自律型無人潜水機(AUV)市場:形状(魚雷、層流ボディ、流線型長方形スタイル、マルチハルビークル)、タイプ(浅層、中層、大型AUV)、技術(イメージング、ナビゲーション、推進)、ペイロード別 – 2028年までの世界予測

※本調査資料は英文PDF形式で、次の内容は英語を日本語に自動翻訳したものです。調査資料の詳細内容はサンプルでご確認ください。

❖本調査資料に関するお問い合わせはこちら❖

自律型水中探査機(AUV)市場は2022年に16億米ドルと評価され、2023年から2028年までの年平均成長率は22.4%で、2028年には49億米ドルに達すると予測されています。AUVの運用コストが高いことなどが市場成長の阻害要因となっている。

市場のダイナミクス:
ドライバー世界各国における国防費の増加
安全保障問題、紛争地域に対する懸念、脅威によって、世界の国防費は大幅に増加している。例えば、ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)が2023年4月に発表した世界の軍事費に関する新しいデータによると、2022年の世界の軍事費総額は実質ベースで3.7%増加し、22,400億米ドルに達した。2022年における3大支出国(米国、中国、ロシア)は、世界全体の56%を占めた。

米情報機関の年次脅威評価(ATA)2023によれば、北京は台湾が統一に向かうよう圧力をかけ、誘導策を提供し続ける。北京は、米台間の関与が強まっていると見なし、これに反発するだろう。北京は2022年の行動をベースに、台湾海峡の中央線通過やミサイルによる台湾上空通過を増やす可能性がある。南シナ海では、北京は引き続き、空軍、海軍、沿岸警備隊、民兵部隊の数を増やし、ライバルの領有権主張者を威嚇し、中国が係争地域を実効支配していることを示そうとするだろう。同様に、中国は東シナ海の係争地域をめぐって日本に圧力をかけている。

世界各国は、水中の脅威から国境を守るため、最先端の技術を駆使している。現在のグローバルなシナリオでは、海賊、テロリスト、船員からの脅威が増加している。このため、海洋国境全体で安全保障上の問題が生じている。例えば、2021年7月、アラビア海のオマーン沖で海賊による石油タンカー(イスラエルを拠点とする億万長者とつながっていた)への攻撃があった。また、2019年の国連報告書によれば、海底は無秩序な海底ケーブルのもつれとなっており、国際平和と安全に対する新たな脅威となっている。

制約:AUVの高い運用コスト
自律型無人潜水機(AUV)の運用コストは高い。AUVの運用コスト全体に寄与するいくつかの要因は、開発と取得、メンテナンスと修理、訓練、人員、任務別コスト、ロジスティクスとサポート、データ処理と分析である。これらは高価な海洋システムである。例えば、水深3,000mまで対応するA18 AUV(Exail Technologies SA)のコストは200万~600万米ドルである。探査・調査活動に使用されるAUVの配備コストは、探査・調査ミッションの実際のコストに上乗せされる。さらに、AUVに関連するメンテナンス、製造、研究開発、システムの複雑さにかかる法外なコストも、採用の遅れにつながっている。しかし、環境モニタリングのような単純なミッションでは、AUVの使用が増えている。

チャンス今後の5Gによるインターネットの拡大が海底ケーブルの需要を促進する
1985年に最初の水中光ファイバーケーブルが登場して以来、水中ケーブルシステムは大陸横断通信の分野で重要な役割を果たしてきた。これらのシステムには、大容量、高信頼性、優れた通信品質など、いくつかの利点がある。しかし、海底通信ケーブルは、地震や海流の乱れなどの自然現象や、人間の活動(錨や漁具)によって引き起こされる潜在的な危険や環境破壊に見舞われやすい。これらの問題を解決するために、AUVが多用されている。また、AUVは水中コネクタ(マリンコネクタまたはサブシーコネクタとも呼ばれる)のメンテナンスや損傷回復にも使用されている。これらのコネクタは、腐食性海水や圧力、振動や衝撃などの過酷な環境に耐えるように設計されているが、過酷な海洋環境では故障することもある。

埋設されたケーブルの状態を検査し、生存する海底環境を保護するためには、ケーブルのルートを追跡することが不可欠である。このような用途には、水中カメラ、サイドスキャンソナー、サブボトムプロファイラ、磁気センサなど、いくつかの技術が使用されている。しかし、これらのタイプのケーブルを発見するためには、AUVに内蔵された磁気センサーがケーブルルートを追跡するために広く使用されています。

課題海洋の自然災害や悪天候などの運用上の障害
深海AUVは、海底近く(低地では高度5m未満)まで潜ることができる。これは、AUVが地上の船舶や曳航機器よりもはるかに高い空間分解能と航行精度で海底マッピング、プロファイリング、画像データを収集できることを意味する。その結果、AUVはこのような厳しい環境で広く使用されている。AUVは現在、海洋学や考古学などさまざまな用途で使用されている。しかし、これらの環境ではAUVの生存が懸念される。その結果、AUVによって収集されるデータは、自然災害による車両喪失のリスクのために失われる可能性がある。この要因は、(機器の損失から生じる)金銭的な影響だけでなく、重要なデータの損失による調査期間の延長にもつながります。

技術別では、自律型水中航行体(AUV)市場のイメージング分野が予測期間中に最も高い成長率で成長すると予想されている。

同市場のイメージング分野は、予測期間中に最も高いCAGRで成長すると予測されている。AUVで使用されるイメージングシステムは、海底や周辺地域の写真を撮影することができ、海洋学や生息地の調査研究において研究者を支援する。イメージング技術の進歩は、石油・ガス 産業における検査活動のためのAUVの使用増加につながると期待されている。また、軍事・防衛分野でも捜索活動に使用されている。

予測期間中、魚雷セグメントが自律型水中探査機(AUV)市場の形状別シェアで最大を占める。

自律型水中探査機(AUV)市場の形状別では、魚雷型セグメントが最大の市場シェアを占めており、予測期間中に最も高い成長率で成長すると予測されている。このセグメントの成長は、魚雷型AUVの保管や船舶、航空機、ヘリコプターからの打ち上げが、大幅な改造なしに容易に行えることに起因している。これらのAUVの抗力は層流体AUVに次いで2番目に優れている。しかし、魚雷型AUVは安定しているため、速度と安定性のバランスがよく、層流体AUVよりも好まれる。魚雷型AUVは幅広い用途に使用できる。さらに、魚雷型AUVの船体は層流ボディAUVよりも表面積が広く、深海での用途に非常に適している。

アジア太平洋地域は、予測期間中に最も高いCAGRを示すと予想されている。

アジア太平洋地域の自律型水中探査機(AUV)市場は、予測期間中に最も高いCAGRで成長すると予測されており、この地域は2028年までに自律型水中探査機(AUV)市場で最大のシェアを占める可能性が高い。中国やインドなどの新興経済国の高いGDP成長率とともに、エネルギー需要の高まりが石油・ガス産業、ひいてはアジア太平洋地域のAUVメーカーに大きな成長機会をもたらしている。例えば、インドは水深1,500mのAdamya AUVを採用しており、潜水艦の魚雷発射管や水上艦から発進させることができる。Adamya AUVは、水路調査、水中地雷探知・対策、情報、監視、偵察任務に使用できる。

主要市場プレイヤー
KongsbergグループASA(ノルウェー)、Teledyne Technologies Incorporated(米国)、General Dynamics Corporation(米国)、Saab AB(スウェーデン)、Exail Technologies SA(フランス)、Lockheed Martin Corporation(米国)、Fugro N.V.(オランダ)、ATLAS ELEKTRONIK GmbH(ドイツ)、Boston Engineering Corporation(米国)、L3Harris Technologies Inc.(オランダ)、ATLAS ELEKTRONIK GmbH(ドイツ)、Boston Engineering Corporation(米国)、L3Harris Technologies, Inc.(米国)、Graal Tech S.r.l.(イタリア)、International Submarine Engineering Limited(カナダ)、Boeing(米国)などが市場で事業を展開する主要企業である。

この調査レポートは、自律型水中探査機(AUV)市場を技術、タイプ、形状、ペイロードタイプ、用途、地域に基づいて分類しています。

最近の動向
2023年2月、米海軍はロッキード・マーチン社に対し、ズムウォルト級誘導ミサイル駆逐艦(DDG)にCPS(Conventional Prompt Strike)兵器システムを搭載する契約を発注した。CPSは極超音速ブーストグライド兵器システムであり、マッハ5を超える速度での長距離ミサイル飛行を可能にし、敵の防衛に対する高い生存性を持つ。
2022年10月、Remontowa Shipbuilding S.A.(ポーランド)は、Kongsberg Group ASA(ノルウェー)と契約を結び、ポーランド海軍の新造艦3隻にHUGIN自律型水中ロボット(AUV)システムと関連するHiPAP測位・通信システムを供給した。


【目次】

1 はじめに (ページ – 32)
1.1 研究目的
1.2 市場の定義
1.3 調査範囲
1.3.1 対象市場
図1 市場セグメンテーション
1.3.2 含まれるものと除外されるもの
1.3.3 地域範囲
1.3.4年を考慮
1.4 通貨
1.5 利害関係者
1.6 変更点のまとめ
1.6.1 景気後退の影響

2 研究方法 (ページ – 37)
2.1 調査データ
図2 研究の流れ
図3 調査デザイン
2.1.1 二次データ
2.1.1.1 主な二次資料
2.1.1.2 二次資料からの主要データ
2.1.2 一次データ
2.1.2.1 専門家への一次インタビュー
2.1.2.2 プライマリーの内訳
2.1.3 二次調査と一次調査
2.1.3.1 主要業界インサイト
2.2 市場規模の推定
2.2.1 ボトムアップ・アプローチ
図4 市場規模の推定方法(供給側):自律型水中ビークル製品の販売による収益
図 5 市場規模の推定方法:ボトムアップ・アプローチ
2.2.2 トップダウン・アプローチ
2.2.2.1 トップダウン分析(需要サイド)によるシェア導出のアプローチ
図 6 市場規模の推定方法:トップダウン・アプローチ
2.3 データの三角測量
図7 データの三角測量
2.4 リサーチの前提
2.5 限界
2.6 リスク分析
2.7 景気後退がAV市場に与える影響を理解するためのアプローチ

3 事業概要 (ページ – 48)
図 8 予測期間中、画像処理分野が Auv 市場を支配する
図9 2028年にAuv市場で最大シェアを占めるのは大型Auvセグメント
図 10 魚雷部門は予測期間中に最も高い CAGR を記録する
図11 2023年のAuvペイロード市場はセンサー分野が最大シェアを占める
図12 アジア太平洋地域は2023年から2028年にかけて最も高い成長率を示す

4 プレミアム・インサイト (ページ – 53)
4.1 自律型水中航行体(Auv)市場におけるプレーヤーの主な機会
図13 2023年から2028年にかけてAuv市場を牽引するエネルギー需要の増大
4.2 自律型水中航行体(Auv)市場、タイプ別
図 14 予測期間中、大型 AUV 分野が最も高い CAGR を示す
4.3 アジア太平洋地域の自律型水中航行体(Auv)市場(用途別、国別
図15 中国と軍事・防衛分野が2023年に最大シェアを占める
4.4 自律型水中航行体(Auv)市場、用途別
図16 2028年、軍事・防衛分野がAuv市場で最大シェアを占める
4.5 自律型水中航行体(Auv)市場、国別
図17 2023年から2028年にかけて最も高い成長率を示すのはインド

5 市場概要(ページ – 56)
5.1 導入
5.2 市場ダイナミクス
図18 推進要因、阻害要因、機会、課題
5.2.1 ドライバー
5.2.1.1 海洋石油・ガス掘削活動への投資の増加
5.2.1.2 国境と海上の安全保障を確保するための先端技術の導入が進む
5.2.1.3 再生可能エネルギーへの嗜好の変化
5.2.2 拘束
5.2.2.1 高い開発・運用・保守コスト
5.2.3 機会
5.2.3.1 高速AUVへのニッケル水素電池の搭載
5.2.3.2 海底ケーブルと海底環境を保護するためのAUVの利用増加
図 19 水中コネクタ市場規模、2022~2027 年
5.2.4 課題
5.2.4.1 水中調査でAUVが目撃する低速、信号処理、環境問題
5.2.4.2 厳しい海洋環境によるデータ損失のリスクと研究期間の延長
5.3 顧客ビジネスに影響を与えるトレンド/混乱
5.3.1 自律型水中航行体(Auv)市場におけるプレーヤーの収益シフトと新たな収益ポケット
図20 Auv市場の収益シフト
5.4 価格分析:自律型水中航行体(Auv)市場
5.4.1 平均販売価格の動向
表1 自律型水中航行体の価格分析
図21 平均販売価格分析
5.4.2 Auvコンポーネントの平均コスト配分
表2 Auv全体のコストに対するコンポーネントの平均コスト配分
5.5 バリューチェーン分析
図 22 Auv 市場のバリューチェーン分析
5.6 エコシステム/市場マッピング
図23 Auv市場のエコシステム
表3 Auvエコシステムにおける企業の役割
5.7 技術分析
5.7.1 自律型水中航行体におけるモノのインターネット化
5.7.2 ロボットおよび自律型水中航行体の標準操作システムに関する研究
5.7.3 自律型水中航行体における人工知能チップ
5.8 ケーススタディ分析
5.8.1 テラデプスのアブソリュート・オーシャンがS.T.ハドソンの操業効率を高める
5.8.2 浅水域でシンプルな長時間航続が可能なAuvの開発
5.9 自律型水中航行体(Auv)市場:特許分析
図24 過去10年間に特許出願件数の多かった企業トップ10
表4 過去10年間の米国特許所有者トップ20
図25 2012年から2022年までの年間特許取得件数
5.9.1 主要特許のリスト
表5 自律型水中航行体(Auv)市場の主要特許一覧
5.10 貿易と関税の分析
5.10.1 貿易分析
5.10.1.1 HSコード900630の貿易データ
図26 輸入データ、国別、2018-2022年(千米ドル)
図27 輸出データ、国別、2018-2022年(千米ドル)
5.10.2 関税分析
表6 米国が水中用高解像度カメラの輸出に課す関税(2022年
表7 南アフリカが水中用高解像度カメラの輸出に課す関税(2022年
表8 水中用高解像度カメラの輸出に対するカナダの関税(2022年
表9 水中用高解像度カメラの輸出に英国が課す関税(2022年
表10 水中用高解像度カメラの輸出にフランスが課す関税(2022年
5.11 主要会議・イベント(2023-2024年
表11 自律型水中航行体(Auv)市場:会議・イベント一覧
5.12 規制の状況
5.12.1 北米
5.12.2 ヨーロッパ
5.13 ポーターの5つの力分析
表12 ポーターの5つの力が自律型水中オートバイ(Auv)市場に与える影響
図28 ポーターの5つの力分析
5.13.1 競争相手の激しさ
5.13.2 サプライヤーの交渉力
5.13.3 買い手の交渉力
5.13.4 代替品の脅威
5.13.5 新規参入の脅威
5.14 主要ステークホルダーと購買基準
5.14.1 購入プロセスにおける主要ステークホルダー
図 29 上位 3 アプリケーションの Auvs 購入プロセスにおける利害関係者の影響力
表13 上位3つの用途におけるAuvの購入プロセスに対する利害関係者の影響力
5.14.2 購入基準
図30 トップ3アプリケーションの主な購買基準
表14 トップ3アプリケーションの主な購入基準

6 自動水中ロボット(AUV)市場:技術別 (ページ – 82)
6.1 はじめに
図31 Auvの基本的特徴
図32 2023年から2028年にかけてイメージング分野が最も高い成長率を示す
表15 Auv市場、技術別、2019-2022年(百万米ドル)
表16 Auv市場、技術別、2023-2028年(百万米ドル)
6.2 衝突回避
6.2.1 SONARS
6.2.1.1 水中障害物を検知するためのAUVへのソナー技術の導入
表17 衝突回避:Auv市場、タイプ別、2019~2022年(百万米ドル)
表18 衝突回避:Auv市場、タイプ別、2023~2028年(百万米ドル)
6.3 コミュニケーション
表19 テレダイン・マリーン社(米国)のシーラプターAUVの通信オプション
6.3.1 音響通信
6.3.1.1 水中通信における音響波への依存
6.3.2 衛星通信
6.3.2.1 AUVとオペレーター間のリアルタイムデータ転送を可能にする衛星通信の採用
表 20 通信:Auv 市場、タイプ別、2019-2022 年(百万米ドル)
表 21 通信:Auv 市場、タイプ別、2023~2028 年(百万米ドル)
6.4 ナビゲーション
6.4.1 コンパスベースのナビゲーション
6.4.1.1 航行精度を高めるためのAUVにおけるコンパスベースのシステムの使用
6.4.2 慣性航法
6.4.2.1 深海用途における慣性航法システムの採用
表22 ナビゲーション:Auv市場、タイプ別、2019-2022年(百万米ドル)
表23 ナビゲーション:Auv市場、タイプ別、2023~2028年(百万米ドル)
表24 Auv市場、ナビゲーションタイプ別、2019-2022年(百万米ドル)
表 25 Auv 市場、ナビゲーションタイプ別、2023-2028 年 (百万米ドル)
6.5 推進機
6.5.1 フィンコントロールアクチュエーター
6.5.1.1 ロール・ピッチ・ヨー制御のためのフィン制御アクチュエータのAUVへの利用
6.5.2 推進モーター
6.5.2.1 AUVへの推進モーターの採用による前進・後進の実現
6.5.3 ポンプモーター
6.5.3.1 可変速度制御を提供するためのDCブラシレスポンプモーターの使用
6.5.4 リニア電気機械アクチュエータ
6.5.4.1 油圧アクチュエータの低コスト代替としての電気機械アクチュエータの採用
6.5.5 バッテリー・モジュール
6.5.5.1 エネルギー貯蔵のためのAUVへのバッテリーモジュールの配備
表26 電池の種類
表27 Auvとそれぞれのバッテリー
6.5.5.2 応用電池技術と代替品
表 28 推進:Auv 市場、システム別、2019~2022 年(百万米ドル)
表 29 推進:Auv 市場、システム別、2023~2028 年(百万米ドル)
表30 推進:Auv市場、タイプ別、2019-2022年(百万米ドル)
表 31 推進:Auv 市場、タイプ別、2023~2028 年(百万米ドル)
6.5.6 推進システムのタイプ
6.5.6.1 電気系統
6.5.6.2 機械システム
6.5.6.3 ハイブリッド・システム
6.6 イメージング
6.6.1 サイドスキャンソナー(SSS)イメージャー
6.6.1.1 浅海調査におけるサイドスキャンソナーイメージャーの採用
6.6.2 マルチビームエコーサウンダー(Mbes)
6.6.2.1 海底マッピングのためのマルチビームエコーサウンダーの使用
6.6.3 サブボトムプロファイラ(Sbps)
6.6.3.1 底質内の層を検出するための海底プロファイラーへの依存
6.6.4 LED照明
6.6.4.1 より高い光出力を提供するLED照明の導入
表32 画像:Auv市場、タイプ別、2019年~2022年(百万米ドル)
表33 画像:Auv市場、タイプ別、2023年~2028年(百万米ドル)
表34 画像:Auv市場、システム別、2019-2022年(百万米ドル)
表35 画像処理:Auv市場、システム別、2023年~2028年(百万米ドル)

7 タイプ別自動水中ロボット(AUV)市場 (ページ – 101)
7.1 はじめに
図33 Auvの分類(深さ別
表36 各種Auvの特徴
図34 2023年から2028年にかけて最も高い成長率を示すのは大型SUVセグメント
表37 Auv市場、タイプ別、2019-2022年(百万米ドル)
表 38 Auv 市場、タイプ別、2023-2028 年(百万米ドル)
表39 Auv市場、タイプ別、2019-2022年(台)
表 40 Auv 市場、タイプ別、2023-2028 年(台)
7.2 浅いAuvs
7.2.1 海洋観測、航路図作成、地雷探査用途における浅海航行艇の採用
表41 浅型Auvの用途とOEM
表42 浅いAuv市場、技術別、2019~2022年(百万米ドル)
表 43 浅い Auv 市場、技術別、2023~2028 年 (百万米ドル)
表44 浅いAuv市場、用途別、2019-2022年(百万米ドル)
表 45 浅い Auv 市場、用途別、2023-2028 年 (百万米ドル)
表46 浅いAuv市場、用途別、2019-2022年(台)
表 47 浅い Auv 市場、用途別、2023~2028 年 (台)
表48 浅いAuv市場、形状別、2019-2022年(百万米ドル)
表 49 浅い Auv 市場、形状別、2023~2028 年 (百万米ドル)
7.3 中型AUV
7.3.1 軍事用途における中型AUVの利用
表50 中型AUVの用途とOEM
表 51 中型 Auv 市場、技術別、2019-2022 年(百万米ドル)
表 52 中型 Auv 市場、技術別、2023~2028 年(百万米ドル)
表53 中型Auv市場、形状別、2019-2022年(百万米ドル)
表 54 中型 Auv 市場、形状別、2023-2028 年 (百万米ドル)
表 55 中型 Auv 市場、用途別、2019-2022 年(百万米ドル)
表 56 中型 Auv 市場、用途別、2023-2028 年 (百万米ドル)
7.4 大型AUVS
7.4.1 深海マッピングおよび調査用途における大型AUVの使用
表 57 大型AVの用途とOEM
表58 大型Auv市場、技術別、2019-2022年(百万米ドル)
表59 大型Auv市場、技術別、2023-2028年(百万米ドル)
表60 大型Auv市場、用途別、2019-2022年(百万米ドル)
表 61 大型 Auv 市場、用途別、2023-2028 年 (百万米ドル)
表62 大型Auv市場、形状別、2019-2022年(百万米ドル)
表63 大型Auv市場、形状別、2023-2028年(百万米ドル)

8 形状別自動水中ロボット(AUV)市場 (ページ – 117)
8.1 導入
図35 魚雷部門は2023年から2028年にかけて最も高い成長率で成長する
表64 Auv市場、形状別、2019-2022年(百万米ドル)
表 65 Auv 市場、形状別、2023-2028 年 (百万米ドル)
8.2 トルペド
8.2.1 海洋工学用途での魚雷AUVの使用
図36 魚雷搭載UVの展示
表 66 魚雷:Auv市場、タイプ別、2019年~2022年(百万米ドル)
表 67 魚雷:Auv 市場:タイプ別 2023-2028 年(百万米ドル)
8.3 層流ボディ
8.3.1 国境の安全を確保するための層流体Auvsの採用
図37 層流体Auvsの展示
表 68 層流体:Auv 市場、タイプ別、2019-2022 年(百万米ドル)
表 69 層流体:Auv 市場:タイプ別 2023-2028 年(百万米ドル)
8.4 流線型の長方形スタイル
8.4.1 水中情報収集のための流線型の長方形型AUVの利用
表70 流線型の長方形スタイル:Auv市場、タイプ別、2019-2022年(百万米ドル)
表 71 流線型の長方形スタイル:Auv 市場:タイプ別 2023-2028 年 (百万米ドル)
8.5 マルチハル・ビークル
8.5.1 マルチハルビークルによる海底調査と磁気特性の研究
図38 マルチハル車の展示
表 72 マルチハルアウブ市場、タイプ別、2019 年~2022 年(千米ドル)
表 73 マルチハルアウブ市場、タイプ別、2023~2028 年(千米ドル)

9 自動水中ロボット(AUV)市場:ペイロードタイプ別 (ページ – 126)
9.1 はじめに
図 39 センサー部門は予測期間中最も高い成長率を示す
表 74 Auv 市場、ペイロードタイプ別、2019-2022 年 (百万米ドル)
表 75 Auv 市場、ペイロードタイプ別、2023-2028 年 (百万米ドル)
9.2 カメラ
表 76 カメラ:Auv市場、用途別、2019年~2022年(百万米ドル)
表 77 カメラ:Auv 市場:用途別 2023-2028 (百万米ドル)
表78 カメラ:Auv市場、タイプ別、2019-2022年(百万米ドル)
表 79 カメラ:Auv 市場:タイプ別 2023-2028 (百万米ドル)
9.2.1 高解像度デジタルスチルカメラ
9.2.1.1 水中固定資産を監視するための高解像度デジタルスチルカメラの使用
9.2.2 デュアルアイカメラ
9.2.2.1 3D画像を形成する2眼カメラの採用
9.3 センサー
表 80 センサー:Auv 市場、用途別、2019~2022 年(百万米ドル)
表 81 センサー:Auv 市場、用途別、2023~2028 年(百万米ドル)
9.3.1 導電率、温度、深度(CTD)センサー
9.3.1.1 水の組成を評価するためのAUVへのCTDセンサーの配備
9.3.2 生物地球化学センサー
9.3.2.1 乱流プローブ
9.3.2.1.1 海洋生物と環境変化を理解するための乱流プローブの使用
9.3.2.2 酸素、硝酸塩、クロロフィル、光合成活性放射(PAR)センサー
9.3.2.2.1 水中の酸素、硝酸塩、クロロフィル、PARを測定するセンサーへの依存
9.4 合成開口ソナー
9.4.1 水中音響イメージングのための合成開口ソナーの利用
表 82 合成開口ソナー:Auv 市場、用途別、2019~2022 年(百万米ドル)
表 83 合成開口ソナー:Auv 市場:用途別 2023-2028 年 (百万米ドル)
9.5 エコー・サウンダー
9.5.1 操縦士が海底を観察できるようにするための、船舶へのエコー・サウンダーの統合
表 84 エコーサウンダー:Auv 市場、用途別、2019 年~2022 年(百万米ドル)
表 85 エコーサウンダー:Auv 市場:用途別 2023-2028 年 (百万米ドル)
9.6 音響ドップラー電流プロファイラー
9.6.1 流速と水深を測定するための音響ドップラー流速プロファイラの使用
表 86 音響ドップラー電流プロファイラ:Auv 市場:用途別、2019 年~2022 年(百万米ドル)
表 87 音響ドップラー電流増殖装置:Auv 市場:用途別 2023-2028 年 (百万米ドル)
9.7 その他
表 88 その他:Auv市場、用途別、2019年~2022年(百万米ドル)
表 89 その他:Auv 市場:用途別 2023-2028 (百万米ドル)

10 自動水中ロボット(AUV)市場:用途別 (ページ – 138)
10.1 導入
図 40 予測期間中、考古学・探査分野が最も高い成長率を示す
表 90 Auv 市場、用途別、2019-2022 年(百万米ドル)
表 91 Auv市場、用途別、2023-2028年(百万米ドル)
10.2 軍事・防衛
表 92 軍事・防衛:Auv 市場、地域別、2019~2022 年(百万米ドル)
表 93 軍事・防衛:Auv 市場、地域別、2023 年~2028 年(百万米ドル)
表 94 北米:軍事・防衛用途の Auv 市場:国別、2019~2022 年(百万米ドル)
表 95 北米:軍事・防衛用途の Auv 市場:国別 2023-2028 年 (百万米ドル)
表 96 欧州:軍事・防衛用途の Auv 市場:国別、2019~2022 年(百万米ドル)
表 97 欧州:軍事・防衛用途の Auv 市場:国別 2023-2028 年 (百万米ドル)
表 98 アジア太平洋地域:軍事・防衛用途の Auv 市場:国別、2019 年~2022 年(百万米ドル)
表 99 アジア太平洋地域:軍事・防衛用途の Auv 市場:国別 2023-2028 年 (百万米ドル)
表100行:軍事・防衛用途のAuv市場、地域別、2019年~2022年(百万米ドル)
表 101:軍事・防衛用途の Auv 市場:地域別 2023-2028 年(百万米ドル)
10.2.1 国境警備と監視
10.2.1.1 国境警備と監視のためのソナー技術搭載AUVの利用
10.2.2 対潜水艦戦
10.2.2.1 海洋および沿岸域における対潜水艦戦の課題に対処するためのAUVの採用
10.2.3 密売防止と禁制品の監視
10.2.3.1 違法行為追跡のための通信技術搭載AUVの導入
10.2.4 環境アセスメント
10.2.4.1 AUVによる潮流・潮汐データの収集
10.2.5 地雷対策の識別
10.2.5.1 機雷探知・除去のためのAUVの展開
10.3 石油・ガス
表 102 石油・ガス:Auv市場、地域別、2019年~2022年(百万米ドル)
表103 石油・ガス:Auv市場、地域別、2023年~2028年(百万米ドル)
表 104 北米:石油・ガス用途の Auv 市場:国別、2019~2022 年(百万米ドル)
表 105 北米:石油・ガス用途の Auv 市場:国別 2023-2028 年 (百万米ドル)
表 106 欧州:石油・ガス用途の Auv 市場:国別、2019~2022 年(百万米ドル)
表 107 欧州:石油・ガス用途の Auv 市場:国別 2023-2028 年 (百万米ドル)
表 108 アジア太平洋地域:石油・ガス用途の Auv 市場:国別、2019 年~2022 年(百万米ドル)
表 109 アジア太平洋地域:石油・ガス用途の Auv 市場:国別 2023-2028 年 (百万米ドル)
表110行:石油・ガス用途のAuv市場、地域別、2019年~2022年(百万米ドル)
表111:石油・ガス用途のAuv市場:地域別2023~2028年(百万米ドル)
10.3.1 パイプライン調査
10.3.1.1 サイドスキャンソナーによるパイプラインのリアルタイム探知・追跡
10.3.2 物理探査
10.3.2.1 伝統的な場所や調査ルートの検査にAUVの採用
10.3.3 瓦礫/クリアランス調査
10.3.3.1 瓦礫評価における時間効率の高いAUVの展開
10.3.4 ベースライン環境アセスメント
10.3.4.1 海底の種類を分類するためのAUVの利用
10.4 環境保護とモニタリング
表 112 環境保護とモニタリング:Auv 市場、地域別、2019 年~2022 年(百万米ドル)
表 113 環境保護とモニタリング:Auv 市場、地域別、2023 年~2028 年(百万米ドル)
表 114 北米:環境保護・監視用途の Auv 市場(国別):2019 年~2022 年(百万米ドル
表 115 北米:環境保護・監視用途の Auv 市場:国別 2023-2028 年 (百万米ドル)
表 116 欧州:環境保護・監視用途の Auv 市場:国別、2019~2022 年(千米ドル)
表 117 欧州:環境保護とモニタリング用途の Auv 市場:国別 2023-2028 年 (千米ドル)
表 118 アジア太平洋地域:環境保護・モニタリング用途の Auv 市場:国別、2019 年~2022 年(百万米ドル)
表 119 アジア太平洋地域:環境保護・監視アプリケーション向け Auv 市場:国別 2023-2028 年 (百万米ドル)
表 120 行:環境保護・監視用途の Auv 市場、地域別、2019 年~2022 年(百万米ドル)
表 121 行:環境保護・モニタリング用途の Auv 市場:地域別 2023-2028 年 (百万米ドル)
10.4.1 生息地調査
10.4.1.1 海洋生息環境を調査するためのAUVの利用
10.4.2 採水
10.4.2.1 塩分濃度やその他の水の物理的特性を測定するためのAUVの採用
10.4.3 漁業調査
10.4.3.1 乱獲の影響を測定するためのAUVの受け入れ
10.4.4 緊急対応
10.4.4.1 ハリケーン後の海底インフラ評価におけるAUVの利用
10.5 海洋学
10.5.1 時間と空間スケールに関連したデータを受信するための研究者によるAuvの配備
表 122 海洋調査:Auv 市場、地域別、2019 年~2022 年(百万米ドル)
表 123:海洋学:Auv 市場、地域別、2023 年~2028 年(百万米ドル)
表 124 北米:海洋学アプリケーション向け Auv 市場:国別、2019~2022 年(百万米ドル)
表 125 北米:海洋学アプリケーション向け Auv 市場:国別 2023-2028 年 (百万米ドル)
表 126 欧州:海洋学アプリケーション向け Auv 市場:国別、2019 年~2022 年(千米ドル)
表 127 欧州:海洋学アプリケーション向け Auv 市場:国別 2023-2028 年 (千米ドル)
表 128 アジア太平洋地域:海洋学アプリケーション向け Auv 市場:国別、2019 年~2022 年(千米ドル)
表 129 アジア太平洋地域:海洋学アプリケーション向け Auv 市場:国別 2023-2028 年 (千米ドル)
表 130 行:海洋学アプリケーション向け Auv 市場、地域別、2019 年~2022 年(千米ドル)
表 131 行:海洋学アプリケーション向け Auv 市場の地域別 2023-2028 年 (千米ドル)
10.6 考古学と探検
10.6.1 水中遺跡を特定するためのAuvの使用
表132 考古学・探査:Auv市場、地域別、2019年~2022年(百万米ドル)
表 133 考古学と探査:Auv 市場、地域別、2023 年~2028 年(百万米ドル)
表 134 北米:考古学・探査用途の Auv 市場:国別、2019 年~2022 年(百万米ドル)
表 135 北米:考古学・探査用途の Auv 市場:国別 2023-2028 年 (百万米ドル)
表 136 欧州:考古学・探査用途の Auv 市場:国別、2019 年~2022 年(千米ドル)
表 137 欧州:考古学・探査用途の Auv 市場:国別 2023-2028 年 (千米ドル)
表 138 アジア太平洋地域:考古学・探査用途のAuv市場(国別)、2019年~2022年(百万米ドル
表 139 アジア太平洋地域:考古学・探査用途の Auv 市場(国別) 2023-2028 年 (百万米ドル
表 140 列:考古学・探査用途の Auv 市場、地域別、2019 年~2022 年(百万米ドル)
表 141 行:考古学・探査用途の Auv 市場:地域別 2023-2028 年 (百万米ドル)
10.7 捜索・救助活動
10.7.1 難破船発見のためのAuvの採用
表 142 サーチ&サルベージ業務:Auv 市場、地域別、2019~2022 年(百万米ドル)
表 143 サーチ&サルベージ業務:Auv 市場:地域別 2023-2028 年 (百万米ドル)
表 144 北米:捜索・救難活動用途の Auv 市場(国別):2019~2022 年(百万米ドル
表 145 北米:捜索・救難活動用途の Auv 市場(国別) 2023-2028 年 (百万米ドル
表 146 欧州:捜索・救難活動用途の Auv 市場:国別、2019~2022 年(千米ドル)
表 147 欧州:捜索・救難活動用途の Auv 市場(国別):2023~2028 年(千米ドル
表 148 アジア太平洋地域:捜索・救難活動用途の Auv 市場(国別)、2019~2022 年 (千米ドル
表 149 アジア太平洋地域:捜索・救難活動用途の Auv 市場(国別) 2023-2028 年 (千米ドル
表 150 行:捜索・救難活動用途の Auv 市場、地域別、2019~2022 年(千米ドル)
表 151 行:捜索・救難活動用途の Auv 市場:地域別 2023-2028 年 (千米ドル)

11 地域別分析 (ページ – 170)
11.1 イントロダクション
図 41 アジア太平洋セグメントは2023年から2028年にかけて最も高い成長率で成長する
表152 Auv市場、地域別、2019-2022年(百万米ドル)
表153 Auv市場、地域別、2023-2028年(百万米ドル)
11.2 北米
図 42 北米:Auv 市場のスナップショット
表 154 北米:Auv市場:国別、2019年~2022年(百万米ドル)
表 155 北米:Auv 市場:国別 2023-2028 (百万米ドル)
表 156 北米:Auv市場、用途別、2019年~2022年(百万米ドル)
表 157 北米:Auv 市場:用途別 2023-2028 (百万米ドル)
11.2.1 北米市場における景気後退の影響
図 43 北米におけるAuv市場の景気後退前後の分析
11.2.2 米国
11.2.2.1 海底検査とマッピングにおけるAUVへの依存
11.2.2.2 AUVに関する規則と規制
11.2.2.2.1 AUVオペレーターとメーカーに対する規制の導入
11.2.3 カナダ
11.2.3.1 厚い氷層下での調査へのAUVの採用
11.2.4 メキシコ
11.2.4.1 水中生息地調査におけるAUVの活用
11.3 ヨーロッパ
図 44 欧州:Auv 市場のスナップショット
表158 欧州:Auv市場、国別、2019年~2022年(百万米ドル)
表 159 欧州:Auv 市場:国別 2023-2028 (百万米ドル)
表 160 欧州:Auv市場、用途別、2019年~2022年(百万米ドル)
表 161 欧州:Auv 市場:用途別 2023-2028 (百万米ドル)
11.3.1 欧州市場における景気後退の影響
図45 欧州のAuv市場の景気後退前後の分析
11.3.2 英国
11.3.2.1 AUV実証試験実施契約の締結
11.3.2.2 英国の規則と規定
11.3.2.2.1 MASに関する規制の枠組みの整備
11.3.3 ドイツ
11.3.3.1 革新的な海洋観測用AUVの導入
11.3.4 フランス
11.3.4.1 地雷探査におけるAUVやその他のロボットシステムへの依存
11.3.5 イタリア
11.3.5.1 水中遺跡探査へのAUVの採用
11.3.6 スペイン
11.3.6.1 違法な麻薬取引を制限するためのAUVの活用
11.3.7 その他のヨーロッパ
11.4 アジア太平洋
図 46 アジア太平洋地域:Auv 市場のスナップショット
表 162 アジア太平洋地域:Auv市場、国別、2019年~2022年(百万米ドル)
表 163 アジア太平洋地域:Auv市場、国別、2023年~2028年(百万米ドル)
表 164 アジア太平洋地域:Auv市場、用途別、2019年~2022年(百万米ドル)
表 165 アジア太平洋地域:Auv 市場:用途別 2023-2028 (百万米ドル)
11.4.1 アジア太平洋地域における景気後退の市場に対する影響
図47 アジア太平洋地域におけるAuv市場の景気後退前後の分析
11.4.2 中国
11.4.2.1 スマートな水中航行のためのAI搭載AUVの展開
11.4.3 インド
11.4.3.1 AUVによる海上パイプライン検査
11.4.4 日本
11.4.4.1 沿岸域を保護するためのAUVの利用
11.4.5 その他のアジア太平洋地域
11.5 ロウ
表 166 行:Auv市場、地域別、2019年~2022年(百万米ドル)
表 167 行:Auv市場、地域別、2023年~2028年(百万米ドル)
表168 行:Auv市場、用途別、2019年~2022年(百万米ドル)
表 169 列国:Auv市場、用途別、2023年~2028年(百万米ドル)
11.5.1 不況が列国市場に与えた影響
図48 列国におけるAuv市場の景気後退前後の分析
11.5.2 南米
11.5.2.1 海洋石油・ガス掘削用AUVの受け入れ
11.5.3 中東・アフリカ
11.5.3.1 海底マッピングと石油・ガス探査におけるAUVの利用

12 競争力のある景観 (ページ – 196)
12.1 概要
12.1.1 導入
12.2 主要プレーヤーの戦略
12.2.1 自律型水中航行体(Auv)市場で主要企業が採用した戦略の概要
12.3 トッププレーヤーの収益分析
図49 Auv市場における上位プレーヤーの収益分析(2020-2022年
12.4 2022年の自律型水中航行体(Auv)市場における主要企業の市場シェア分析
図50 2022年のAuv市場における主要企業の市場シェア分析
表170 自律型水中航行体(Auv)市場:競争の度合い
表171 自律型水中航行体(Auv)市場:主要企業のランキング分析
12.5 主要企業の評価マトリクス(2022年
12.5.1 スターズ
12.5.2 パーベイシブ・プレーヤー
12.5.3 新進リーダー
12.5.4 参加者
図51 Auv市場:企業評価マトリックス(2022年
12.6 競争ベンチマーキング
12.6.1 企業フットプリント、用途別(25社)
表 172 企業フットプリント(製品別)(25 社
12.6.2 地域別企業フットプリント(25社)
12.6.3 会社のフットプリント
12.7 2022年の新興企業/MEの評価マトリックス
12.7.1 進歩的企業
12.7.2 レスポンシブ企業
12.7.3 ダイナミック・カンパニー
12.7.4 スタートブロック
図52 AUV市場(世界):新興企業/事業評価マトリックス(2022年
表173 主要スタートアップ/メーカー一覧
12.8 競争シナリオとトレンド
12.8.1 製品の発売/開発
表174 自律型水中航行体(Auv)市場:製品の発売/開発(2020~2021年
12.8.2 ディールス
表175 自律型水中航行体(Auv)市場:取引(2020~2023年

13 企業プロフィール (ページ – 212)
(事業概要、提供製品、最近の展開、勝つためのMnMビュー、行った戦略的選択、弱みと競争上の脅威)。
13.1 はじめに
13.2 主要プレーヤー
13.2.1 コングスバーグ
表 176 コンスベルグ:会社概要
図 53 コングスバーグ:企業スナップショット
表 177 コンスベルグ:提供する製品/サービス/ソリューション
表 178 コンスベルグ:取引
13.2.2 テレダイン・テクノロジーズ・インコーポレーテッド
表 179 テレダイン・テクノロジーズ・インコーポレーテッド:会社概要
図 54 テレダイン・テクノロジーズ:企業スナップショット
表 180 テレダイン・テクノロジーズ・インコーポレーテッド:提供する製品/サービス/ソリューション
表 181 テレダイン・テクノロジーズ・インコーポレーテッド:製品発表
表 182 テレダイン・テクノロジーズ・インコーポレーテッド:取引実績
13.2.3 フグロ
表 183 フグロ:会社概要
図 55 フグロ:企業スナップショット
表 184 フグロ:提供する製品/サービス/ソリューション
表 185 フグロ:取引
13.2.4 ジェネラル・ダイナミクス・コーポレーション
表 186 ゼネラル・ダイナミクス・コーポレーション:会社概要
図 56 ジェネラル・ダイナミクス・コーポレーション:企業スナップショット
表 187 ゼネラルダイナミクス株式会社:提供する製品/サービス/ソリューション
表 188 ゼネラルダイナミクス社:製品の発売
表 189 ゼネラルダイナミクスコーポレーション:取引
13.2.5 SAAB
表190 サーブ:会社概要
図 57 サーブ:企業スナップショット
表 191 サーブ:提供する製品/サービス/ソリューション
表192 サーブ:取引
13.2.6 エクセイル・テクノロジー
193 エクセール・テクノロジーズ:会社概要
図 58 エクセール・テクノロジーズ:企業スナップショット
表 194 エクセイル・テクノロジー:提供する製品/サービス/ソリューション
表 195 エクセール・テクノロジーズ:製品発表
表 196 エクセール・テクノロジーズ:取引
13.2.7 ロッキード・マーチン・コーポレーション
表 197 ロッキード・マーチン・コーポレーション:会社概要
図 59 ロッキード・マーチン・コーポレーション:企業スナップショット
表 198 ロッキード・マーチン・コーポレーション:提供する製品/サービス/ソリューション
表 199 ロッキード・マーチン・コーポレーション:製品発表
表 200 ロッキード・マーチン・コーポレーション:取引実績
13.2.8 アトラス・エレクトロニク
表 201 アトラス・エレクトロニク:会社概要
表 202 アトラスエレクトロニク:提供する製品/サービス/ソリューション
表 203 アトラス・エレクトロニク:取引
13.2.9 L3Harris Technologies, Inc.
表204 L3HARRIS TECHNOLOGIES, INC.:会社概要
図60 L3HARRIS TECHNOLOGIES, INC.:会社概要
表205 L3HARRIS TECHNOLOGIES, INC.
表206 L3HARRIS TECHNOLOGIES, INC.:製品発表
13.2.10 ボストン・エンジニアリング
表 207 ボストン・エンジニアリング:会社概要
表 208 ボストン・エンジニアリング:提供する製品/サービス/ソリューション
表 209 ボストン・エンジニアリング:取引
13.3 その他の主要プレーヤー
13.3.1 インターナショナル・サブマリン・エンジニアリング社
13.3.2 天津亜瑟海洋科学技術有限公司
13.3.3 ファルマスサイエンティフィック社
13.3.4 テラデプス
13.3.5 エコサブ・ロボティクス・リミテッド
13.3.6鰻の毛として
13.3.7 ハイドロメア
13.3.8 ボーイング
13.3.9 グラールテックS.R.L.
13.3.10 riptide autonomous solutions llc
13.3.11 バルトロボティクス
13.3.12 ソナーダイン
13.3.13 OCEANS CAN LTD.
13.3.14 ザイレム
13.3.15 RTSYS
*事業概要、提供製品、最近の展開、MnMビュー、勝利への権利、行った戦略的選択、弱み、競争上の脅威に関する詳細は、未上場企業の場合、把握できない可能性がある。

14 付録(ページ番号 – 259)
14.1 ディスカッション・ガイド
14.2 Knowledgestore: マーケッツの購読ポータル
14.3 カスタマイズ・オプション
14.4 関連レポート
14.5 著者詳細

❖本調査レポートの見積依頼/サンプル/購入/質問フォーム❖
グローバル市場調査レポート販売会社