購入/質問フォーム
Site Licence(同一拠点内で共有可)USD6,500 ⇒換算¥962,000見積依頼/購入/質問フォーム
Corporate License(複数拠点内で共有可)USD8,750 ⇒換算¥1,295,000見積依頼/購入/質問フォーム
販売価格オプションの説明はこちらで、ご購入に関する詳細案内はご利用ガイドでご確認いただけます。
※お支払金額は「換算金額(日本円)+消費税+配送料(Eメール納品は無料)」です。
※Eメールによる納品の場合、通常ご注文当日~2日以内に納品致します。
※レポート納品後、納品日+5日以内に請求書を発行・送付致します。(請求書発行日より2ヶ月以内の銀行振込条件、カード払いも可能)
Mordor Intelligence社の概要及び新刊レポートはこちらでご確認いただけます。

★グローバルリサーチ資料[チャイルドケアの世界市場(2019年~2029年)]についてメールでお問い合わせはこちら
*** レポート概要(サマリー)***

チャイルドケア市場は、基準年に2,099億2,000万米ドルと評価され、予測期間中に10.10%のCAGRを記録して3,396億2,000万米ドルに達すると予測されています。
COVID-19が市場成長に大きな影響を与えました。パンデミックは、一時的・恒久的な施設の閉鎖、幼児教育・チャイルドケア(ECEC)の場所に対する需要の減少、労働力の課題により、幼児教育・チャイルドケアに影響を与えました。例えば、2021年10月にNational Day Nurseries Association (NDNA)とEducation Policy Institute (EPI)が発表した調査によると、イングランドでは、2020年8月から11月の間に早期教育・ケアセンターの約73%が部分的または全面的に閉鎖され、2021年3月から5月の間には12%が全面的に、25%が部分的に少なくとも一度は閉鎖されたことが確認されています。また、同じ情報源によると、2020年4月から2021年3月の間に約232のチャイルドケア園が閉鎖され、イングランドの11,000人以上の子供たちに影響を与えました。これは、パンデミック期間中の市場成長に影響を与えました。しかし、規制が解除され、チャイルドケアサービスセンターが再開されたことで、調査された市場は元の成長ペースに戻りました。
ひとり親家庭の増加、幼児教育需要の高まり、新しい学習技術の採用拡大、施設内チャイルドケア施設の増加などの要因が、予測期間中の市場成長を押し上げると予想されます。
ひとり親家庭の数は世界的に増加しており、子供に必要な配慮をすることが難しいため、子供の早期教育や福利厚生のために託児所やその他のチャイルドケアサービスの需要が高まっています。これは、予測期間中の市場成長を促進すると予想されます。例えば、米国CBSが発表した2022年の統計によると、ミレニアル世代の子供の約57%が未婚の母親から生まれており、2022年には米国で1500万世帯の母子家庭が報告されています。また、英国政府が発表した2021年の統計によると、英国では約296万世帯の母子家庭が報告されています。
さらに、子どもたちを教育するために革新的な技術やツールを採用することで、チャイルドケアサービスやチャイルドケア所に対する需要が高まり、市場の成長を後押ししています。例えば、2023年2月、新教育政策(NEP)の下、チャイルドケア所は、子供たちが遊びながら勉強できるアクティビティベースの学習ツール「Jaadui Pitara」を開始しました。
さらに、事業所内チャイルドケアサービスやチャイルドケア所の普及に向けた取り組みが活発化しており、予測期間中の市場成長が期待されます。例えば、2022年8月、ケララ州政府は、母乳育児を推進し、公共スペースでの母乳育児を正常化するために、公共サービス委員会(PSC)のオフィス内に託児所を設置する新プロジェクト「職場託児所」を開始しました。また、2021年7月には、地元企業向けのコミュニケーション・決済プラットフォームであるPodiumが、ユタ州の本社内にオンサイト託児所「Little Founders」を開設しました。同センターは、子どもたちに安全で健康的な教育環境を提供し、高品質で手ごろな価格のチャイルドケアという重要なニーズに応え、働く親に重要な柔軟性を提供します。
そのため、上記の要因のほか、ひとり親家庭の増加、新しい学習ツールの採用、施設内託児所の開設増加などにより、調査対象市場は予測期間中に成長する見込みです。しかし、チャイルドケアサービスにかかる費用の高さやサービス提供者の不足が、予測期間中の市場成長の妨げになると考えられます。

チャイルドケア市場の動向

早期教育・チャイルドケア分野は予測期間中に大幅に成長する見込み
早期教育・チャイルドケア分野は、子ども向けの高度な学習技術の開発が進んでいることや、政府の取り組みが活発化していることなどの要因により、予測期間中にチャイルドケア市場で大きな成長が見込まれます。
基礎段階にある子どもたちが楽しく学べるような新しい学習ソフトウェアやツールの増加は、同分野の成長を促進すると予測されています。例えば、Duolingoは2023年3月、インドで3歳から8歳の子どもが英語の読み書きを学習できるよう特別に設計された無料アプリ「Duolingo ABC」を発表しました。このアプリは、アルファベット、フォニックス、サイトワードをカバーする700以上の簡潔なレッスンを提供しています。
さらに、子供向けの早期教育やチャイルドケアサービスを推進する政府の取り組みが活発化していることも、予測期間中の同分野の成長を高めると予想されます。例えば、2022年12月、Dawoodi BohraコミュニティとDeepalayaは、インドのニューデリーのスラム地域の恵まれない子供たちに幼児教育とスキル、栄養と健康サポートを提供するプロジェクト「Rise – Early Childhood Care and Development Center」を開始しました。このプログラムでは、隣接する工場や建設現場で働く日雇い労働者を親に持つ2~6歳の子どもたち約100人を支援しています。
そのため、子供向けの新しい学習ツールの発売や、政府の取り組みや資金提供の増加により、調査対象セグメントは予測期間中に成長すると予想されます。

予測期間中、北米が大きな市場シェアを占める見込み
北米は、早期チャイルドケア・教育サービスに対する需要の増加、シングルマザーの増加、子ども向けの新しい学習技術の採用、政府のイニシアチブの高まりなどの要因により、チャイルドケア市場で大きなシェアを占めると予測されます。
米国国勢調査局が発表した2022年の統計によると、米国では18歳未満の子どもを持つひとり親家庭が約1,100万世帯あり、そのうち約80%をシングルマザーが占めています。また、カナダ政府が発表した2022年の統計によると、2022年にカナダに住んでいたひとり親家庭は約184万世帯でした。このように、この地域ではひとり親家庭の数が多いため、成長期に子どもを育て、適切な教育を受けさせるためのデイケアやその他のチャイルドケアサービスの需要が高まっています。このことは、予測期間中の市場成長を増大させると予想されます。
さらに、育児や教育を支援するための政府の取り組みや助成金の増加も、同地域の市場成長に寄与しています。例えば、2022年9月、メイン州保健福祉省(DHHS)は、メイン州の家庭が安全で手頃な価格で質の高いチャイルドケアを受けられるように改善するため、アメリカ救済計画法(American Rescue Plan Act)の資金1,360万米ドルを配布しました。メイン州における幼児教育従事者給与補助プログラムは、幼児の一般的なチャイルドケア水準を向上させ、毎月の給与を通じて幼児教育従事者の定期給与を増やし、継続的な教育を奨励することを目的としています。また、2022年7月、Kathy Hochul州知事は、州内の「チャイルドケアデザート」(十分なチャイルドケアスペースがない地域)で新たに認可、登録、認可されたチャイルドケアプログラムに対し、約7,000万米ドルの助成金を支給することを確認しました。この助成金は、COVID-19ワクチンの接種を支援し、恵まれない地域の新規チャイルドケア事業者に対して、プログラム開発、立ち上げ、人件費、職員の採用、研修、定着などを支援するものです。このような資金援助により、地域全体のチャイルドケア事業者数とそのサービス数が増加し、市場の成長に寄与することが期待されます。
したがって、ひとり親家庭の増加や政府による取り組みの拡大など、上記の要因により、調査対象市場は予測期間中に成長すると予想されます。

チャイルドケア産業の概要

チャイルドケア市場は、大企業と中小企業の存在により断片化されています。同市場の主要企業には、Bright Horizons Family Solutions, Inc.、KinderCare Education、Learning Care Group, Inc.、Cadence Education、Fortune Kindergarten、Goodstart Early Learningなどがあります。

その他のメリット
エクセル形式の市場予測シート
3ヶ月間のアナリストサポート

*** レポート目次(コンテンツ)***

1 はじめに
1.1 前提条件・市場定義
1.2 調査範囲

2 調査方法

3 エグゼクティブサマリー

4 市場動向
4.1 市場概要
4.2 市場促進要因
4.2.1 ひとり親家庭の増加
4.2.2 チャイルドケア&早期教育への高い需要と新しい学習技術の採用
4.2.3 オンサイトケア施設の増加
4.3 市場の阻害要因
4.3.1 サービスコストの高さ
4.3.2 サービスプロバイダーの不足
4.4 ポーターのファイブフォース分析
4.4.1 買い手/消費者の交渉力
4.4.2 サプライヤーの交渉力
4.4.3 新規参入者の脅威
4.4.4 代替製品の脅威
4.4.5 ライバルとの激しい競争

5 市場セグメント(市場規模-米ドル)
5.1 タイプ別
5.1.1 アーリーケア
5.1.2 早期教育&デイケア
5.1.3 バックアップケア
5.1.4 その他のタイプ(シェアードナニー、ベビーシッター、親族ケア)
5.2 配達タイプ別
5.2.1 オーガナイズドケア施設
5.2.2 在宅型
5.3 地域
5.3.1 北米
5.3.1.1 米国
5.3.1.2 カナダ
5.3.1.3 メキシコ
5.3.2 欧州
5.3.2.1 ドイツ
5.3.2.2 イギリス
5.3.2.3 フランス
5.3.2.4 イタリア
5.3.2.5 スペイン
5.3.2.6 その他のヨーロッパ
5.3.3 アジア太平洋
5.3.3.1 中国
5.3.3.2 日本
5.3.3.3 インド
5.3.3.4 オーストラリア
5.3.3.5 韓国
5.3.3.6 その他のアジア太平洋地域
5.3.4 中東・アフリカ
5.3.4.1 GCC
5.3.4.2 南アフリカ
5.3.4.3 その他の中東・アフリカ地域
5.3.5 南米
5.3.5.1 ブラジル
5.3.5.2 アルゼンチン
5.3.5.3 その他の南米

6 競争環境
6.1 企業プロフィール
6.1.1 Bright Horizons Family Solutions, Inc.
6.1.2 KinderCare Education
6.1.3 Learning Care Group, Inc.
6.1.4 Spring Education Group.
6.1.5 Cadence Education
6.1.6 The Learning Experience
6.1.7 Childcare Network
6.1.8 Goddard Systems
6.1.9 Heamac Healthcare Pvt. Ltd
6.1.10 Crestar Education Group
6.1.11 Fortune Kindergarten
6.1.12 Goodstart Early Learning
6.1.13 Beanstalk Education Group

7 市場機会と今後の動向



*** チャイルドケアの世界市場に関するよくある質問(FAQ) ***

・チャイルドケアの世界市場規模は?
→Mordor Intelligence社はXXのチャイルドケアの世界市場規模を2,099億2,000万米ドルと推定しています。

・チャイルドケアの世界市場予測は?
→Mordor Intelligence社はXXのチャイルドケアの世界市場規模を3,396億2,000万米ドルと予測しています。

・チャイルドケア市場の成長率は?
→Mordor Intelligence社はチャイルドケアの世界市場がに年平均10.1%成長すると展望しています。

・世界のチャイルドケア市場における主要プレイヤーは?
→「Bright Horizons Family Solutions, Inc.、KinderCare Education、Learning Care Group, Inc.、Spring Education Group.、Cadence Education、The Learning Experience、Childcare Network、Goddard Systems、Heamac Healthcare Pvt. Ltd、Crestar Education Group、Fortune Kindergarten、Goodstart Early Learning、Beanstalk Education Group ...」をチャイルドケア市場のグローバル主要プレイヤーとして判断しています。

※上記FAQの市場規模、市場予測、成長率、主要企業に関する情報は本レポートの概要を作成した時点での情報であり、最終レポートの情報と少し異なる場合があります。

*** 免責事項 ***
https://www.globalresearch.co.jp/disclaimer/



※注目の調査資料
※当サイト上のレポートデータは弊社H&Iグローバルリサーチ運営のMarketReport.jpサイトと連動しています。
※当市場調査資料(MOR24MCH048 )"チャイルドケアの世界市場(2019年~2029年)" (英文:Child Care - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2019 - 2029)はMordor Intelligence社が調査・発行しており、H&Iグローバルリサーチが販売します。


◆H&Iグローバルリサーチのお客様(例)◆


※当サイトに掲載していない調査資料も弊社を通してご購入可能ですので、お気軽にご連絡ください。ウェブサイトでは紹介しきれない資料も数多くございます。
※無料翻訳ツールをご利用いただけます。翻訳可能なPDF納品ファイルが対象です。ご利用を希望されるお客様はご注文の時にその旨をお申し出ください。