電動マウンテンバイク(eMTB)の世界市場(2019年~2029年)

■ 英語タイトル:E-Mountain Bike - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2019 - 2029

調査会社Mordor Intelligence社が発行したリサーチレポート(データ管理コード:MOR24MCH163)■ 発行会社/調査会社:Mordor Intelligence
■ 商品コード:MOR24MCH163
■ 発行日:2024年2月
■ 調査対象地域:グローバル
■ 産業分野:二輪車
■ ページ数:90
■ レポート言語:英語
■ レポート形式:PDF
■ 納品方式:Eメール(受注後2-3営業日)
■ 販売価格オプション(消費税別)
Single User(1名様閲覧)USD4,750 ⇒換算¥703,000見積依頼/購入/質問フォーム
Site Licence(同一拠点内で共有可)USD6,500 ⇒換算¥962,000見積依頼/購入/質問フォーム
Corporate License(複数拠点内で共有可)USD8,750 ⇒換算¥1,295,000見積依頼/購入/質問フォーム
販売価格オプションの説明はこちらで、ご購入に関する詳細案内はご利用ガイドでご確認いただけます。
※お支払金額は「換算金額(日本円)+消費税+配送料(Eメール納品は無料)」です。
※Eメールによる納品の場合、通常ご注文当日~2日以内に納品致します。
※レポート納品後、納品日+5日以内に請求書を発行・送付致します。(請求書発行日より2ヶ月以内の銀行振込条件、カード払いも可能)
Mordor Intelligence社の概要及び新刊レポートはこちらでご確認いただけます。

★グローバルリサーチ資料[電動マウンテンバイク(eMTB)の世界市場(2019年~2029年)]についてメールでお問い合わせはこちら
*** レポート概要(サマリー)***

電動マウンテンバイク(eMTB)の市場規模は2024年に57.7億米ドルと推定、2029年には104.3億米ドルに達すると予測され、予測期間中(2024年〜2029年)のCAGRは12.56%で成長する見込みです。
主要ハイライト
COVID-19が電動マウンテンバイク(eMTB)市場に与えた影響はわずかでした。個人的な移動手段への嗜好が高まり、交通渋滞を克服する必要があることから、個人的な乗り物に対する需要は増加するでしょう。また、環境への影響や排出ガスによる気温上昇の懸念が高まる中、電動自転車は従来の自転車やオートバイに代わる素晴らしい選択肢といえます。
しかし、COVID-19は人の移動がゼロになることで産業を後退させ、新しい電動自転車の製造を停止させました。COVID-19以降、レクリエーション活動や消費者の健康意識に伴い、市場は経済面で良い上昇を見せるでしょう。
長期的には、若い世代がトレッキングやレクリエーション活動に優れた関心を示しているため、電動マウンテンバイクは急速に成長しています。しかし、スピードに関する政府の規制や、これらの自転車に関連する安全性の問題などの要因が、市場の成長を妨げる可能性があります。例えば、国際自転車競技連合(UCI)は、電動マウンテンバイクの電動モーターについて、250ワットを超えてはならないという厳しい規制を採用。ペダリングアシストは最高時速25キロまでしか認められていません。
電動マウンテンバイクの普及率が最も高いのはヨーロッパで、世界の先頭を走っています。

電動マウンテンバイク(eMTB)市場動向

持続可能な交通手段への需要の高まり
モビリティは、私たちが暮らす現在の社会で重要な役割を果たしています。天然資源の不足と環境問題への関心の高まりから、将来の世代のためにそれを保護し持続させることへの関心が高まっており、環境を保護することは世界中の社会と政府にとって重要な課題となっています。
その結果、電動マウンテンバイクの需要の高まりは、この課題に対する理想的な解決策となっています。排出量の増加による環境と健康への懸念が絶えず高まる中、世界中の政府や国際機関は炭素排出量を削減するために厳しい排出規制を制定しています。
このため、世界のいくつかの国際機関では、自動車に厳しい基準を設けています。例えば、2020年1月、欧州連合(EU)は、新車の乗用車とバンのCO2排出性能基準を定めた規則(EU)2019/631を施行しました。欧州で新車登録された乗用車の平均CO2排出量は前年比で12%減少し、電気自動車のシェアは3倍になりました。
また、化石燃料の枯渇が急速に進み、将来世代の持続可能性が懸念されています。この要因は、政府や社会に大きな課題を突きつけています。
ここ数年、燃料費の高騰により、電動自転車の販売が急増しており、日常的な移動手段としての導入が拡大しています。スイスはトレッキングに最適な場所のひとつとされています。同市場のプレーヤーは、顧客層を広げるため、大容量バッテリー、快適性の向上、航続距離の改善、より優れた機能を備えた、軽量で頑丈なeMTBを発売しています。
例えば、2022年10月、Ibis Osoが新しい電動マウンテンバイクを発売しました。この自転車はフルカーボンファイバーフレームで軽量化されており、重量は53ポンド(24キロ)。Osoによると、これは同社のアッパーリンク・サスペンション・デリンク・テクノロジーを採用した最初の自転車です。BoschのPerformance Line CX motorは、バッテリーとディスプレイを含むeMTBを駆動します。
これらの要因や開発を考慮すると、電動マウンテンバイクの需要は予測期間中に高い成長率を記録すると予想されます。

欧州が電動マウンテンバイク(eMTB)市場をリード
欧州の電動マウンテンバイク(eMTB)は、より軽量・小型で性能の高いバイクへの需要が大きいため、eバイクの需要が再び産業のトレンドとなっており、市場全体の発展に最も貢献すると予想されます。販売台数は、電動自転車がトレッキング後に疲れることなくロングライドを楽しみたいレクリエーションサイクリストの間で人気となっていることを示しています。
さらに、政府の姿勢も、ヨーロッパ全域で長期的に電動マウンテンバイクの成長を後押ししています。例えば、イギリス政府は、同国における電動自転車とオートバイの普及を促進するための措置を取り始めました。同国は、電動自転車の利用を促進するため、国家的なインセンティブを提供し始め、電動自転車に対する財政的補助金の増額も計画しています。政府は、内燃機関(ICE)を搭載したすべての新型二輪車を段階的に廃止する2035年の目標を設定することを決定したと発表しました。
2021年4月、フランス議会は電動自転車を支持する法案を可決。フランスでは、時代遅れの汚染車両の所有者が廃棄を選択した場合、インセンティブが提供されます。フランス国民議会は最近、ポンコツ車を2,500ユーロ(2,660米ドル)の奨励金と交換し、電動自転車を購入することを認める法案を採択。この法案の主な目的は、汚染された古い車両を廃車にする場合、電動アシスト自転車の購入資金を援助すること。
フランスの電動マウンテンバイク市場も同様に成長中。市場を牽引する主な要因としては、e-カーゴバイクや電動マウンテンバイクのカテゴリの増加、交通量の増加、排気ガス削減への関心の高まりなどが挙げられます。各社は、消費者層の拡大と成長の可能性を求めて、欧州で電動マウンテンバイクを導入しています。

電動マウンテンバイク(eMTB)産業の概要

電動マウンテンバイク(eMTB)市場は成長しており、市場の主要プレーヤーにはヤマハ発動機、Pedego Electric Bikes、BH Bikes、CUBEなどがあります。市場の成長に伴い、他産業からもさまざまな大手企業が参入しています。
各社は、さまざまな地形に対応できる信頼性が高く効率的なマウンテンバイクの製造に注力しています。このため、各社は長期予測期間にわたって消費者のスタンスを獲得しています。

その他のメリット
エクセル形式の市場予測シート
3ヶ月間のアナリストサポート

*** レポート目次(コンテンツ)***

1 はじめに
1.1 調査の前提
1.2 調査範囲

2 調査方法

3 エグゼクティブサマリー

4 市場動向
4.1 市場促進要因
4.2 市場の抑制要因
4.3 産業の魅力 – ポーターのファイブフォース分析
4.3.1 新規参入者の脅威
4.3.2 買い手/消費者の交渉力
4.3.3 サプライヤーの交渉力
4.3.4 代替製品の脅威
4.3.5 ライバルとの激しい競争

5 市場セグメント(市場規模:億米ドル)
5.1 推進力タイプ別
5.1.1 ペダルアシスト式
5.1.2 スロットルアシスト
5.2 用途別
5.2.1 レジャー
5.2.2 通勤
5.3 地域別
5.3.1 北米
5.3.1.1 米国
5.3.1.2 カナダ
5.3.1.3 その他の北米地域
5.3.2 欧州
5.3.2.1 ドイツ
5.3.2.2 イギリス
5.3.2.3 イタリア
5.3.2.4 スイス
5.3.2.5 その他の地域
5.3.3 アジア太平洋
5.3.3.1 中国
5.3.3.2 インド
5.3.3.3 日本
5.3.3.4 韓国
5.3.3.5 その他のアジア太平洋地域
5.3.4 その他の地域
5.3.4.1 南米
5.3.4.2 中東・アフリカ

6 競争環境
6.1 企業市場シェア
6.2 企業プロフィール
6.2.1 Giant Manufacturing Co. Ltd
6.2.2 Pivot Cycles
6.2.3 Scott Sports SA
6.2.4 Trek Bicycle Corporation
6.2.5 Trinx Bikes
6.2.6 CUBE GmbH & Co. KG
6.2.7 Yamaha Motor Co. Ltd
6.2.8 Pedego Electric Bikes
6.2.9 BH Bikes

7 市場機会と今後の動向



*** 電動マウンテンバイク(eMTB)の世界市場に関するよくある質問(FAQ) ***

・電動マウンテンバイク(eMTB)の世界市場規模は?
→Mordor Intelligence社は2024年の電動マウンテンバイク(eMTB)の世界市場規模を57.7億米ドルと推定しています。

・電動マウンテンバイク(eMTB)の世界市場予測は?
→Mordor Intelligence社は2029年の電動マウンテンバイク(eMTB)の世界市場規模を104.3億米ドルと予測しています。

・電動マウンテンバイク(eMTB)市場の成長率は?
→Mordor Intelligence社は電動マウンテンバイク(eMTB)の世界市場がに年平均12.6%成長すると展望しています。

・世界の電動マウンテンバイク(eMTB)市場における主要プレイヤーは?
→「Giant Manufacturing Co. Ltd、Pivot Cycles、Scott Sports SA、Trek Bicycle Corporation、Trinx Bikes、CUBE GmbH & Co. KG、Yamaha Motor Co. Ltd、Pedego Electric Bikes、BH Bikes ...」を電動マウンテンバイク(eMTB)市場のグローバル主要プレイヤーとして判断しています。

※上記FAQの市場規模、市場予測、成長率、主要企業に関する情報は本レポートの概要を作成した時点での情報であり、最終レポートの情報と少し異なる場合があります。

*** 免責事項 ***
https://www.globalresearch.co.jp/disclaimer/



※注目の調査資料
※当サイト上のレポートデータは弊社H&Iグローバルリサーチ運営のMarketReport.jpサイトと連動しています。
※当市場調査資料(MOR24MCH163 )"電動マウンテンバイク(eMTB)の世界市場(2019年~2029年)" (英文:E-Mountain Bike - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2019 - 2029)はMordor Intelligence社が調査・発行しており、H&Iグローバルリサーチが販売します。


◆H&Iグローバルリサーチのお客様(例)◆


※当サイトに掲載していない調査資料も弊社を通してご購入可能ですので、お気軽にご連絡ください。ウェブサイトでは紹介しきれない資料も数多くございます。
※無料翻訳ツールをご利用いただけます。翻訳可能なPDF納品ファイルが対象です。ご利用を希望されるお客様はご注文の時にその旨をお申し出ください。