船舶用ハイブリッド推進の世界市場2023年~2030年:運用種類別、コンポーネント別、船舶種類別、設置別、地域別

■ 英語タイトル:Global Marine Hybrid Propulsion Market Size study&Forecast, by Operation Type (Parallel Hybrid Propulsion System, Serial Hybrid Propulsion System), by Components (I.C. Engine, Generator, Power Management System, Battery, Others), by Ship Type (Container Ship, Passenger Ship, Fishing Vessel, Others), by Installation (Line Fit, Retro Fit) and Regional Analysis, 2023-2030

調査会社Bizwit Research & Consulting社が発行したリサーチレポート(データ管理コード:BZW24MCH008)■ 発行会社/調査会社:Bizwit Research & Consulting
■ 商品コード:BZW24MCH008
■ 発行日:2024年2月
■ 調査対象地域:アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、スペイン、イタリア、中国、インド、日本、オーストラリア、韓国、ブラジル、メキシコ、中東
■ 産業分野:船舶
■ ページ数:約200
■ レポート言語:英語
■ レポート形式:PDF
■ 納品方式:Eメール(受注後3営業日)
■ 販売価格オプション(消費税別)
Single User(1名様閲覧用、印刷不可)USD4,950 ⇒換算¥732,600見積依頼/購入/質問フォーム
Enterprisewide(同一法人内共有可)USD6,250 ⇒換算¥925,000見積依頼/購入/質問フォーム
販売価格オプションの説明はこちらで、ご購入に関する詳細案内はご利用ガイドでご確認いただけます。
※お支払金額は「換算金額(日本円)+消費税+配送料(Eメール納品は無料)」です。
※Eメールによる納品の場合、通常ご注文当日~2日以内に納品致します。
※レポート納品後、納品日+5日以内に請求書を発行・送付致します。(請求書発行日より2ヶ月以内の銀行振込条件、カード払いも可能)
Bizwit Research & Consulting社の概要及び新刊レポートはこちらでご確認いただけます。

★グローバルリサーチ資料[船舶用ハイブリッド推進の世界市場2023年~2030年:運用種類別、コンポーネント別、船舶種類別、設置別、地域別]についてメールでお問い合わせはこちら
*** レポート概要(サマリー)***

世界の船舶用ハイブリッド推進市場は、2022年に約46.2億米ドルと評価され、予測期間2023年から2030年にかけて12.4%以上の健全な成長率で成長すると予測されています。船舶用ハイブリッド推進は、内燃機関と電気モーターおよびエネルギー貯蔵を統合し、燃料効率の向上と環境フットプリントの減少につながります。この革新的なアプローチは適応性を提供し、船舶が多様な速度と貨物の要件にわたって効果的に航行することを可能にします。従来の動力源と電気動力源の両方を利用することで、船舶用ハイブリッド推進システムは、海事部門における持続可能性のイニシアチブを積極的に支援し、同時に運用の有効性と信頼性を強化します。世界の船舶用ハイブリッド推進市場は、燃料消費の減少や環境に対する関心の高まりなどの要因によって継続的に成長しています。
持続可能性への傾向の高まりと燃料消費の減少により、船舶用ハイブリッド推進市場は継続的に成長しています。国際海事機関(IMO)によると、初期のGHG戦略は、国際海運における輸送作業あたりのCO2排出量を2008年比で2030年までに少なくとも40%、2050年までに70%削減することを目標としています。これらの目標を達成するため、国際海事機関(IMO)は、国際海運の炭素集約度を下げるための一連の目標に基づく措置を実施し、燃料節約技術への投資を促進しています。このような取り組みに伴い、船舶用ハイブリッド推進市場は、船主や運航会社にエネルギー効率を高め、排出量を削減する革新的なソリューションを提供し、海事産業に対するIMOの持続可能性目標に合致することで、成長の態勢を整えています。これがマリンハイブリッド市場の世界的な成長につながりました。さらに、技術の進歩と再生可能エネルギー統合の拡大は、世界の船舶用ハイブリッド推進市場にとって、市場成長につながった好機です。しかし、重い設置コストと複雑性の増加が、2023年から2030年の予測期間を通じて市場の成長を阻害しています。

船舶用ハイブリッド推進の世界市場調査において考慮した主な地域は、アジア太平洋地域、北米、ヨーロッパ、中南米、中東・アフリカなどです。北米は、船隊規模の増加、ハイブリッド推進システムの研究開発および実装に関する様々なOEMの重点の増加により、2022年に市場を支配しました。アジア太平洋地域は、国際貿易の増加、造船活動の増加、環境に対する関心の高まりなどの要因により、予測期間中に大きく成長すると予想され、船舶用ハイブリッド推進市場は世界的に成長しました。

本レポートに含まれる主な市場プレイヤーは以下の通りです:

Cummins Inc
AB Volvo Panta
Rolls-Royce plc
Nigata Power Systems Co., Ltd.
Mitsubishi Heavy Electrics Ltd.
Schottel Group
Siemens
Steyr Motors GmbH
Torqueedo GmbH
Wartsila Corporation

市場における最近の動き:

・2023年8月、IlikaとCirtec Medicalは、Cirtecの施設でのStereaxシリーズのミリスケール電池製造に関する10年間のライセンス契約を締結しました。

・2020年12月、Rolls-Royceは、船舶、ヨット、作業船、フェリー、巡視艇など、多様な海事船向けに調整された、完全に統合されたMTUハイブリッド推進システムの包括的な製品ラインを発表しました。これらの推進システムは、1つのパワートレインあたり約1,000kWから4,000kWの出力範囲を誇ります。同社の目的は、ディーゼルエンジンと電気モーターを融合させ、バッテリー技術で補完することで、顧客に大きなメリットを提供することでした。この革新的な統合により、舶用推進アプリケーションの効率向上、環境への配慮、運用の多様性が約束されました。

船舶用ハイブリッド推進の世界市場レポートスコープ:

・過去データ – 2020~2021年
・推計基準年 – 2022年
・予測期間 – 2023~2030年
・レポート対象範囲 -収益予測、企業ランキング、競合環境、成長要因、動向
・対象セグメント -運用タイプ, コンポーネント, 船舶タイプ, 設置, 地域
・対象地域 – 北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米、中東・アフリカ
・カスタマイズ範囲 – レポートのカスタマイズは無料です(アナリストの作業時間8時間分まで)。国、地域、セグメントスコープの追加または変更*可能です。

本調査の目的は、近年における様々なセグメントおよび国の市場規模を定義し、今後数年間の値を予測することです。本レポートは、調査対象国における産業の質的・量的側面を盛り込むよう設計されています。

また、市場の将来的な成長を規定する推進要因や課題などの重要な側面に関する詳細情報も提供しています。さらに、主要企業の競争環境と製品提供の詳細な分析とともに、利害関係者が投資するためのミクロ市場における潜在的な機会も組み込んでいます。

市場の詳細なセグメントとサブセグメントを以下に説明します:

運転タイプ別:

パラレル式ハイブリッド推進システム
シリアルハイブリッド推進システム

コンポーネント別:

I.C.エンジン
発電機
電力管理システム
バッテリー
ギアボックス
その他

船の種類別:

コンテナ船
旅客船
漁船
ヨット
タンカー
その他

設置別:

ラインフィット
レトロフィット

地域別:

北米
アメリカ
カナダ

ヨーロッパ
イギリス
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
その他ヨーロッパ

アジア太平洋
中国
インド
日本
オーストラリア
韓国
その他アジア太平洋

中南米
ブラジル
メキシコ

中東・アフリカ
サウジアラビア
南アフリカ
その他の中東・アフリカ

*** レポート目次(コンテンツ)***

第1章.  エグゼクティブサマリー
1.1. 市場スナップショット
1.2. 世界・セグメント別市場推定・予測、2020~2030年(10億米ドル)
1.2.1. 世界の船舶用ハイブリッド推進市場:地域別、2020~2030年(10億米ドル)
1.2.2. 世界の船舶用ハイブリッド推進市場:操作種類別、2020~2030年(10億米ドル)
1.2.3. 世界の船舶用ハイブリッド推進市場:コンポーネント別、2020~2030年(10億米ドル)
1.2.4. 世界の船舶用ハイブリッド推進市場:船舶種類別、2020~2030年(10億米ドル)
1.2.5. 世界の船舶用ハイブリッド推進市場:設置別、2020~2030年(10億米ドル)
1.3. 主要動向
1.4. 推計方法
1.5. 調査前提
第2章.  世界の船舶用ハイブリッド推進市場定義・範囲
2.1. 調査目的
2.2. 市場定義・範囲
2.2.1. 業界進化
2.2.2. 調査範囲
2.3. 調査対象年
2.4. 通貨換算レート
第3章.  世界の船舶用ハイブリッド推進市場動向
3.1. 世界の船舶用ハイブリッド推進市場インパクト分析(2020~2030年)
3.1.1. 市場成長要因
3.1.1.1. 燃料消費の減少
3.1.1.2. 高まる環境問題
3.1.2. 市場課題
3.1.2.1. 重い設置費用
3.1.2.2. 複雑さの増加
3.1.3. 市場機会
3.1.3.1. 技術の進歩
3.1.3.2. 再生可能エネルギー統合の拡大
第4章.  世界の船舶用ハイブリッド推進市場産業分析
4.1. ポーターズ5フォースモデル
4.1.1. サプライヤー交渉力
4.1.2. バイヤー交渉力
4.1.3. 新規参入者の脅威
4.1.4. 代替品の脅威
4.1.5. 競合他社との競争
4.2. ポーターズ5フォース影響分析
4.3. PEST分析
4.3.1. 政治的
4.3.2. 経済的
4.3.3. 社会的
4.3.4. 技術的
4.3.5. 環境的
4.3.6. 法律的
4.4. トップ投資機会
4.5. トップウィニング戦略
4.6. 新型コロナウイルス感染症影響分析
4.7. 破壊的トレンド
4.8. 産業専門家の視点
4.9. アナリスト推奨・結論
第5章.  世界の船舶用ハイブリッド推進市場:操作種類別
5.1. 市場スナップショット
5.2. 世界の船舶用ハイブリッド推進市場:操作種類別、パフォーマンス-ポテンシャル分析
5.3. 世界の船舶用ハイブリッド推進市場:推定・予測、操作種類別2020~2030年(10億米ドル)
5.4. 世界の船舶用ハイブリッド推進市場:サブセグメント分析
5.4.1. パラレル・ハイブリッド推進システム
5.4.2. シリアル・ハイブリッド推進システム
第6章.  世界の船舶用ハイブリッド推進市場:コンポーネント別
6.1. 市場スナップショット
6.2. 世界の船舶用ハイブリッド推進市場:コンポーネント別、パフォーマンス-ポテンシャル分析
6.3. 世界の船舶用ハイブリッド推進市場:推定・予測、コンポーネント別、2020~2030年(10億米ドル)
6.4. 世界の船舶用ハイブリッド推進市場:サブセグメント分析
6.4.1. I.C.エンジン
6.4.2. 発電機
6.4.3. 電力管理システム
6.4.4. バッテリー
6.4.5. ギアボックス
6.4.6. その他
第7章.  世界の船舶用ハイブリッド推進市場:船舶種類別
7.1. 市場スナップショット
7.2. 世界の船舶用ハイブリッド推進市場:船舶種類別、パフォーマンス-ポテンシャル分析
7.3. 世界の船舶用ハイブリッド推進市場:推定・予測、船舶種類別、2020~2030年(10億米ドル)
7.4. 世界の船舶用ハイブリッド推進市場:サブセグメント分析
7.4.1. コンテナ船
7.4.2. 旅客船
7.4.3. 漁船
7.4.4. ヨット
7.4.5. タンカー
7.4.6. その他
第8章.  世界の船舶用ハイブリッド推進市場:設置別
8.1. 市場スナップショット
8.2. 世界の船舶用ハイブリッド推進市場:設置別、パフォーマンス-ポテンシャル分析
8.3. 世界の船舶用ハイブリッド推進市場:推定・予測、設置別、2020~2030年(10億米ドル)
8.4. 世界の船舶用ハイブリッド推進市場:サブセグメント分析
8.4.1. ラインフィット
8.4.2. レトロフィット
第9章.  世界の船舶用ハイブリッド推進市場:地域別分析
9.1. トップ先進国
9.2. トップエンジニアリング国
9.3. 世界の船舶用ハイブリッド推進市場:地域別、市場スナップショット
9.4. 北米の船舶用ハイブリッド推進市場
9.4.1. アメリカの船舶用ハイブリッド推進市場
9.4.1.1. 操作種類別内訳推定・予測、2020~2030年
9.4.1.2. コンポーネント別内訳推定・予測、2020~2030年
9.4.1.3. 船舶種類別内訳推定・予測、2020~2030年
9.4.1.4. 設置別内訳推定・予測、2020~2030年
9.4.2. カナダの船舶用ハイブリッド推進市場
9.5. ヨーロッパの船舶用ハイブリッド推進市場スナップショット
9.5.1. イギリスの船舶用ハイブリッド推進市場
9.5.2. ドイツの船舶用ハイブリッド推進市場
9.5.3. フランスの船舶用ハイブリッド推進市場
9.5.4. スペインの船舶用ハイブリッド推進市場
9.5.5. イタリアの船舶用ハイブリッド推進市場
9.5.6. その他ヨーロッパの船舶用ハイブリッド推進市場
9.6. アジア太平洋の船舶用ハイブリッド推進市場スナップショット
9.6.1. 中国の船舶用ハイブリッド推進市場
9.6.2. インドの船舶用ハイブリッド推進市場
9.6.3. 日本の船舶用ハイブリッド推進市場
9.6.4. オーストラリアの船舶用ハイブリッド推進市場
9.6.5. 韓国の船舶用ハイブリッド推進市場
9.6.6. その他アジア太平洋の船舶用ハイブリッド推進市場
9.7. 中南米の船舶用ハイブリッド推進市場スナップショット
9.7.1. ブラジルの船舶用ハイブリッド推進市場
9.7.2. メキシコの船舶用ハイブリッド推進市場
9.8. 中東・アフリカの船舶用ハイブリッド推進市場
9.8.1. サウジアラビアの船舶用ハイブリッド推進市場
9.8.2. 南アフリカの船舶用ハイブリッド推進市場
9.8.3. その他中東・アフリカの船舶用ハイブリッド推進市場
第10章.  競合情報
第11章.  調査プロセス
11.1. 調査プロセス
11.1.1. データマイニング
11.1.2. 分析
11.1.3. 市場推定
11.1.4. 検証
11.1.5. 出版
11.2. 調査属性
11.3. 調査前提



*** 船舶用ハイブリッド推進の世界市場に関するよくある質問(FAQ) ***

・船舶用ハイブリッド推進の世界市場規模は?
→Bizwit Research & Consulting社は2022年の船舶用ハイブリッド推進の世界市場規模を46.2億米ドルと推定しています。

・船舶用ハイブリッド推進の世界市場予測は?
→Bizwit Research & Consulting社は2030年の船舶用ハイブリッド推進の世界市場規模を117.7億米ドルと予測しています。

・船舶用ハイブリッド推進市場の成長率は?
→Bizwit Research & Consulting社は船舶用ハイブリッド推進の世界市場がに年平均12.4%成長すると展望しています。

・世界の船舶用ハイブリッド推進市場における主要プレイヤーは?
→「Cummins Inc、AB Volvo Panta、Rolls-Royce plc、Nigata Power Systems Co., Ltd.、Mitsubishi Heavy Electrics Ltd.、Schottel Group、Siemens、Steyr Motors GmbH、Torqueedo GmbH、Wartsila Corporationなど ...」を船舶用ハイブリッド推進市場のグローバル主要プレイヤーとして判断しています。

※上記FAQの市場規模、市場予測、成長率、主要企業に関する情報は本レポートの概要を作成した時点での情報であり、最終レポートの情報と少し異なる場合があります。

*** 免責事項 ***
https://www.globalresearch.co.jp/disclaimer/



※注目の調査資料
※当サイト上のレポートデータは弊社H&Iグローバルリサーチ運営のMarketReport.jpサイトと連動しています。
※当市場調査資料(BZW24MCH008 )"船舶用ハイブリッド推進の世界市場2023年~2030年:運用種類別、コンポーネント別、船舶種類別、設置別、地域別" (英文:Global Marine Hybrid Propulsion Market Size study&Forecast, by Operation Type (Parallel Hybrid Propulsion System, Serial Hybrid Propulsion System), by Components (I.C. Engine, Generator, Power Management System, Battery, Others), by Ship Type (Container Ship, Passenger Ship, Fishing Vessel, Others), by Installation (Line Fit, Retro Fit) and Regional Analysis, 2023-2030)はBizwit Research & Consulting社が調査・発行しており、H&Iグローバルリサーチが販売します。


◆H&Iグローバルリサーチのお客様(例)◆


※当サイトに掲載していない調査資料も弊社を通してご購入可能ですので、お気軽にご連絡ください。ウェブサイトでは紹介しきれない資料も数多くございます。
※無料翻訳ツールをご利用いただけます。翻訳可能なPDF納品ファイルが対象です。ご利用を希望されるお客様はご注文の時にその旨をお申し出ください。