電力変電所自動化の世界市場2023年~2030年:種類別、提供別、コンポーネント別、地域別

■ 英語タイトル:Global Electric Power Substation Automation Market Size Study & Forecast, by Type (Transmission Substation, Distribution Substation), by Offering (Software, Hardware, Services), by Component (Intelligent Electronic Devices (IEDs), Programmable logic controller (PLC), Supervisory Control and Data Acquisition (SCADA), Others), and Regional Analysis, 2023-2030

調査会社Bizwit Research & Consulting社が発行したリサーチレポート(データ管理コード:BZW24MCH092)■ 発行会社/調査会社:Bizwit Research & Consulting
■ 商品コード:BZW24MCH092
■ 発行日:2024年2月
■ 調査対象地域:アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、スペイン、イタリア、中国、インド、日本、オーストラリア、韓国、ブラジル、メキシコ、中東
■ 産業分野:電力
■ ページ数:約200
■ レポート言語:英語
■ レポート形式:PDF
■ 納品方式:Eメール(受注後3営業日)
■ 販売価格オプション(消費税別)
Single User(1名様閲覧用、印刷不可)USD4,950 ⇒換算¥732,600見積依頼/購入/質問フォーム
Enterprisewide(同一法人内共有可)USD6,250 ⇒換算¥925,000見積依頼/購入/質問フォーム
販売価格オプションの説明はこちらで、ご購入に関する詳細案内はご利用ガイドでご確認いただけます。
※お支払金額は「換算金額(日本円)+消費税+配送料(Eメール納品は無料)」です。
※Eメールによる納品の場合、通常ご注文当日~2日以内に納品致します。
※レポート納品後、納品日+5日以内に請求書を発行・送付致します。(請求書発行日より2ヶ月以内の銀行振込条件、カード払いも可能)
Bizwit Research & Consulting社の概要及び新刊レポートはこちらでご確認いただけます。

★グローバルリサーチ資料[電力変電所自動化の世界市場2023年~2030年:種類別、提供別、コンポーネント別、地域別]についてメールでお問い合わせはこちら
*** レポート概要(サマリー)***

世界の電力変電所自動化市場は、2022年に約44億米ドルと評価され、2023年から2030年の予測期間中に4.5%以上の健全な成長率で成長すると予測されています。電力変電所自動化には、インテリジェント電子デバイス(IED)、通信ネットワーク、自動化ソフトウェアなどの先進技術を導入して、変電所の制御、監視、効率を高めることが含まれます。これらの変電所は、送電、配電、変電を促進することで、電力網において重要な役割を果たしています。リアルタイムでのデータ交換、遠隔操作、再生可能エネルギー源の統合を可能にし、電力網の信頼性と運用効率の向上に貢献します。信頼性の高い電力供給に対する需要の急増、再生可能エネルギー源の統合の高まり、重要インフラにおける電力への依存度の高まりが、世界的な市場需要の主な要因となっています。
加えて、送電網の近代化に重点が置かれるようになったことも、市場需要を大きく押し上げる要因となっています。配電網の信頼性と効率を高めるため、送電網の近代化に多額の投資を行っている国は世界各地にあります。例えば、2022年11月、アメリカエネルギー省(DOE)は、大統領の超党派インフラ法の一環として、国家電力網の拡張と強化のために130億米ドルを割り当てます。Grid Resilience Innovative Partnership(GRIP)プログラムを通じて配分されるこの資金は、送電円滑化プログラム(TFP)を含んでいます。送電・配電インフラに対する連邦政府の投資としては最大規模で、電力系統の能力を強化し、故障を防止するためのスマートグリッド補助金として30億米ドルが含まれています。さらに、山火事、ハリケーン、異常気象、洪水、暴風雨など、さまざまな危険に対処するためのGrid Resilience Utilityおよび業界補助金として25億米ドルが確保されています。この多額の投資は、総投資額200億米ドルを超えることを目指す政権の「より良い送電網の構築」イニシアティブにおける重要な一歩です。自動化は配電効率を向上させ、ダウンタイムを減らし、送電網全体の信頼性を高めます。送電網近代化イニシアチブは、従来の送電網をスマート送電網に変えることを目的としています。変電所の自動化はスマートグリッドの基本コンポーネントであり、配電プロセスのリアルタイム監視、制御、最適化を可能にします。したがって、これらの前述の要因は、推定期間にわたって電力変電所自動化市場の成長を推進しています。さらに、通信技術の急速な進歩や、政府や民間企業による電力インフラへの投資の増加は、予測期間中にさまざまな有利な機会を提示します。しかし、必要とされる初期投資の高さや、統合に伴う複雑さが、2023年から2030年の予測期間を通じて市場成長の課題となっています。

電力変電所自動化の世界市場調査において考慮された主要地域は、アジア太平洋、北米、ヨーロッパ、中南米、中東&アフリカなどです。北米は、IEC 61850、センサー技術、データ分析、オートメーションソフトウェアなどの通信プロトコルの急速な進歩とともに、再生可能エネルギー源の統合の増加、信頼性の高い電力供給への需要の高まりにより、2022年の市場を支配しました。一方、アジア太平洋地域は、予測期間中に最も速いCAGRで成長する見込みです。企業の間で5G技術を採用する傾向が強まっていることから、インテリジェント電子機器(IED)やプログラマブルロジックコントローラ(PLC)などのコンポーネントにこの先進技術が組み込まれています。さらに、公共事業の展開が増加し、農村部や都市部の電化が進んでいることも、この地域の市場需要を大きく押し上げています。

本レポートに含まれる主な市場プレイヤーは以下の通りです:

Honeywell International Inc.
NovaTech, LLC
Itron, Inc.
Hitachi, Ltd.
Rockwell Automation Inc.
Cisco Systems, Inc.
Eaton Corporation
Siemens AG
ABB Ltd.
Schneider Electric SE

市場における最近の動き:

・2022年4月、ABBはデジタル変電所製品のラインアップ強化を発表し、グジャラート州ヴァドダラに拡張デジタルシステム工場を開設しました。この工場は、インド国内だけでなく、50カ国以上で多様なデジタル変電製品およびソリューションに対する需要の増加に対応するものです。製造スペクトルはリレーなどのアイテムを包含する一方、ソリューションは配電ネットワークのための集中型保護および制御システムから配電自動化、バス転送システム、およびアーク保護に及びます。

・2023 年 4 月、Eatonはミシガン州アナーバーに最近開発されたミシガン大学の病院の重要な電気インフラの設計と建設の契約を確保しました。Eatonはインテリジェントな電気機器とターンキーエンジニアリングサービスの包括的なスイートを提供して堅牢な基盤を確立し、ミシガン大学保健施設のための安全で回復力があり持続可能な電力の供給を保証します。

・2022年1月、フィンランドのABBは、ABBの尊敬するロボット工学パートナーとの協業により、開閉装置、保護リレー、最先端のロボット技術を特徴とする包括的な一次配電ソリューションの供給と設置に成功しました。さらにABBは、シームレスな統合と最適なパフォーマンスを確保するために、システム全体のサービスを請け負いました。

世界の電力変電所自動化市場レポートスコープ:

・過去データ – 2020~2021年
・推計基準年 – 2022年
・予測期間 – 2023~2030年
・レポート対象 – 売上予測、企業ランキング、競合環境、成長要因、動向
・対象セグメント – タイプ, オファリング, コンポーネント, 地域
・地域範囲 – 北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米、中東・アフリカ
・カスタマイズ範囲 – レポート購入時に無料カスタマイズ可能です(アナリストの作業時間8時間相当まで)。国、地域、セグメントスコープの追加または変更*可能です。

本調査の目的は、近年における様々なセグメントおよび国の市場規模を定義し、今後数年間の値を予測することです。本レポートは、調査対象国における産業の質的・量的側面を盛り込むよう設計されています。

また、市場の将来的な成長を規定する推進要因や課題などの重要な側面に関する詳細情報も提供しています。さらに、主要企業の競争環境と製品提供の詳細な分析とともに、利害関係者が投資するためのミクロ市場における潜在的な機会も組み込んでいます。

市場の詳細なセグメントとサブセグメントを以下に説明します:

タイプ別:

送電変電所
配電変電所

提供製品別:

ソフトウェア
ハードウェア
サービス

コンポーネント別:

インテリジェント電子デバイス(IEDs)
プログラマブル・ロジック・コントローラ(PLC)
監視制御・データ収集(SCADA)
その他

地域別:

北米
アメリカ
カナダ

ヨーロッパ
イギリス
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
その他ヨーロッパ

アジア太平洋
中国
インド
日本
オーストラリア
韓国
その他アジア太平洋

中南米
ブラジル
メキシコ

中東・アフリカ
サウジアラビア
南アフリカ
その他の中東・アフリカ

*** レポート目次(コンテンツ)***

第1章.  エグゼクティブサマリー
1.1. 市場スナップショット
1.2. 世界・セグメント別市場推定・予測、2020~2030年(10億米ドル)
1.2.1. 世界の電力変電所自動化市場:地域別、2020~2030年(10億米ドル)
1.2.2. 世界の電力変電所自動化市場:種類別、2020~2030年(10億米ドル)
1.2.3. 世界の電力変電所自動化市場:展開別、2020~2030年(10億米ドル)
1.2.4. 世界の電力変電所自動化市場:コンポーネント別、2020~2030年(10億米ドル)
1.3. 主要動向
1.4. 推計方法
1.5. 調査前提
第2章.  世界の電力変電所自動化市場定義・範囲
2.1. 調査目的
2.2. 市場定義・範囲
2.2.1. 業界進化
2.2.2. 調査範囲
2.3. 調査対象年
2.4. 通貨換算レート
第3章.  世界の電力変電所自動化市場動向
3.1. 世界の電力変電所自動化市場インパクト分析(2020~2030年)
3.1.1. 市場成長要因
3.1.1.1. 重要インフラにおける電力への依存度の増加
3.1.1.2. 送電網の近代化重視の高まり
3.1.2. 市場課題
3.1.2.1. 高い初期投資が必要
3.1.2.2. 統合に伴う複雑さ
3.1.3. 市場機会
3.1.3.1. 通信技術の急速な進歩
3.1.3.2. 政府や民間企業による電力インフラへの投資の増加
第4章.  世界の電力変電所自動化市場産業分析
4.1. ポーターズ5フォースモデル
4.1.1. サプライヤー交渉力
4.1.2. バイヤー交渉力
4.1.3. 新規参入者の脅威
4.1.4. 代替品の脅威
4.1.5. 競合他社との競争
4.2. ポーターズ5フォース影響分析
4.3. PEST分析
4.3.1. 政治的
4.3.2. 経済的
4.3.3. 社会的
4.3.4. 技術的
4.3.5. 環境的
4.3.6. 法律的
4.4. トップ投資機会
4.5. トップウィニング戦略
4.6. 新型コロナウイルス感染症影響分析
4.7. 破壊的トレンド
4.8. 産業専門家の視点
4.9. アナリスト推奨・結論
第5章.  世界の電力変電所自動化市場:種類別
5.1. 市場スナップショット
5.2. 世界の電力変電所自動化市場:種類別、パフォーマンス-ポテンシャル分析
5.3. 世界の電力変電所自動化市場:種類別、推定・予測、2020~2030年(10億米ドル)
5.4. 世界の電力変電所自動化市場:サブセグメント分析
5.4.1. 変電所
5.4.2. 配電変電所
第6章.  世界の電力変電所自動化市場:展開別
6.1. 市場スナップショット
6.2. 世界の電力変電所自動化市場:展開別、パフォーマンス-ポテンシャル分析
6.3. 世界の電力変電所自動化市場:推定・予測、展開別、2020~2030年(10億米ドル)
6.4. 世界の電力変電所自動化市場:サブセグメント分析
6.4.1. ソフトウェア
6.4.2. ハードウェア
6.4.3. サービス
第7章.  世界の電力変電所自動化市場:コンポーネント別
7.1. 市場スナップショット
7.2. 世界の電力変電所自動化市場:コンポーネント別、パフォーマンス-ポテンシャル分析
7.3. 世界の電力変電所自動化市場:推定・予測、コンポーネント別、2020~2030年(10億米ドル)
7.4. 世界の電力変電所自動化市場:サブセグメント分析
7.4.1. インテリジェント電子機器(IED)
7.4.2. プログラマブルロジックコントローラ(PLC)
7.4.3. 監視制御・データ収集(SCADA)
7.4.4. その他
第8章.  世界の電力変電所自動化市場:地域別分析
8.1. トップ先進国
8.2. トップエンジニアリング国
8.3. 世界の電力変電所自動化市場:地域別、市場スナップショット
8.4. 北米の電力変電所自動化市場
8.4.1. アメリカの電力変電所自動化市場
8.4.1.1. 種類別内訳推定・予測、2020~2030年
8.4.1.2. 提供別内訳推定・予測、2020~2030年
8.4.1.3. コンポーネント別内訳推定・予測、2020~2030年
8.4.2. カナダの電力変電所自動化市場
8.5. ヨーロッパの電力変電所自動化市場スナップショット
8.5.1. イギリスの電力変電所自動化市場
8.5.2. ドイツの電力変電所自動化市場
8.5.3. フランスの電力変電所自動化市場
8.5.4. スペインの電力変電所自動化市場
8.5.5. イタリアの電力変電所自動化市場
8.5.6. その他ヨーロッパの電力変電所自動化市場
8.6. アジア太平洋の電力変電所自動化市場スナップショット
8.6.1. 中国の電力変電所自動化市場
8.6.2. インドの電力変電所自動化市場
8.6.3. 日本の電力変電所自動化市場
8.6.4. オーストラリアの電力変電所自動化市場
8.6.5. 韓国の電力変電所自動化市場
8.6.6. その他アジア太平洋の電力変電所自動化市場
8.7. 中南米の電力変電所自動化市場スナップショット
8.7.1. ブラジルの電力変電所自動化市場
8.7.2. メキシコの電力変電所自動化市場
8.8. 中東・アフリカの電力変電所自動化市場
8.8.1. サウジアラビアの電力変電所自動化市場
8.8.2. 南アフリカの電力変電所自動化市場
8.8.3. その他中東・アフリカの電力変電所自動化市場
第9章.  競合情報
第10章.  調査プロセス
10.1. 調査プロセス
10.1.1. データマイニング
10.1.2. 分析
10.1.3. 市場推定
10.1.4. 検証
10.1.5. 出版
10.2. 調査属性
10.3. 調査前提



*** 電力変電所自動化の世界市場に関するよくある質問(FAQ) ***

・電力変電所自動化の世界市場規模は?
→Bizwit Research & Consulting社は2022年の電力変電所自動化の世界市場規模を44億米ドルと推定しています。

・電力変電所自動化の世界市場予測は?
→Bizwit Research & Consulting社は2030年の電力変電所自動化の世界市場規模を62.6億米ドルと予測しています。

・電力変電所自動化市場の成長率は?
→Bizwit Research & Consulting社は電力変電所自動化の世界市場がに年平均4.5%成長すると展望しています。

・世界の電力変電所自動化市場における主要プレイヤーは?
→「Honeywell International Inc.、NovaTech, LLC、Itron, Inc.、Hitachi, Ltd.、Rockwell Automation Inc.、Cisco Systems, Inc.、Eaton Corporation、Siemens AG、ABB Ltd.、Schneider Electric SEなど ...」を電力変電所自動化市場のグローバル主要プレイヤーとして判断しています。

※上記FAQの市場規模、市場予測、成長率、主要企業に関する情報は本レポートの概要を作成した時点での情報であり、最終レポートの情報と少し異なる場合があります。

*** 免責事項 ***
https://www.globalresearch.co.jp/disclaimer/



※注目の調査資料
※当サイト上のレポートデータは弊社H&Iグローバルリサーチ運営のMarketReport.jpサイトと連動しています。
※当市場調査資料(BZW24MCH092 )"電力変電所自動化の世界市場2023年~2030年:種類別、提供別、コンポーネント別、地域別" (英文:Global Electric Power Substation Automation Market Size Study & Forecast, by Type (Transmission Substation, Distribution Substation), by Offering (Software, Hardware, Services), by Component (Intelligent Electronic Devices (IEDs), Programmable logic controller (PLC), Supervisory Control and Data Acquisition (SCADA), Others), and Regional Analysis, 2023-2030)はBizwit Research & Consulting社が調査・発行しており、H&Iグローバルリサーチが販売します。


◆H&Iグローバルリサーチのお客様(例)◆


※当サイトに掲載していない調査資料も弊社を通してご購入可能ですので、お気軽にご連絡ください。ウェブサイトでは紹介しきれない資料も数多くございます。
※無料翻訳ツールをご利用いただけます。翻訳可能なPDF納品ファイルが対象です。ご利用を希望されるお客様はご注文の時にその旨をお申し出ください。