エネルギーセキュリティの世界市場2023年~2030年:コンポーネント別、技術別、発電所別、地域別

■ 英語タイトル:Global Energy Security Market Size study & Forecast, by Component (Solution, Service), by Technology (Physical Security, Network Security), by Power Plant (Thermal and hydro, Nuclear, Oil and gas, Renewable Energy), and Regional Analysis, 2023-2030

調査会社Bizwit Research & Consulting社が発行したリサーチレポート(データ管理コード:BZW24MCH093)■ 発行会社/調査会社:Bizwit Research & Consulting
■ 商品コード:BZW24MCH093
■ 発行日:2024年2月
■ 調査対象地域:アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、スペイン、イタリア、中国、インド、日本、オーストラリア、韓国、ブラジル、メキシコ、中東
■ 産業分野:エネルギー
■ ページ数:約200
■ レポート言語:英語
■ レポート形式:PDF
■ 納品方式:Eメール(受注後3営業日)
■ 販売価格オプション(消費税別)
Single User(1名様閲覧用、印刷不可)USD4,950 ⇒換算¥732,600見積依頼/購入/質問フォーム
Enterprisewide(同一法人内共有可)USD6,250 ⇒換算¥925,000見積依頼/購入/質問フォーム
販売価格オプションの説明はこちらで、ご購入に関する詳細案内はご利用ガイドでご確認いただけます。
※お支払金額は「換算金額(日本円)+消費税+配送料(Eメール納品は無料)」です。
※Eメールによる納品の場合、通常ご注文当日~2日以内に納品致します。
※レポート納品後、納品日+5日以内に請求書を発行・送付致します。(請求書発行日より2ヶ月以内の銀行振込条件、カード払いも可能)
Bizwit Research & Consulting社の概要及び新刊レポートはこちらでご確認いただけます。

★グローバルリサーチ資料[エネルギーセキュリティの世界市場2023年~2030年:コンポーネント別、技術別、発電所別、地域別]についてメールでお問い合わせはこちら
*** レポート概要(サマリー)***

世界のエネルギーセキュリティ市場は、2022年に約172億米ドルと評価され、2023年から2030年の予測期間中に10.5%以上の健全な成長率で成長すると予測されています。エネルギーセキュリティには、発電所とエネルギー発生源の両方を物理的・サイバー的脅威から保護し、発電施設の中断のない運転を確保することが含まれます。さらに、再生可能エネルギーの迅速な導入、エネルギー効率の向上、エネルギー源、貯蔵ソリューション、エネルギー機械の種類の多様化は、エネルギーセキュリティと経済的成果の両面で大きな利益をもたらします。
政府からの圧力、セキュリティ・コンプライアンス要件、規制の強化は、スクリプト、知識、実行を統合するイノベーションを推進しています。技術スキルの統合は、バックオフィス業務の効率を著しく向上させています。同時に、さまざまな政府機関や発電所の所有者は、検知器、境界線、マイクロ波侵入検知、安全な通信、監視システム、入退室管理システムなど、さまざまなネットワークおよび物理的ソリューションを導入しています。例えば、アメリカとヨーロッパ委員会は、クリーンエネルギーへの世界的な移行を促進する一方で、ヨーロッパのロシアエネルギーへの依存度を低下させることに取り組んでいます。さらに、今後7年間でウイルス対策、ファイアウォール、SCADA、IPS/IDSなどのネットワークシステムの採用が見込まれており、エネルギーセキュリティ産業の成長を加速させ、市場の発展を後押しするものと思われます。さらに、2020年1月にはカリフォルニア州が消費者プライバシー法を導入し、世界各国の政府が、企業がデジタルプラットフォーム上でユーザーからデータを収集する方法について規制を導入し始めました。その結果、マーケティング担当者は、個人データへのアクセスが減少する中で、パーソナライゼーションの取り組みを強化することが課題となっています。同時に、連邦政府も州政府も、業務に関わるデータに関連するさまざまなプライバシー法を管理するための戦略を練り直しています。例えば、マサチューセッツ州のデータセキュリティ規制はセキュリティを優先し、ビッグデータ分析のプライバシー強化を目的としています。ヨーロッパでは、人工知能(AI)を活用して多様な組織のデータ保護サービスを強化しようという積極的な動きがあります。ヨーロッパ政府は、ヨーロッパ域内の消費者の重要なデータを保護することを主な目的として、個人情報の収集、保存、処理を監督するために策定された一般データ保護規則(GDPR)を受け入れています。さらに、組織は、人工知能(AI)や機械学習(ML)などの高度な技術を組み込んでプロセスを自動化し、人間の活動を補強するために分析ソフトウェアを採用しています。しかし、事業者によるセキュリティ導入に対する不安の欠如と犯罪の予測不可能性が、2023年から2030年の予測期間を通じて市場の成長を阻害しています。

エネルギーセキュリティの世界市場調査対象地域は、アジア太平洋、北米、ヨーロッパ、中南米、中東・アフリカです。北米は、これらのソリューションの採用が増加しているため、業界における優位性を維持する見通しです。一方、アジア太平洋地域は、人口増加や政府の支援策により、予測期間中に大きな成長を遂げると予測されています。

本レポートに含まれる主な市場プレイヤーは以下の通りです:

Raytheon Technologies Corporation (U.S.)
Elbit Systems Ltd. (Israel)
Telefonaktiebolaget LM Ericsson (Sweden)
Siemens Energy (Germany)
Springer Nature (Germany)
Teledyne FLIR LLC (U.S.)
Honeywell International Inc. (U.S.)
Hexagon AB (Sweden )
Lockheed Martin Corporation (U.S.)
Northrop Grumman (U.S.)

市場の最新動向:

・2021年10月、Siemens AGはEos.iiを活用したManaged Detection and Response(MDR)という人工知能(AI)ベースの産業用サイバーセキュリティ・サービスを発表しました。このイニシアチブは、中小規模のエネルギー企業がサイバー攻撃から重要インフラを守るのを支援することを目的としています。MDRの技術基盤であるEos.iiは、AIと機械学習の手法を活用して、エネルギー資産に関するリアルタイムのインテリジェンスを継続的に収集し、モデル化します。これにより、Siemens Energyのサイバーセキュリティ専門家は、潜在的な攻撃を事前に監視、検出、特定することができます。

・2021年1月、IBM CorporationはTelephonic Helpと協業し、アプリケーションエステートの近代化を促進し、顧客がワークロードのセットアップをオンプレミスまたはクラウドベースのいずれかを選択できる柔軟性を提供します。

世界のエネルギーセキュリティ市場レポート範囲:

・過去データ – 2020~2021年
・推計基準年 – 2022年
・予測期間 – 2023~2030年
・レポート対象 – 売上予測、企業ランキング、競合環境、成長要因、動向
・対象セグメント – コンポーネント, テクノロジー, 発電所, 地域
・地域範囲 – 北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米、中東・アフリカ
・カスタマイズ範囲 – レポートのカスタマイズは無料です(アナリストの作業時間8時間分まで)。国、地域、セグメントスコープの追加または変更*可能です。

本調査の目的は、近年における様々なセグメントおよび国の市場規模を定義し、今後数年間の値を予測することです。本レポートは、調査対象国における産業の質的・量的側面を盛り込むよう設計されています。

また、市場の将来的な成長を規定する推進要因や課題などの重要な側面に関する詳細情報も提供しています。さらに、主要企業の競争環境と製品提供の詳細な分析とともに、利害関係者が投資するためのミクロ市場における潜在的な機会も組み込んでいます。

市場の詳細なセグメントとサブセグメントを以下に説明します:

コンポーネント別:

ソリューション
サービス

技術別:

物理的セキュリティ
ネットワークセキュリティ

発電所別:

火力・水力
原子力
石油・ガス
再生可能エネルギー

地域別:

北米
アメリカ
カナダ

ヨーロッパ
イギリス
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
その他ヨーロッパ

アジア太平洋
中国
インド
日本
オーストラリア
韓国
その他アジア太平洋

中南米
ブラジル
メキシコ

中東・アフリカ
サウジアラビア
南アフリカ
その他の中東・アフリカ

*** レポート目次(コンテンツ)***

第1章.  エグゼクティブサマリー
1.1. 市場スナップショット
1.2. 世界・セグメント別市場推定・予測、2020~2030年(10億米ドル)
1.2.1. 世界のエネルギーセキュリティ市場:地域別、2020~2030年(10億米ドル)
1.2.2. 世界のエネルギーセキュリティ市場:コンポーネント別、2020~2030年(10億米ドル)
1.2.3. 世界のエネルギーセキュリティ市場:技術別、2020~2030年(10億米ドル)
1.2.4. 世界のエネルギーセキュリティ市場:発電所別、2020~2030年(10億米ドル)
1.3. 主要動向
1.4. 推計方法
1.5. 調査前提
第2章.  世界のエネルギーセキュリティ市場定義・範囲
2.1. 調査目的
2.2. 市場定義・範囲
2.2.1. 業界進化
2.2.2. 調査範囲
2.3. 調査対象年
2.4. 通貨換算レート
第3章.  世界のエネルギーセキュリティ市場動向
3.1. 世界のエネルギーセキュリティ市場インパクト分析(2020~2030年)
3.1.1. 市場成長要因
3.1.1.1. 政府による懸念の高まり・セキュリティコンプライアンス・規制
3.1.1.2. 物理的攻撃・内部脅威の増加
3.1.2. 市場課題
3.1.2.1. 事業者のセキュリティ実装に対する不安の欠如
3.1.2.2. 犯罪の予測不可能性
3.1.3. 市場機会
3.1.3.1. 発展途上国における新エネルギー市場の台頭
3.1.3.2. テロやサイバー攻撃による脅威の増大
第4章.  世界のエネルギーセキュリティ市場産業分析
4.1. ポーターズ5フォースモデル
4.1.1. サプライヤー交渉力
4.1.2. バイヤー交渉力
4.1.3. 新規参入者の脅威
4.1.4. 代替品の脅威
4.1.5. 競合他社との競争
4.2. ポーターズ5フォース影響分析
4.3. PEST分析
4.3.1. 政治的
4.3.2. 経済的
4.3.3. 社会的
4.3.4. 技術的
4.3.5. 環境的
4.3.6. 法律的
4.4. トップ投資機会
4.5. トップウィニング戦略
4.6. 新型コロナウイルス感染症影響分析
4.7. 破壊的トレンド
4.8. 産業専門家の視点
4.9. アナリスト推奨・結論
第5章.  世界のエネルギーセキュリティ市場:コンポーネント別
5.1. 市場スナップショット
5.2. 世界のエネルギーセキュリティ市場:コンポーネント別、パフォーマンス-ポテンシャル分析
5.3. 世界のエネルギーセキュリティ市場:推定・予測、コンポーネント別、2020~2030年(10億米ドル)
5.4. 世界のエネルギーセキュリティ市場:サブセグメント分析
5.4.1. ソリューション
5.4.2. サービス
第6章.  世界のエネルギーセキュリティ市場:技術別
6.1. 市場スナップショット
6.2. 世界のエネルギーセキュリティ市場:技術別、パフォーマンス-ポテンシャル分析
6.3. 世界のエネルギーセキュリティ市場:推定・予測、技術別、2020~2030年(10億米ドル)
6.4. 世界のエネルギーセキュリティ市場:サブセグメント分析
6.4.1. 物理的セキュリティ
6.4.2. ネットワークセキュリティ
第7章.  世界のエネルギーセキュリティ市場:発電所別
7.1. 市場スナップショット
7.2. 世界のエネルギーセキュリティ市場:発電所別、パフォーマンス-ポテンシャル分析
7.3. 世界のエネルギーセキュリティ市場:推定・予測、発電所別、2020~2030年(10億米ドル)
7.4. 世界のエネルギーセキュリティ市場:サブセグメント分析
7.4.1. 火力・水力
7.4.2. 原子力
7.4.3. 石油・ガス
7.4.4. 再生可能エネルギー
第8章.  世界のエネルギーセキュリティ市場:地域別分析
8.1. トップ先進国
8.2. トップエンジニアリング国
8.3. 世界のエネルギーセキュリティ市場:地域別、市場スナップショット
8.4. 北米のエネルギーセキュリティ市場
8.4.1. アメリカのエネルギーセキュリティ市場
8.4.1.1. コンポーネント別内訳推定・予測、2020~2030年
8.4.1.2. 技術別内訳推定・予測、2020~2030年
8.4.1.3. 発電所別内訳推定・予測、2020~2030年
8.4.2. カナダのエネルギーセキュリティ市場
8.5. ヨーロッパのエネルギーセキュリティ市場スナップショット
8.5.1. イギリスのエネルギーセキュリティ市場
8.5.2. ドイツのエネルギーセキュリティ市場
8.5.3. フランスのエネルギーセキュリティ市場
8.5.4. スペインのエネルギーセキュリティ市場
8.5.5. イタリアのエネルギーセキュリティ市場
8.5.6. その他ヨーロッパのエネルギーセキュリティ市場
8.6. アジア太平洋のエネルギーセキュリティ市場スナップショット
8.6.1. 中国のエネルギーセキュリティ市場
8.6.2. インドのエネルギーセキュリティ市場
8.6.3. 日本のエネルギーセキュリティ市場
8.6.4. オーストラリアのエネルギーセキュリティ市場
8.6.5. 韓国のエネルギーセキュリティ市場
8.6.6. その他アジア太平洋のエネルギーセキュリティ市場
8.7. 中南米のエネルギーセキュリティ市場スナップショット
8.7.1. ブラジルのエネルギーセキュリティ市場
8.7.2. メキシコのエネルギーセキュリティ市場
8.8. 中東・アフリカのエネルギーセキュリティ市場
8.8.1. サウジアラビアのエネルギーセキュリティ市場
8.8.2. 南アフリカのエネルギーセキュリティ市場
8.8.3. その他中東・アフリカのエネルギーセキュリティ市場
第9章.  競合情報
第10章.  調査プロセス
10.1. 調査プロセス
10.1.1. データマイニング
10.1.2. 分析
10.1.3. 市場推定
10.1.4. 検証
10.1.5. 出版
10.2. 調査属性
10.3. 調査前提



*** エネルギーセキュリティの世界市場に関するよくある質問(FAQ) ***

・エネルギーセキュリティの世界市場規模は?
→Bizwit Research & Consulting社は2022年のエネルギーセキュリティの世界市場規模を172億米ドルと推定しています。

・エネルギーセキュリティの世界市場予測は?
→Bizwit Research & Consulting社は2030年のエネルギーセキュリティの世界市場規模を382億米ドルと予測しています。

・エネルギーセキュリティ市場の成長率は?
→Bizwit Research & Consulting社はエネルギーセキュリティの世界市場がに年平均10.5%成長すると展望しています。

・世界のエネルギーセキュリティ市場における主要プレイヤーは?
→「Raytheon Technologies Corporation (U.S.)、Elbit Systems Ltd. (Israel)、Telefonaktiebolaget LM Ericsson (Sweden)、Siemens Energy (Germany)、Springer Nature (Germany)、Teledyne FLIR LLC (U.S.)、Honeywell International Inc. (U.S.)、Hexagon AB (Sweden )、Lockheed Martin Corporation (U.S.)、Northrop Grumman (U.S.)など ...」をエネルギーセキュリティ市場のグローバル主要プレイヤーとして判断しています。

※上記FAQの市場規模、市場予測、成長率、主要企業に関する情報は本レポートの概要を作成した時点での情報であり、最終レポートの情報と少し異なる場合があります。

*** 免責事項 ***
https://www.globalresearch.co.jp/disclaimer/



※注目の調査資料
※当サイト上のレポートデータは弊社H&Iグローバルリサーチ運営のMarketReport.jpサイトと連動しています。
※当市場調査資料(BZW24MCH093 )"エネルギーセキュリティの世界市場2023年~2030年:コンポーネント別、技術別、発電所別、地域別" (英文:Global Energy Security Market Size study & Forecast, by Component (Solution, Service), by Technology (Physical Security, Network Security), by Power Plant (Thermal and hydro, Nuclear, Oil and gas, Renewable Energy), and Regional Analysis, 2023-2030)はBizwit Research & Consulting社が調査・発行しており、H&Iグローバルリサーチが販売します。


◆H&Iグローバルリサーチのお客様(例)◆


※当サイトに掲載していない調査資料も弊社を通してご購入可能ですので、お気軽にご連絡ください。ウェブサイトでは紹介しきれない資料も数多くございます。
※無料翻訳ツールをご利用いただけます。翻訳可能なPDF納品ファイルが対象です。ご利用を希望されるお客様はご注文の時にその旨をお申し出ください。